今年、資格試験にチャレンジされる方に、資格試験の日程の他、試験結果、試験の難易度、受験対策などの各種の最新情報を掲載しています。

2017年12月11日

介護資格について

いろいろな「資格」について調べたことがある人なら分かると思いますが、種類が多く、内容が複雑なものが多くて分かりにくい資格と言えば、「福祉・介護」の分野ではないでしょうか。今回は、たくさんあって分かりにくい介護系の資格や仕事を、もう少し分かりやすくしてみました。

まず、介護業界の中で一番重要とされる資格は「介護職員初任者研修」、「介護職員実務者研修」、「介護福祉士」、「ケアマネジャー」の4つです。それと「認定介護福祉士」という、今後役割と需要が増えると思われる資格がその次に続きます。この中で「介護福祉士」だけが国家資格です。
それぞれの資格の特徴を一言で言えば、
・「介護職員初任者研修」:旧ホームヘルパー2級。介護業界への第一歩で、ホームヘルパーや福祉施設介護員へステップアップが可能です。
・「介護職員実務者研修」:介護福祉士の受験資格になる資格で、実践的スキルがあるためサービス提供責任者へステップアップが可能な資格です。
・「介護福祉士」:ここでは唯一の国家資格。経験を積めば、サービス提供責任者や、生活相談員などへもステップアップできます。
・「ケアマネジャー」:メインの仕事はケアプランの作成。管理者へのステップアップも可能です。
・「認定介護福祉士」:人やチームの管理業務、それと介護の実践指導が主な仕事です。

次に、介護の仕事には、それぞれの介護現場の状況によって必要になる専門知識や実践スキルがあります。役立つものがいろいろとありますので、単に主要資格だけでなく必要な専門知識、技術を身につけて、できる業務の幅を広げておくことが大切になります。そのために、介護関係では以下のような知識、技術習得の場(研修や講座)があります。
@同行援護従業者養成研修
A行動援護従業者養成研修
B移動介護従事者(ガイドヘルパー)
Cレクリエーション介護士2級
D喀痰吸引等研修
E難病患者等ホームヘルパー
F重度訪問介護従業者
G介護予防運動指導員
H福祉用具専門相談員
I介護事務など

次に、主な介護資格以外にも、介護現場で役立つ国家資格はたくさんあります。
・「生活相談員」などとして役立つ資格
  社会福祉士 精神保健福祉士
・「介護職員」として役立つ資格
   看護師
・「調理員」などとして役立つ資格
   管理栄養士  栄養士 調理師
・「機能訓練指導員」などとして役立つ資格
   理学療法士  作業療法士 言語聴覚士 柔道整復師 あん摩マッサージ師など

介護には、訪問介護やデイサービスなどを利用して介護を受ける形のサービス(居宅サービス)と、要介護者が介護施設に入所し、施設スタッフから介護を受ける形のサービス(通所サービス)という2つの形態があります。そして、そのサービスの携帯によって活躍できる職種や必要資格が変わってきますが、そのどちらにも欠かせないのは介護スタッフで、一番「初任者研修修了者」が活躍する職種になります。
また、居宅サービスと、通所サービスで仕事の内容が一番違ってくるのが「ケアマネージャ」です。











posted by さんすけ at 19:25 | Comment(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

福祉住環境コーディネーター検定試験

「福祉住環境コーディネーター」は高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を提案するアドバイザーです。医療・福祉・建築について体系的で幅広い知識を身につけ、各種の専門家と連繋をとりながら、お客さんに適切な住宅改修プランを作成したり、福祉用具や諸施策情報などについてもアドバイスなどもします。

このように、さまざま多くの業界で必要とされ、今の時代には大変役立つ有望な資格であるのに、試験の「受験資格は一切不要」という資格が「福祉住環境コーディネーター」です。福祉系の資格の多くは、受験は条件付きなのですが、めずらしく福祉住環境コーディネーターは受験資格が一切不要という、今、 狙い目の有望資格と言えます。
試験方式も記述試験や実技試験はなく、すべてマークシート方式です。出題傾向は過去問題とよく似た問題が多く出題され、70%の正解で合格なので、テキストを活用してまじめに勉強すれば十分合格は可能な試験です。

試験は2級と3級がありますが、どちらも毎年7月と11月に試験が実施されますので、年に2回受験のチャンスがあります。また、3級を取らずに2級を直接受験することも可能なので、自分の目標に合わせて勉強しながら試験にチャレンジすることができます。さらに、この試験は試験日の午前に3級、午後に2級の試験が実施されますので、1日で両方の級を一度に受験し、ダブル合格することも可能なのです。
試験科目は、2級が@高齢者・障害者を取り巻く社会状況と住環境 A福祉住環境コーディネーターの役割
と機能 B障害のとらえ方等、3級は@少子高齢社会と共生社会への道 A福祉住環境整備の重要性・必要性 B在宅生活の維持とケアサービス等、になっています。各地の商工会議所が主催して実施する検定試験です。

福祉住環境コーディネーターの主な仕事は、高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を整備するためのコーディネート(調整役)ですが、この資格だけではファシリテート(適宜介入)や専門対応ができないため、実務では建築、医療、介護福祉、行政などに加わって活動するケースが多いのが実状ですが、ただし、この資格の2級を取得すると、介護保険を利用した住宅改修を行った際の必要書類である「住宅改修が必要な理由書」を作成することが認められています。
実は、介護保険を利用して住宅の改修を行う場合、なぜ改修が必要なのかを示した理由書の提出が義務付けられています。そしてこの理由書の作成は、原則として介護支援専門員(ケアマネージャー)、作業療法士、福祉住環境コーディネーター等が行うことが決められているのです。

福祉住環境コーディネーター資格にスポットが当たり、人気資格である理由の一つがここにあります。
受験資格はなく、実務経験も不要、誰でも受験でき、それほど難関の試験でもない民間の検定試験なのに、厚生労働省令で決められた「住宅改修が必要な理由書」を作成できる権限があるのです。しかも、他は全部国家資格で、民間資格は福祉住環境コーディネーターだけです。
これからの日本はさらに老齢化が進むことが予想されており、高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を提案することや、それに伴い住宅改修必要性も増加する可能性があります。そういう場面で活躍が期待できるのが「福祉住環境コーディネーター」ではないでしょうか。

(参考情報)
@2017年度第39回福祉住環境コーディネータ試験日程
(第39回試験) 1級・2級・3級
・試験日:2017年11月26日(日) 
・受験申請受付:9月12日(火)〜10月13日(金)
・成績発送:1級2018年3月16日(金) 2級・3級2018年1月5日(金)
・試験対策:福祉住環境コーディネータ 通信講座一覧

A地方自治体によって若干の違いはあるものの、住宅改修理由書が作成できる者の要件としては、平成12年3月8日付 老企第42号老人保健福祉局企画課長通知(下記A参照)を参考に多くの自治体が下記の資格保有者を指定しています。
・介護支援専門員
・理学療法士
・作業療法士
・福祉住環境コーディネーター2級以上
・その他これに準ずる資格を有するもの
B老企第42号老人保健福祉局企画課長通知の一部
「当該書類を作成する者は、基本的には居宅サービス計画等を作成する介護支援専門員及び地域包括支援センターの担当職員(以下「介護支援専門員等」という )とするが、市町村が行う福祉用具・住宅改修支援事業等として、住宅改修の相談、助言等を行っている福祉、保健・医療又は建築の専門家も含まれるものである。
ただし、当該書類を作成しようとする者が、当該住宅改修に係る被保険者の居宅サービス計画等を作成している者とが異なる場合は、十分に連絡調整を行うことが必要である。」





posted by さんすけ at 07:09 | Comment(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

介護職のキャリアパス

日本では、介護関連従事者を年齢別でみると、40歳代が約30%で3人に1人の割合で、50歳代以上も合わせると約50%
と全体の約半数になっていることが調査で分かりました。
介護資格は、比較的未経験からでも資格取得がしやすく、さらに資格を取得すると求人も正社員やパートタイムなど選択肢が豊富にあります。また、子育てが一段落した女性の転職にも比較的ハードルが低く、今この資格に注目が集まっています。

意外に知らない人が多いのが介護資格やその仕組みですが、実は介護資格の中でメインになるのは4資格だけです。「介護職員初任者研修」、「介護職員実務者研修」、「介護福祉士」、「ケアマネジャー(介護支援専門員)」の4つです。これらは介護現場ではそれぞれが関連しあいながら、各々の役割を果たしています。

@「介護職員初任者研修」は、ホームヘルパー2級が2013年より廃止したことにより新設された資格で、介護の入門ともいえる資格です。介護に必要な知識や技術を学ぶことができ、介護職や家庭内介護にも活かすことができます。
A「「介護職員実務者研修」は、より質の高い介護サービスを提供するために、実践的な知識と技術の習得を目的とした研修です。実務者研修修了後には、介護職員としてだけではなく、サービス提供責任者としての勤務も可能となります。介護の専門家として生涯働き続けるためのスキルを磨くことができます。
B「介護福祉士」は、介護福祉分野で唯一の国家資格であり、お年寄りや身体の不自由な方を支える知識と技術を有する介護の専門資格として認知されています。介護福祉士の需要は非常に高まっているため、介護福祉に興味がある方はぜひ取得しておきたい資格です。
C「ケアマネージャー」は介護支援専門員とも呼ばれます。総合的な介護のアドバイス、ケアプランの作成など、介護や支援を必要とする人が、介護保険制度を利用し自立した生活ができるようサポートをする仕事です。高齢化が進む中、ケアマネジャーの需要は年々高まっています。



介護資格の取得にチャレンジすることを決めたら、初めての人は介護職員初任者研修からスタートします。ここで介護を基礎から学び、さらに経験を積んで、介護福祉士やケアマネジャーを目標に考えて行くのが一般的な介護職のキャリアパスになります。


posted by さんすけ at 16:48 | Comment(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

ケアマネージャー

「ケアマネージャー」、正式名「介護支援専門員」の資格を取りたいと思っておられる方はおられますか?
ケアマネジャーの資格を取るなら今年ですよ! 受験資格変更で難易度が上がります。平成30年度(2018年度)の試験から、ケアマネジャーの受験資格が変更になることが決まっています。受験難易度も試験の難易度も大きく上がることが予想されます。従って、ケアマネの資格がほしい方は、受験資格が変わる前の今年の試験には何としても合格したいものです。

「受験資格」に関して、今までは、国家資格を持っていない方でも、
@介護資格の有資格者で実務経験が5年以上かつ900日以上ある方。
A無資格でも実務経験10年以上かつ1800日以上ある方。   であれば、受験することが可能でした。
しかし、平成30年度(2018年度)の試験からは
@特定の国家資格を有し、5年以上かつ900日以上の実務経験がある。
A相談援助業務従事者で5年以上かつ900日以上の実務経験がある。 
               のどちらかの条件を満たした人でないと受験できないようになりました。

そのため、ケアマネを受験するためには、介護の現場で働く方が未経験から受験する場合には、3年の実務経験を積んで介護福祉士を取得後、さらに5年の実務経験を積まなければならなくなります。結局、合計で8年の実務経験が必要になるのです。
今までは、介護福祉士を取得しなくともホームヘルパーなどの介護系資格を取得し、5年の実務経験を積めば、ケアマネは受験ができたわけですから、受験のためのハードルはかなり高くなったことになります。 
そのため、2017年度までに受験資格を満たす方は、できる限り制度改正前にけケアマネに合格して置くべきだと言えるのです。

ケママネジャーの合格率は、平均15%〜20%と、もともと簡単な試験ではありません。さらに、2015年度の試験から、保有資格による解答免除が廃止されました。そのため、出題される分野をまんべんなく学習し、合格点を確実に狙う必要があります。そのためには、「2017年度試験対応のケアマネジャー合格講座」で受講することをおすすめします。 ⇒三幸福祉カレッジ「ケアマネージャ通信講座」

今年のケアマネージャーの試験日は、2017年10月8日(日)に決まりました。申し込みは5月〜8月で各都道府県で受付期間がまちまちです。⇒平成29年度都道府県別担当課一覧







posted by さんすけ at 16:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

レクリエーション介護士

まだあまり知られていない資格ですが、「レクリエーション介護士」という民間資格があります。今、この資格の人気がすごいのです。平成25年度に経済産業省の“多様な「人活」支援サービス創出事業“を受託し、その成果を活用して誕生したのが新資格「レクリエーション介護士」です。

近年の介護施設では、単に機能的回復や介護予防といったことだけではなく、高齢者に「喜びや生きがい」を与えることが重要視されてきています。設備や食事といったサービスよりも、レクリエーションが大きな可能性を秘めた分野であることが認識され、レクリエーションを通じて、スタッフが高齢者と向き合い、楽しみながら日々を過ごしていくことこそが、喜びや生きがいにつながると理解されはじめたのです。

レクリエーション介護士は、自分の趣味・特技を活かしながらアイデアや着眼点によって、高齢者に喜ばれるレクリエーションを提供できる人材をいいます。高齢者一人ひとりと向き合い、その人にあった最適なレクリエーションを提案することで、生きがい(高齢者の生きる喜びや楽しみ)を見いだしていくお手伝いができる人です。

今、この新資格「レクリエーション介護士」取得者が、2017年4月資格創設から2年半で合格者1万6000人を突破する人気資格になっています。それに伴い、「レクリエーション介護士」資格の通学講座を開講する資格スクール・介護専門学校の提携校が100校を突破し、31都道府県57法人でレクリエーション介護士2級の講座を受講することができるようになっています。

この資格を取得するには、スクールで「レクリエーション介護士講座」を受講し、講座終了後の試験で合格すれば「2級レクリエーション介護士」が取得できます。
講座の内容は、おおよそ以下の通りです。
【教材】テキスト+講習+テスト
【標準学習期間】(例)6時間×2日間=12時間(目安)
【試験方法】筆記試験(選択式50問で60点以上で合格)+添削課題(レクリエーション企画書の提出)
【費用】通学校により異なります。

※大手スクールでは「ヒューマン」なども講座を開講しているようです。ヒューマンアカデミー
※主催会社:BCC株式会社 スマイル・プラスカンパニー
posted by さんすけ at 06:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月08日

ピアヘルパー資格試験

「ピアヘルパー」という資格をご存知ですか?
「ピアヘルパー」とは、仲間を心理的に助ける人という意味で、英語の”peer”と”helper”の造語です。”peer”は仲間、”helper”は助ける人を意味しています。つまり、仲間を助ける人、しかも年齢に関係なく対等な立場で問題の相談相手となり、人として相手を支える人と言う意味なので、心の専門援助者とも言われています。

ペアヘルパー資格は日本教育カウンセラー協会が認定する民間資格で、協会が実施する筆記試験に合格し、さらに、「臨床心理学」「コミュニケーション心理学」「発達心理学」3科目の単位を取得することで得られる資格なので、学生が取得できる資格になります。

資格取得後のピアヘルパーの活躍の場は、教師(幼稚園教諭)や保育士、医療系の事務や福祉施設、福祉ボランティア関係など広く、特に心の専門援助がフィールドとなります。

       <ピアヘルパー資格試験の概要>
・受験資格
1.日本教育カウンセラー協会加盟校の学生であること
2.ピアヘルパー教育内容を含む,講義・演習または特別研修コース(集中講義等)を3科目6単位取得した者または取得見込みの者
・受験費用 4800円
・実施場所 所属する加盟校
・試験形式
  マークシート選択肢式、記述式の筆記試験(90分)
・資格認定要件
1.加盟校が指定する3科目6単位を取得する
2.筆記試験に合格する
※「臨床心理学」「コミュニケーション心理学」「発達心理学」3科目の単位を取得し、さらに、同協会が実施する筆記試験に合格すると、合格証と資格証(IDカード)が発行されます。
日本教育カウンセラー協会認定ピアヘルパーが取得できる加盟校・学部学科一覧

      詳しい内容はこちらで確認ください。
         ⇒日本教育カウンセラー協会


■その他の主要資格試験 最新ニュース
外資系企業や保険会社等の営業パーソン向け「プレゼン・スピーチセミナー2 級」提供
第1回テレビ検定(2級・3級)開催
「家庭菜園検定」締切りせまる。









ラベル:ピアヘルパー
posted by さんすけ at 10:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月04日

介護制度の改正

明けましておめでとうございます。
今年も読者の皆様が記事を読んで、”へぇー、そうだったのか。知らなかった”と感じていただけるような、資格や資格試験の最新のニュース記事をお届けしたいと思っています。
今年の第1回目は、法改正が迫っている介護保険関係ニュースの報告です。

今年度からの介護資格の制度改正の影響を受けて、ホームヘルパーと介護職員基礎研修の駆け込み受講が急増しています。
大手の通信教育情報総合サイトが発表する「2012年人気資格 年間総合ランキング」でも、1位の「ホームヘルパー」に加えて、「介護職員基礎研修」がTOP19に入りました。

今回の介護制度の改正では、現在の介護職員基礎研修及び、ホームヘルパー1級は「実務者研修」へ一本化され、国家資格の「介護福祉士」を目指すためのキャリアパスが分かりやすく、シンプルになるのですが、ここで注目されるのが、まもなく廃止予定の「ホームヘルパー」や「介護職員基礎研修」です。

法改正の前に「ホームヘルパー」と「介護職員基礎研修」の資格を修得しておくと、2013年度以降に介護福祉士の受験者に義務付けられる「実務者研修(450時間)」が大幅に免除される制度を受けられるため、介護福祉士の資格を効率的に取得したい人の駆け込み受講が増えているのです。
現行制度の有効期限は2013年3月受講スタート分までとなっていますので、期限まではこの流れが続くものと思われます。

       詳しい内容はこちらで確認できます。
         ⇒改正される介護制度


■その他の主要資格試験 最新ニュース
平成24年度総合職中央省庁セミナー開催
平成24年度一般職各府省合同業務説明会開催
法科大学院修了でも…司法試験は不合格、法知識活用へ就活サポート。
新年に目標を立てる人「たった2割」
“スキルアップ幻想”の終焉…会社にしがみついたほうが得?







posted by さんすけ at 10:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月07日

介護プロフェッショナルのキャリア段位制度

「キャリア段位制度」とは、内閣府で制度化された介護人材の能力を評価する介護プロフェッショナルのキャリア段位のレベル認定制度です。このキャリア段位制度では、業界全体で活用できる7段階の能力の「ものさし」を作り、効率的な人材育成と新たな人材の参入促進を図ることで、2020年度までに累計13万人の認定者輩出を目指しています。

今回、このレベル認定が東日本大震災で被災した岩手・宮城・福島の3県で先行実施することが決まり、来年中には、初の段位認定者が誕生する見込みになっています。
また、先行実施では大多数の介護人材が該当するとみられるレベル4までの認定を行う見通しで、認定のための手数料は、1人3400円程度になる見込みとされています。(内閣府)

段位を認定する際には、事業所の中からアセッサーを選出しなければなりません。アセッサーとなる人は、一定の能力があることに加え、定められた講習を受講する必要があります。
内閣府では、まず2014年度までに2万人を認定する目標を掲げており、来年度の認定については、「被災3県では継続して実施するが、他の地域に拡大するかどうかは、今回の先行実施の結果を受けて検討する」(内閣府)としています。
※アセッサー:個人の能力や資質が目標職務においてどのように発揮されるかを、多面的・客観的に評価する人事アセスメントの手法をヒューマンアセスメントと言い、「アセッサー」とは、このヒューマンアセスメントでの観察・評価者のことで、参加者の言動や記述を観察・分析し、目標職務に求められる人材要件に照らして能力評価を行う専門家のことを指します。

         詳しい内容はこちらを参照ください。
          ⇒介護プロフェッショナルキャリア段位制度実施事業実施要領


■その他の主要資格試験 最新ニュース
第1回 日経WOMAN「女子力&マナー検定」受付中。まもなく締め切りです。
池上彰さんと世界地図を見ながら国際協力を理解する公開講座「世界地図から違った世界が見えてくる」受付中。
カッコつけた四則計算問題の方が正答率が高い?








posted by さんすけ at 07:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

介護職員基礎研修

今年4月に訪問介護事業所に配置が義務付けられているサービス提供責任者の資格要件が引き上げられたことや、介護資格制度の見直しなどの影響で、各地とも「介護職員基礎研修」の受講希望者が急増しているようです。場所によっては今年4〜6月の受講生が前年同期の549%までに急増しているそうです。

「介護職員基礎研修」は、国の介護資格制度の見直しにより今年度で廃止される予定になっています。そのため駆け込み受講する人が多いようですが、その理由が訪問介護事業所設置に必要な「サービス提供責任者」の資格要件変更にあります。
介護報酬の改定により、資格要件からヘルパー2級修了者が外され、「介護職員基礎研修」修了者以上の有資格者がいないと介護報酬の10%が減算されるようになりました。そこで減算を避けるため、事業所単位での受講希望が多くなっているようです。

またもう一つの理由として、介護資格制度の見直しがあげられます。平成27年度の介護福祉士国家試験からは3年以上の実務経験と450時間の実務者研修の受講が必須となりました。しかし、介護職員基礎研修を修了していればこのうち400時間が免除になることが決まっているため、将来資格取得やスキルアップを目指す人たちが今から介護職員基礎研修に参加しているということが考えられます。

受講希望者の急増に合わせて多くのコースが開講されていますが、キャンセル待ちの希望者も多いようなので、受講希望者は早めにチェックが必要です。

        詳しい内容はこちらで確認ください。
          ⇒介護基礎研修
          ⇒介護職員基礎研修修了資格取得の必要性(2012年の資格制度改正)
          ⇒2012年介護資格制度の改定



■その他の主要資格試験 最新ニュース
第1回 日経WOMAN「女子力&マナー検定」の申込受付開始
大学が公表する就職率って信用できるの?
第13回eco検定合格対策「秋の一日集中講座」(東京、横浜、川崎、大阪、神戸、広島、岡山)
2012年8月 「女性」が読んだ記事TOP10







ラベル:介護 基礎研修
posted by さんすけ at 08:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

認知症サポーター

「認知症サポーター」とは、認知症について正しい知識をもち、認知症の人や家族を応援し、だれもが暮らしやすい地域をつくっていくボランティアのことで、全国で100万人養成し、認知症になっても誰もが暮らしやすい地域をつくっていくボランティアであ安心して暮らせるまちを目指しています。平成24年3月31日時点で、3,301,610人になっています。

認知症サポーター100 万人キャラバンにおける認知症サポーター養成講座を受講した者を「認知症サポーター」と称し、オレンジリングが「認知症サポーター養成講座」を受講した証となります。
養成講座の講師役(キャラバン・メイト)は、都道府県、市区町村など自治体や全国規模の企業・団体等と協催で養成し、養成されたキャラバン・メイトは自治体事務局等と協働して「認知症サポーター養成講座」を開催します。

サポーター対象者は、住民や、自治会、老人クラブ、子ども会などの住民組織や、地域の生活関連企業・団体活動等に携わる人、それに小・中・高等学校生徒、教職員、PTA 等の学校関係者です。
基本的にボランティアであるため、年齢制限などは特に定められていません。

また、講座内容は、基本カリキュラムにそった内容を盛り込み、全国キャラバン・メイト連絡協
議会作成の標準教材を用いることを基本としています。時間はおおよそ 1 時間〜1 時間 30 分。
教材は、キャラバン・メイト養成研修で使用される「キャラバン・メイト養成テキストに準拠する教材を用いることを基本としています。
受講費用は、原則として無料になっていますが、教材代金100円とオレンジリングの送料などはかかります。

           詳しい内容はこちらで確認ください。
             ⇒認知症サポーター養成講座基準
             ⇒厚生労働省 認知症サポーター100万人キャラバン



■その他の主要資格試験 最新ニュース
平成24年度裁判所職員採用総合職試験(人間科学区分)最終合格発表
特集 『夏休み、大学で楽しもう[子ども編]』
不動産コンサルティング技能試験の受験対策を目的とした「基礎教育」講習会が行われます。







ラベル:認知症
posted by さんすけ at 16:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月27日

ケアクラーク

先日の4月23日、経済産業省が2020年の産業別の就業者数の予測を公表しました。これを見ると、医療機関や介護施設・事業所で働く人の数は、10年時点に比べて約170万人増えると見込んでいます。
予測ではまた、団塊世代などの高齢者が引退することによる自然減を考慮すると、「医療・介護分野で約269万人の就業者増が必要」と指摘しています。またこの場合、他産業からの労働者の移動だけでは賄い切れないため、「女性や高齢者などの活用が不可欠」としています。

この発表の通り、今後は医療・介護分野への特に女性の進出が今にも増してめざましくなります。ただ、働く側からすると、医療や介護の仕事は、国家資格の看護師や介護福祉士の資格取得者であっても、夜勤があり、仕事も体力的にきつい仕事が多いため、妊娠・出産などを経て仕事を続けていくには無理があることは良く知られています。

そんな時、ひとつの狙い目となるのが「介護事務」の仕事です。介護事務の仕事なら残業や夜勤はありませんし、事務作業なので現場のシフト制勤務よりは休みの融通もききやすくなります。
これから先、医療や介護の分野では事業の拡張が増え、それに伴い、新しく介護現場や介護事務の人員も増やさなければならない状況になってきます。
介護現場の仕事は、利用者の方を抱えたり風呂の介助をしたりと体力を使うことが多いだけでなく、日勤や夜勤などシフト制の変則勤務があり、子どもが小さい女性にとっては働くことは難しくなります。

しかし介護事務の仕事はほとんどデスクワークであり、体力を使うことはなく、勤務形態も正社員だけでなく、パートやアルバイト、派遣などいろいろな契約がありますので、家庭の事情に合わせて自分の勤務形態を調整したいという人には介護事務は向いているのです。

介護事務の仕事内容は、介護事業の運営に不可欠な「介護報酬請求業務」が中心になりますが、実際に働く場合は介護事務関連の「資格」を持っていると有利になります。
介護事務関係の資格は、民間資格ばかりですがたくさんあります。
「介護事務管理士」、「ケアクラーク」、「 介護保険事務士」、 「介護事務実務士」、「介護保険事務管理士」、「 介事管理専門秘書検定資格」など、よく名前の似た資格が並んでいますので、”一体どの資格を取得したらいい”と思われることでしょう。  ズバリ、解答します。貴女が介護事務で働いてみたいと考えておられるのなら「ケアクラーク」を取得してください。

「ケアクラーク」は、厚生労働大臣許可 の(財)日本医療教育財団 が主催する「ケアクラーク技能認定試験」に合格した方に与えられる資格の称号です。
・受験資格は、特にありません。
・試験は学科試験(介護事務知識 筆記(択一式) 25 問 /50 分)と 実技試験(介護報酬請求事務 介護給付費明細書作成 2 問 /60 分)
・年に6回 (4月、6月、8月、10月、12月、2月)試験が行われます。
※現在、6月試験の申込み受付中です。
・受験者数 年6000〜7000人  合格率 60〜65%

※ケアクラーク技能認定試験には、これまで@「ケアクラーク技能認定試験受験資格に関する教育訓練ガイドライン」に、適合すると認められた訓練を履修していること、 A介護事務職として6ヶ月以上の実務経験があること、この@かAのいづれかの条件に合う人であることが受験条件に定められていましたが、それがなくなり、「受験条件なし、誰でも受験可」に変わったため、資格取得のチャンスだと思います。
※「ケアクラーク」の仕事は、ケアマネージャーが作成したケアプランの円滑な遂行に関わる仕事が主になり、ケアマネをサポートする介護保険事務のエキスパート的存在と言えます。現に、ケアマネージャーの仕事に介護保険の給付管理業務があり、介護事務を経験することでケアマネージャーの業務の一部を経験することができます。こういう背景から、介護事務をケアマネージャーへのステップアップとして経験しておく、という目標も可能になります。

       詳しい内容はこちらで確認ください。
         ⇒ケアクラーク技能認定試験
         ⇒経済産業省2020年の産業別の就業者数の予測


■その他の主要資格試験 最新ニュース
今こそ入試改革に踏み出せ
ビジネスのグローバル化が進む中で注目される国際資格「USCPA」とは何か







posted by さんすけ at 07:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月09日

福祉・医療・介護の資格と仕事

現在、日本には仕事に関連する資格から趣味の資格まで数多くの資格があり、その数は3000種類以上ともいわれています。医療や福祉関係も例外でなく、この高齢化社会を背景に非常に多くの民間資格が登場しています。
高齢化社会では医療や福祉関係の仕事はとても重要視され、求人も安定しています。そのため、転職や就職のために医療や福祉、介護関係の資格を取得しようという人が増えています。

ただ、この多くの資格の中には、有料の講習を受講だけすれば取得できるような詐欺まがいのものまで登場していることはご存じのことと思います。そういう資格の名前だけをかたったようなものは、たとえ取得してもほとんど意味のないものなので、だまされないようにすることが肝心です。

今回は、福祉・医療・介護の分野で、取得すれば役立つであろう資格(程度の差はありますが)と、この分野では意義のある仕事を紹介しておきます。

◆取得すれば福祉・医療・介護の分野で役立つ資格
・社会福祉士 ・介護福祉士 ・精神保健福祉士 ・社会福祉主事 ・介護支援専門員 ・ケアクラーク 
・介護保険事務管理士 ・介護事務管理士・ホームヘルパー(訪問介護員) ・メディカルケアワーカー
・身体障害者福祉司 ・児童福祉司 ・知的障害者福祉司 ・福祉住環境コーディネーター 
・特別支援学校教諭 ・児童指導員 ・学校心理士 ・認定心理士 ・臨床心理士 ・保育士
・認定ベビーシッター ・障害者スポーツ指導員 ・健康運動指導士 ・健康運動実践指導者
・理学療法士 ・作業療法士 ・視能訓練士 ・言語聴覚士 ・義肢装具士 ・看護師 ・助産師
・保健師 ・栄養士 ・管理栄養士 ・介護食士 ・手話通訳士 ・手話技能検定 ・歯科衛生士
・美容師 ・理容師 ・産業カウンセラー ・生きがい情報士

◆福祉・医療・介護の分野で意義のある仕事
・ソーシャルワーカー(社会福祉士) ・医療ソーシャルワーカー ・ケアワーカー(介護福祉士)
・ケースワーカー ・コミュニティワーカー ・精神科ソーシャルワーカー ・ケアクラーク
・ケアマネージャー(介護支援専門員) ・ホームヘルパー(訪問介護員) ・社会福祉主事
・生活相談員・指導員 ・精神保健福祉相談員 ・ベビーシッター ・身体障害者福祉司 ・母子指導員
・知的障害者福祉司 ・作業指導員・職業指導員 ・児童指導員 ・児童相談員 ・特別支援学校教諭
・心理判定員 ・スクールカウンセラー ・福祉住環境コーディネーター ・福祉用具専門相談員
・障害者スポーツ指導員 ・健康運動指導士 ・健康運動実践指導者 ・理学療法士 ・作業療法士
・言語聴覚士 ・視能訓練士 ・義肢装具士 ・看護師 ・助産師 ・保健師 ・管理栄養士 ・栄養士
・保育士 ・手話通訳士 ・盲導犬・盲人歩行指導員 盲ろう者通訳・介助員 ・歯科衛生士 ・美容師
・理容師 ・産業カウンセラー

           これらの「資格の難易度」はこちらで参照できます。
           ⇒資格の難易度
           ⇒国家資格 難易度


■その他の主要資格試験 最新ニュース
「給与計算検定」 6月3日開催決定 申し込みも開始
第12回eco検定合格対策「春の一日集中講座」








ラベル:医療 介護 福祉 
posted by さんすけ at 12:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月30日

臨床検査技師/放射線技師

本日、厚生労働省は2012年2月に実施した第58回「臨床検査技師国家試験」と第64回「診療放射線技師国家試験」の合格発表を行った。

合格率は、「臨床検査技師国家試験」が75.4%(前回比8.4ポイント増)、「診療放射線技師国家試験」が83.4%(12.3ポイント増)と前回を大きく上回った。

 臨床検査技師の受験者数は4,012人で、前回から53人増えた。合格者数は375人増えて3,027人だった。
 また新卒者は、2,929人が受験し、2,654人が合格した。合格率は90.6%でした。

 一方、診療放射線技師では、前回より119人多い2528人が受験。合格者数は2,109人で、前回から397人の増。
 新卒者の合格率は94.7%でした。

             詳しい内容はこちらで確認ください。
            
               ⇒厚生労働省 資格試験情報



■その他の主要資格試験 最新ニュース
ストレージ技術者向けの新資格「CompTIA Storage認定資格」の日本語試験が開始されます。
司法書士試験に史上最速で合格!極意は?
大学生活でちょっと失敗したなぁと思うことランキング
オデッセイコミュニケーションズが「企業・教育機関向けサービス」に関する特設サイトを開設









posted by さんすけ at 16:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

認知症ケア関係の資格

わが国で要介護認定を受けた人の約半数が認知症であると言われています。また、その介護は高齢者福祉の最重要課題でもあります。認知症ケアを専門にする資格試験では、学識や技能と同時に、倫理観を兼ね備えた専門家を養成することが重要で、その資格を更新制にすることでプロとしての技能・技術が維持されることになります。

現在、認知症ケアに関係する資格は2、3あります。今回はその内の2つを紹介します。1つは、日本認知症ケア学会が主催する「認知症ケア専門士」、もう1つが、財団法人職業技能振興会が主催する「認知症ケア指導管理士」です。両方とも民間資格で、これからの高齢者福祉の中核を担う認知症ケアの専門士の育成を認定する試験です。
認定試験の概要を比較しましたので、関心のある方は参考にして下さい。


◆「認知症ケア専門士」(日本認知症ケア学会主催)
・試験名:認知症ケア専門士認定試験
・受験級:なし
・受験資格:認知症ケアに関係する施設において、過去10年間に3年以上の認知症ケアの実務経験がある人
・試験内容:
(1次)決められた4分野について、五肢択一、マークシート方式の筆記試験(1分野に50問/1時間)
(2次)1次試験で全4分野合格者のみ受験可能。試験は「論述」と「面接」
・合格基準:(1次)各分野70%以上の正答率 (2次)決められた条件を満たした者
・試験日:(1次)8月 (2次)11月
・試験地:(1次)札幌、仙台、東京、名古屋、京都、福岡
・受験料:(1次)1分野につき3,000円(2次)8,000円
・合格率:最終合格率で50%前後
・試験対策:認知症ケア標準テキストに準じた内容で出題されるので、対策講座を受講し、模擬試験や過去問題中心に勉強する。1次試験をクリアすれば、問題ない。
・難易度:普通〜やや難

        詳しい内容はこちらで確認ください。
          ⇒(財)職業技能振興会


◆「認知症ケア指導管理士」(財団法人職業技能振興会主催)
・試験名:認知症ケア指導管理士(初級)
・受験級:初級のみ
・受験資格:初級は誰でも受験できます。
・試験内容:試験方式は筆記試験。認知症に関する専門知識や技術などを幅広く問われる。
・合格基準:出題内容のうち、7割以上の点数の獲得を合格基準点
・試験日:8月 
・試験地:札幌、仙台、東京、名古屋、福岡、大阪
・受験料:7,000円
・合格率:非公開(第1回試験では85%であった)
・試験対策:テキストを読み、テキスト内にある問題を解く練習をしておけば問題ない。それでも心配な人は、試験の直前に受験対策講座が開催されるので、それに参加すれば良いでしょう。
・難易度:易しい

         詳しい内容はこちらで確認ください。
           ⇒認知症ケア専門士
           ⇒「認知症ケア専門士」資格試験についての詳細
  

※認知症ケアに関係する資格は、上記2資格の他に、日本認知症コミュニケーション協議会が主催する「認知症ライフパートナー」があります。
           ⇒認知症ライフパートナー



■その他の主要資格試験 最新ニュース
平成24年度「不動産鑑定士資格試験」の受付が今週から始まりました。1次短答式試験日は 5/13(日)です。
特定非営利活動法人日本語検定委員会主催の第3回「日本語大賞」で選ばれた優秀作品です。
エンジニアを熱狂させたグーグルのイベント参加のための選抜試験「DevQuiz」
平成24年度「東京消防庁消防官および一般職員試験」の日程が発表されました。
第106回「医師国家試験」が13日終了しました。合格発表は3月19日。








posted by さんすけ at 10:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

介護リスクマネジャー(ESRM) 介護リスクマネジャー(ESRM)

現在の日本では、高齢者介護患者の8割近くが認知症患者で、その患者と向かい合う介護スタッフ の仕事はは、決して誰でも出来るやさしいものではなく、スタッフサイドのメンタルケアの問題まで浮上しています。そこには私たちの日常生活では予測できないリスクが潜んでいます。

「ESRM資格」は、介護業務において正確にリスク管理を行え、高齢者の住みよい環境づくりに貢献できると認められた方に与えられる資格です。北米を中心としたRIMS資格基準をもとに、国際的に通用するリスクマネジメント能力者と認定された人に与えられる資格です。

資格取得には、リスクマネジメント協会/日本RIMS支部が主催する、高齢者介護サービス「リスクマネジメント実践講座」を受講します。
講座受講後、修了試験に合格すれば修了認定されます。その後リスクマネジメント協会に入会手続きを取れば、協会認定資格が授与され、協会認定リスクマネジャーとして活動することが出来るという手順になっています。


          詳しい内容はこちらで確認ください。
           ⇒高齢者介護サービス リスクマネジメント実践講座ESRM




■その他の主要資格試験 最新ニュース
競売不動産取扱主任者試験 受験申し込み1000人突破。
講習会を受けて神主資格をゲット! 社会人から始める長くて厳しい神主への道
RCCM(シビルコンサルティングマネージャ)資格試験 受験者1200人増加




posted by さんすけ at 07:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

トラベルヘルパー

「トラベルヘルパー」とは、ホームヘルパー2級等の介護系か、または看護系の資格と、旅程管理者等の旅行の資格を併せ持つ、介護旅行の専門家のことです。旅行の手配や案内だけでなく、専門の知識を生かした介護サービスでお客様一人ひとりの心を満たす充実した旅行(外出)をお手伝いするのが仕事です。
この資格は、特定非営利活動法人(NPO法人)日本トラベルヘルパー協会が認定する資格で、資格取得者は、介護と旅行関連両方の知識を持ちます。

資格の種類は、現在は準2級と2級、3級検定があります。資格取得の方法は、いづれも養成講座(Eラーニング講座)を受講し、トラベルヘルパースキル、トラベルヘルパーマインドなどを身につけますので、自宅にインターネット環境があり、基本的なPC操作が出来る人であることが必要です。

 ◆トラベルヘルパーの資格取得概要
【3級】
・受験資格:インターネット環境のある人、当団体の規約を理解した人
・検定試験:eラーニング修了後ウェブ上にて試験。(
・受講料:31,500円(在宅試験含む)
・内容 :トラベルヘルパースキル、トラベルヘルパーマインドを身につける

【準2級】
・受講資格:介護・看護系の資格を取得している人。日本トラベルヘルパー協会の会員である人。
・講義内容:日帰り介護旅行知識 準2級Eラーニング35回講座
・日帰り介護旅行実地研修
・受講料:86,100円(税込)

【2級】
・受講資格:トラベルヘルパー準2級を取得している人 日本トラベルヘルパー協会の会員である人
・講義内容:宿泊介護旅行知識 2級Eラーニング15回
・実地研修:日帰り介護旅行実地研修
・受講料:100,800円(税込)

      詳しい内容はこちらで確認ください。
       ⇒日本トラベルヘルパー協会

トラベルヘルパーに関するニュース



■その他の主要資格試験 最新ニュース
平成24年度大学入試センター試験の出願状況( 受付初日)が大学入試センターから発表されました。
求職者支援制度スタート:資格得て早く職を。訓練始まる
ブリヂストンが、第9回「こどもエコ絵画コンクール」を開催。応募期間は12月1日から2012年1月31日まで。
医薬情報担当者(MR)が、初めて6万人を突破したことが、MR認定センターの調査で明らかになった。






posted by さんすけ at 07:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月31日

介護福祉士資格について

介護福祉士の資格取得方法の見直しが盛り込まれてた「介護サービスの基盤強化のための介護保険法などの一部を改正する法律案」が衆院厚生労働委員会にて可決され、「介護福祉士の資格取得方法の見直しに係る改正規定の施行期日を、平成24年4月1日から平成27年4月1日に変更することと」なりました。

これまで介護福祉士国家資格に関しては、専門学校等の養成施設を卒業すれば、国家資格免除で資格取得が可能になっていましたが、2007年の「見直しに係る改正規定」により、2012年度から国家試験の受験が義務化となっていました。

平成24年4月より厚生労働大臣が指定する養成施設を修了し名簿登録する取得方法が廃止され、国家試験に統一される予定でしたが、法律改正によりこの改正規定の施行期日が3年間延長されたことで、取得方法が変わることになります。

(現行) 卒業時 国家試験の受験、合格すれば資格が取得できる。
(延期後)卒業時 国家資格が取得できる。
  以上のように変わり、平成25年4月入学生(現高校2年生)までは、専門学校等の養成施設を卒業すると同時に「介護福祉士国家資格」が取得できるようになります。
※大学などに進学した場合は国家試験を受験、合格しなければ資格取得をする事ができません。

また、この改正に伴い、専門学校等の養成施設の場合、平成25年4月入学の方までが国家試験免除にて資格取得が可能となりますので、介護福祉士を目指す方には、またとない資格取得のチャンスが到来したと言えます。



■その他の主要資格試験 最新ニュース
来たれ“新世代”の組み込みエンジニア! 第2回「D2Cコンテスト」開催
ボランティア募集
2010年度最新版 / 今年上半期の「今、社会人が取りたい資格ランキングベスト100!」
2011年7月の三大都市圏(関東、東海、関西)の派遣平均時給 1,483円、 IT・技術系は1,823円、クリエイティブ系は1,590円





posted by さんすけ at 07:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月28日

福祉用具選定士

利用者やケアマネジャーに対して適切な福祉用具の選定・利用に関する情報提供を行うことのできる、より専門性の高い福祉用具専門相談員を育成することを目的に、社団法人日本福祉用具供給協会が創設した資格が「福祉用具選定士」です。

資格の認定を受けるには、協会のカリキュラムによる「福祉用具選定士認定研修会」(A研修ならびにB研修)を受講し、それぞれの研修受講後に行われる筆記試験において合格しなければなりません。
※A研修もしくはB研修のみの修了では、福祉用具選定士としての認定はされません。
※A研修はベッド・車いす編、とB研修は、歩行器・床ずれ防止・リフト編
尚、講座が受講できるのは、福祉用具専門相談員の資格を有し、2年以上の実務経験を有する方が対象になります。

協会が主催するこの「福祉用具選定士認定・A研修」が7月に東京で開催されます。

※日時: 7月19日(火)〜21日(木)
※会場:アンフェリシオン(東京都江東区)
※参加費:正会員25,000円(昼食代3,000円含)、非会員29,000円(昼食代3,000円含)
※定員:50名
※問合せ:社団法人日本福祉用具供給協会 事務局 http://www.fukushiyogu.or.jp/index.php
     〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-6-13-3F  TEL 03-3234-8281

(注)
福祉用具選定士認定研修会の受講条件でもある「福祉用具専門相談員」になるには、厚生労働大臣が指定した「福祉用具専門相談指定講習会」において講義と実習を全40時間受講することが必要です。試験は行われません。この資格は、介護保険制度の導入により、指定福祉用具貸与事業所には2名以上の配置が義務づけられたため有資格者のニーズは高くなっています。



■その他の主要資格試験 最新ニュース
大学 新ブランド力 2011。4年間で得られる付加価値が大学のブランド力の新基準に
「僕たちの日本を創る」、若者集め復興プランを議論。フェイスブックで参加者を募集する、参加資格は16〜25歳。
(財)民族衣装文化普及協会が主催する、2011年夏「ゆかたキレイ講座」が各地区で開催中です。






posted by さんすけ at 06:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

介護保健認定調査員

「介護保険認定調査員」という資格があります。この資格を持った認定調査員の仕事は、要介護認定の元になる認定調査を行うことです。
具体的には、高齢者の自宅や入所中の施設、入院中の病院等を訪問し、82の調査項目に従って、心身の状態についての聞き取り、確認等を行い、調査票にまとめることです。
一般には、ケアマネジャーがする仕事だと思われているようですが、平成20年度からは、新規申請分はすべて自治体職員が行うことになりましたので、どの市区町村も必ず認定調査員を採用し、調査員が調査しています。

この「介護保険認定調査員」の資格要件は、ケアマネジャーとしているところが多いようですが、自治体によっては、募集要項が、ケアマネジャー以外にも保健師や、看護師、准看護師、社会福祉士、介護福祉士の他、実務経験が1年以上のヘルパー1級など、いろいろな資格を要件にしているところも多いようです。

認定調査員の立場は、 ほとんどの自治体では非常勤職員で、勤務日数は週4〜5日前後。1年契約で契約更新が最大で何回、と決められています。
採用されると、仕事は認定項目に関する細かい判断基準(調査項目の判断基準について書かれたマニュアル)を覚えるところから始まります。
その後、調査項目や調査方法についての研修を受け、あとは実践研修。先輩調査員の調査に同行する形で研修を受けます。

結局、1日の研修と約2週間の実践研修で82項目の調査をし、それを調査票にまとめる方法を習得しなければなりません。
仕事では、聞き取り技術、観察眼、注意力、表現力、要約力等々、さまざまな力が求められるため、任務は大変ですが、現在の要介護認定では、特に調査員の特記事項が認定結果を大きく左右する一面をもっており、優秀な調査員が求められているのです。

       さらに詳しい内容はこちらでご覧ください。
          ⇒介護保険がよく分かるページ
          ⇒認定調査員マニュアル


■その他の主要資格試験 最新ニュース
「FP技能士 2011年1月試験」結果が発表されました。
平成23年度上期の「ファイリング・デザイナー検定試験」「電子化ファイリング検定試験」「公文書管理検定試験」の受験対策セミナーの開催予定が掲載されました。
平成23年度「消費生活アドバイザー試験」の試験日程が発表されています。
2011年実施の「数検」「児童数検」の模範回答が掲載されました。








posted by さんすけ at 10:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

認定ケアマネジャー

「認定ケアマネジャー」というのはどういう資格なのか、ご存知の方はまだ少ないのではないでしょうか。「ケアマネージャー」でなく、「認定ケアマネージャー」という資格があります。
「認定ケアマネジャー」は、まだ全国に650人ほどしかいない、超稀少資格なのです。ケアマネージャーが、厚生労働省認定の公的資格であるのに対して、認定ケアマネージャーは、日本ケアマネジメント学会認定の民間資格です。

現段階では、「認定ケアマネジャー」であると、主任介護支援専門員(※)研修の受講の際に、「専任実務5年」の条件がケアマネジメントリーダーと同様に「専任実務3年」に短縮されるくらいしかメリットはないような気がしますが・・。

認定ケアマネジャー制度はケアマネジャーの資質向上を目的として、日本ケアマネジメント学会が独自に制定したもので、非会員でも居宅介護支援におけるケアマネジャーとして3年以上の実務経験があれば受験が可能とされています。
認定は書類審査と口頭試験の2段階からなり、受験申請後書類審査が行われ、認定資格を満たし、受験資格ありと判定された書類審査の合格者を対象に、口頭試験が東京で実施されます。

      詳しい内容はこちらでご覧ください。
        ⇒認定ケアマネージャー制度

※「主任介護支援専門員(主任ケアマネジャー)」は、平成18年4月からケアマネジャー(介護支援専門員)の上級職として、導入された役職で、地域包括支援センターに配置される職員の構成員の一人になります(構成員は保健師、社会福祉士、主任ケアマネジャー)。
正式に主任ケアマネジャーになるには、実務専任5年以上の人が、各都道府県が実施する専門研修を受けた上で64時間の主任ケアマネジャー研修を受ける必要があります。
従って、制度上は要件を満たせば、今、ベテランのケアマネジャーの人全てにチャンスがあると言えます。

「主任ケアマネジャー」の職務は、主にケアマネジャーの相談に応じたり、処遇困難な事例に対応したりすることです。当然、ケアプラン作成をする一般のケアマネージャーとは一線を画す形となります。


■その他の主要資格試験 最新ニュース
集中力を最大限に引き出すための5つのコツ
Googleが「Google Apps」に関する初の資格認定プログラムを開始した。
eラーニングサイト「学びネット.com」無料体験版ID公開中
「PHP技術者認定試験(初級)」は、4月11日より予約受付開始、5月10日より配信開始になります。







posted by さんすけ at 09:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月28日

介護福祉士等修学資金貸付制度

まださらに進む高齢化社会に向かって、これからますます必要とされるのが福祉・介護サービスですが、一方で「介護の仕事」の魅力を紹介する求人サイトなどが相次いで登場し、現場で働く人の声を紹介したり、働くために必要な資格や持っていた方がよい資格などについて解説したりして、若い世代に興味を持ってもらうことに積極的に取り組んでいます。

今年度、第23回の「介護福祉士」「社会福祉士」の受付は終了し、来年1月30日(日)の試験を残すのみになりました。そして来年度、第24回の受付は両試験とも、平成23年9月上旬から10月上旬、試験は平成24年1月下旬の予定になっています。

そんな中、「介護福祉士、社会福祉士の資格取得を目指す方を応援します」というキャッチフレーズで、『平成23年4月に介護福祉士・社会福祉士養成施設に入学される方に、在学期間中、月額5万円のほか、入学準備金・就職準備金(各20万円以内)を無利子でお貸しします。5年以上、福祉・介護職として働けば、全額返済免除にもなります』という制度が登場しました。
この制度は、社会福祉法人 全国社会福祉協議会 中央福祉人材センターが主催するもので、全国の各県におかれた社会福祉協議会を窓口に受付をしています。

平成23年度の「介護福祉士等修学資金貸付制度」の内容は、近日中に当ホームページで掲載される予定で、未掲載ですが、平成22年度の実施内容や制度の詳細が掲載されています。
       ⇒平成22年度の「介護福祉士等修学資金貸付制度」の内容

「介護福祉士」や「社会福祉士」を目指している人には絶対有利な制度だと思います。
内容をよく読んで、検討して見られたらいかがでしょうか。

さらに、こんな案内も出ていますので紹介しておきます。
■「福祉の仕事を紹介したDVDと解説冊子を差し上げます 」
中央福祉人材センターでは、「みんな、歩き出している」をキャッチコピーに、主に高校生や大学生などこれから就職先や進学先を決めようとしている方、そしてその保護者や教員の方向けに、福祉の仕事や福祉系大学を紹介するDVDと解説冊子を作成しています。

ご希望の方には、送料のみの負担でお送りしますので、送り先を明記した「返信用封筒に290円切手を貼付」の上、下記中央福祉人材センター宛にご請求ください。
なお、数量に限りがありますので、お一人様1セットとさせていただきます。

【宛先】
 中央福祉人材センター
 〒100-8980 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞ヶ関ビル 

    詳細はこちらで確認出来ます ⇒http://www.shakyo.or.jp/fukushi-start/information/index.php?vid=1287627540


■その他の主要資格試験 最新ニュース
平成22年度「マンション管理士試験」 解答速報が本日20:30 公開予定です。解説入り「模範解答集」も申し込めば無料送付してくれます。
特定非営利活動法人日本メディカルハーブ協会主催の「メディカルハーブ検定」、申込受付が今週から始まります。受付 2010年12月1日〜2011年1月31日。
CramMediaが、マイクロソフト認定 「IT プロフェッショナル」MCITP 70-682 / 70-685 の問題集の提供を始めました。







posted by さんすけ at 10:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

認知症ケア指導管理士

認知症関係の資格には大きく3つあります。
一般社団法人 日本認知症コミュニケーション協議会が主催する「認知症ライフパートナー検定試験」と、日本認知症ケア学会が認定する「認知症ケア専門士認定試験」、それと今回紹介する、財団法人 職業技能振興会が主催する「認知症ケア指導管理士」である。

「認知症ケア指導管理士認定試験」は今回が第2回目の試験で、来月12月4日に「初級試験」が全国5都市(東京、札幌、名古屋、大阪、福岡)の会場で行われる。願書受付は11月24日(消印有効)まで。まだ日がありますので、認知症に関する知識を習得したい人や、自宅で認知症高齢者を介護する家族、また介護・医療現場で働く人でスキルアップしたい人には最適な資格だと思われます。関心のある方はチャレンジされてはいかがでしょうか。
※第1回の試験は250名が受験し、85%の合格率でした。試験は難しくありません。
※さらに詳しい「認知症ケア指導管理士」の情報はこちらで。

教材は、「認知症ケア指導管理士試験公式テキスト」が販売されていますので、これで独学すればOKです。

※出題科目は、
1)認知症高齢者の現状と理解
2)認知症ケアの理念と認知症指導管理士の役割
3)認知症高齢者の基礎知識と専門知識の実践
4)地域における認知症ケアサービスと社会資源
※合格基準は、出題内容のうち、6割以上の点数。
※受験料は、5,000円
※問合わせは、財団法人職業技能振興会(03-5789-8800)

   詳しくはこちらで確認ください。
      ⇒プレスリリース
      ⇒財団法人職業技能振興会

   受験対策はこちらでご覧ください。
      ⇒認知症ケア指導管理士



■その他の主要資格試験 最新ニュース
今月、まもなく受付開始が始まる資格試験(「新司法試験」「コミュニケーション検定」「販売士」「ビジネスキャリア検定」「接客サービスマナー検定」「税務会計能力検定」「簿記能力検定」「運行管理者試験」「ほんやく検定」
(財)職業技能振興会主催の第1回「健康予防管理専門士」の願書受付が間もなく締め切られます。試験は平成22年12月4日(土)。





posted by さんすけ at 06:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

トラベルヘルパー資格

「トラベルヘルパー(外出支援専門員)」とは、健康に不安がある人や高齢の方、身体に不自由がある人などが、安心して外出や介護旅行に出られるようにお手伝いする人のことを言います。

2006年に認定されたNPO法人「日本トラベルヘルパー協会」は、添乗業務などを教える「トラベルヘルパー」の養成講座を開設中です。昨年からは検定試験も始まっています。
「トラベルヘルパー養成講座」の種類は3級、準2級、2級の3種類。講座は受講資格も特になく、自宅で受けられるeラーニング講座なので、インターネットに接続できる環境があればいつでも始められます。
また、この準2級養成講座を修了すれば、「トラベルヘルパー準2級検定試験」の受験資格を得ることができます。

観光庁の2009年度のまとめによると、宿泊を伴う観光旅行の年間の回数は、20代から50代までは1.8回未満なのに対し、60歳以上は2.11回。高齢者の旅行需要は大きいが、足腰が弱っているなどの理由で、旅行をあきらめている人も多いとみられます。
そのため、JTBでは、入浴介助サービスのほか、ホームヘルパーの資格者が同行し、移動を介助する国内外のツアーも提供。一人での参加も可能になっています。JTBでは「ツアーは9月からコースを増やし、利用者も2割ほど増える」と予想しています。
このように、ホームヘルパーが同行するツアーや、旅館へのヘルパー派遣など、高齢者の旅行を支援するサービスが増え、人気になっている現在、この新しい「トラベルヘルパー」の資格取得者が活躍できる場が広がっているのは間違いなさそうです。

今年度の検定試験の受付は終了しましたが、養成講座の申込み受付中です。来年度の試験に向けて、トラベルヘルパーに関心がありもっと学びたい人、さらに自分を磨きスキルアップしたい人、ライセンスを取って仕事に就きたいと考えている人などにはトライされてはいかがでしょうか。

※詳しい内容はこちらで確認ください。
        ⇒NPO法人日本トラベルヘルパー協会


■その他の主要資格試験 最新ニュース

●試験結果の発表がありました。
平成22年度弁理士試験
平成22年度(上期)建設業経理検定試験
第1回 派遣検定
平成22年9月実施1級FP技能検定
 ●第2回「スウェーデン・エコスマート検定」の受験受付を開始しました。





posted by さんすけ at 11:11 | Comment(0) | TrackBack(1) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

認知症ライフパートナー検定試験

一般社団法人 日本認知症コミュニケーション協議会が主催する、第4回「認知症ライフパートナー検定試験(基礎検定)」と第2回「認知症ライフパートナー検定試験(応用検定)」の受験申込み受付が始まっています。

「認知症ライフパートナー」は、認知症の人に対して、これまでの人生や生き方、価値観を尊重し、日常生活をその人らしく暮らして行けるように、本人や家族に寄り添い、サポートできる人のことです。
検定試験の基礎検定では、認知症の基礎知識とコミュニケーションのとり方を学びます。また、応用検定では、認知症についての専門知識と、アクティビティを用いたケアのあり方について、基礎編を基により深く掘り下げた専門的な内容を勉強します。

※申込受付期間 :2010年9月6日(月)〜11月5日(金)
※試験日    :2010年12月5日(日)
※受験会場   :札幌・仙台・東京・大阪・福岡
※受験料    :基礎検定:4,500円(税込)  応用検定:7,000円(税込)

この試験は、基礎、応用とも受験資格はなく、学歴・年齢・性別・国籍による制限はありません。試験方式はマークシート方式で、合格基準は100点満点で、70点以上が合格となります。


■資格の難易度 基礎検定 「C」やや易
    合格率 基礎検定 60〜70%

■教材
認知症ライフパートナー検定試験公式テキスト

■詳しい内容の確認
    ⇒日本認知症コミュニケーション協議会 問い合わせフォーム


■■その他の資格試験最新ニュース
2010年度 第28回「ビジネス実務法務検定」の申込み受付が間もなく始まります。
第23回(平成22年度)社会福祉士国家試験の受験申込書の受付期間が間もなく終了します。
第13回(平成22年度)精神保健福祉士国家試験の受験申込書の受付期間が間もなく終了します。
posted by さんすけ at 11:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

介護施設管理士

「介護施設管理士」は、介護施設の管理者のことで、介護施設のサービスを充実を図るとともに、経営も行うという重要な役割を担っています。
「介護施設管理士」には、介護の専門知識はもちろん、あらゆる現場に対応する柔軟性、さらに円滑な経営のための知識の習得が必要になります。
医療介護ネットワーク協同組合」は、そのような人材育成のため、介護施設管理士の認定試験制度を2008年にスタートさせました。
介護施設の数は年々増加しており、これから先、優秀な介護施設管理士の必要性が、ますます高くなると思われます。

介護施設の管理者に相応しい人材とは、介護に関する知識をバランス良く習得しており、かつ、組織を束ねられる人が望まれます。

■平成21年度 第4回「介護施設管理士認定試験」の申込み受付が始まっています。

※受験の申込み締切:平成22年10月22日(金)
※試験の実施   :平成22年11月13日(土)13時00分〜15時00分
※試験会場    :関東会場(千葉県)・関西会場(神戸市)
          四国会場(愛媛県)
※受験料     :一般6,300円

試験の受験資格は、18歳以上なら誰でも受験できます。
2008年の第1回試験では、全国から93名が受験。合格者数は77名で合格率82.8%でした。受験者の内訳は男性が64名、女性が29名で、最高齢の受験者は73歳、最も若い受験者は27歳でした。

・試験内容の概略
試験は全80問、全て4肢択一問題形式で出題される。試験時間は90分。出題範囲は、介護支援分野、保健医療サービス分野、労務管理、経営実務、制度の理解、運営実務など。
主催は、医療介護ネットワーク組合(厚生労働省、国土交通省、経済産業省、農林水産省、環境省認可)

尚、本試験前に「介護施設管理士認定試験対策講座」が開催されます。同時に、介護施設管理士認定試験対策テキストの申込みも受け付けています。

 ⇒ 試験の概要、申込み・対策講座・対策テキストの詳しい内容はこちらで確認出来ます。
posted by さんすけ at 09:27 | Comment(1) | TrackBack(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

介護事務関係資格

介護事務関係の資格の中で呼称がよく似た資格に、「介護事務管理士」と「介護保険事務管理士」という2つの資格があることをご存知でしょうか。

「介護事務管理士」は、介護保険制度や介護報酬の請求についての知識や、介護請求事務に関する知識を認定する技能認定振興協会主催の試験。試験では、実技試験で介護給付明細書の作成に必要な知識が問われ、学科試験では、法規(介護保険制度、介護報酬の請求についての知識)、介護請求事務(介護給付費単位数の算定、介護給付費明細書の作成)、介護用語についての問題が出題される。
一方、「介護保険事務管理士」は、日本病院管理協会の教育指定校で介護保険制度概論、介護レセプト記載要領、介護報酬算定、医事保険との関係、医療管理学」などの指定科目を履修し、単位を修得する必要がある資格で、かつ、養護教諭、ホームヘルパー、介護福祉士、保育士、栄養士、社会福祉士、社会福祉主事任用資格などのコースで学んでいる学生に限られる資格。

試験の時期や試験の難易度などの違いはありますが、医療関係の事務資格試験では、問われる知識が大きく分けて三つあります。
第一に法規関連の知識(医療保険制度や医療関連法規、公費負担医療制度、老人保険制度)、第二に医学(歯学)・薬学の基礎知識そして三番目に重要不可欠な保険請求事務(保険請求事務の手順、診療報酬点数の算定方法、医療用語、カルテ読解知識等)などです。

基本的に試験は「学科」と「実技」で行われることが一般的です。実技ではレセプト作成を会場で行いますが、診療報酬点数表や電卓などの持ち込みは許可されますが、しかし点数表のどこに何があるかなどを詳しく知っていなければ、時間内にレセプトが作成できない試験内容になっていますので、ふだんからカルテを見て自然にレセプトを作成できるよう練習しておく必要があります。

■詳しい内容
   ⇒介護事務管理士
   ⇒介護保険事務管理士
posted by さんすけ at 09:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

介護福祉士

昨日(7月13日)、厚生労働省は「第23回介護福祉士」国家試験についての概要を発表した。

今年度の日程は、筆記試験が2011年1月30日(日)、実技試験が同3月6日(日)。したがって、2011年1月29日(土)までに介護業務に3年以上従事した人、もしくは2011年3月31日までに養成施設等を卒業する人(見込みも含む)が受験資格を有する。

・受験書類の受付期間は 2010年8月11日から9月10日まで、当日消印有効。財団法人社会福祉振興・試験センター(下記)へ出願する。受験手数料は12,500円。
・筆記試験の科目は、社会福祉概論、老人福祉論、障害者福祉論、リハビリテーション論、社会福祉援助技術、レクリエーション活動援助法、老人・障害者の心理、家政学概論、医学一般、精神保健、介護概論、介護技術、形態別介護技術。
・筆記試験の開催地は、北海道、青森県、岩手県、宮城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、石川県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、島根県、岡山県、広島県、香川県、愛媛県、福岡県、熊本県、鹿児島県、沖縄県。
・実技試験の科目は、介護などに関する専門的技能。実技試験は、北海道、青森県、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、鹿児島県、沖縄県で実施する。
・合格発表については、2011年3月29日午後に、厚生労働省及び財団法人社会福祉振興・試験センターに受験番号が掲示されるとともに、同センターのホームページにも公開される。

(注)介護福祉士は2013年1 月に実施される第25回試験から受験資格が変わり、実務経験が3年以上であってもさらに養成施設で600時間の教育を受けなければ受験できなくなる。このため、経過的措置期間である今年度、来年度の間に資格取得を目指す「駆け込み受験」が増加するとみられている。

◎試験に関する照会先
財団法人社会福祉振興・試験センター
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-5-6
TEL. 03-3486-7521
試験案内専用 TEL. 03-3486-7559(音声)

◎厚生労働省発表
第23回介護福祉士国家試験の施行及び介護福祉士国家試験委員について

◎介護福祉士
詳しい「介護福祉士」資格の内容
「介護福祉士」スクール・通信講座案内


■「介護福祉士」法改正関連記事
第166回の今国会に提出された「社会福祉士・介護福祉士法の一部を改正する法律案」が4月27日に参議院で採択された。
介護福祉士の資格取得を一元化するなど、この改正案では以下のような見直しのポイントがある。
  【改正案のポイント】
※介護福祉士の「介護」を「入浴、排せつ、食事その他の介護」から「心身の状況に応じた介護」に改めるなど、定義規定を見直す。
※個人の尊厳の保持、認知症等の心身の状況に応じた介護、福祉サービス提供者、医師等の保健医療サービス提供者等との連携について新たに規定するなど、義務規定を見直す。
※資質の向上を図るため、すべての者は一定の教育プロセスを経た後に国家試験を受験するという形で、介護福祉士の資格取得方法を一元化する。福祉現場における高い実践力を有する社会福祉士を養成するための資格取得方法の見直しを行う。
※社会福祉士の任用・活用の促進を図る。


●資格取得方法の見直し(介護福祉士)
これまでは資格取得できるルートとしては「養成施設ルート(国家試験なし)」、「福祉系高校ルート(国家試験あり)」、「実務経験ルート(国家試験あり)」の3ルートがあった。

今回の見直し案では、
・養成施設2年以上(1800時間程度)
・福祉系高校(1800時間程度)
・実務経験3年以上+養成施設6ヶ月以上(600時間程度)
以上の3つの教育プロセスのどれかを経て、最終的にすべての者が国家試験を通過しなければならない。

●経過措置について
国家試験を受ける仕組みは2012(H24)年施行→ 2013(H25)年1月試験から実施されるが、このうち、経過措置として、養成施設の卒業者は当分の間「准介護福祉士」の名称を用いることができる。これは、養成施設の卒業者は制度改正前には介護福祉士の資格を取得できた者であったことを踏まえた経過的配慮と位置づけられている。

福祉系高校ルートの経過措置は、教育内容の充実が困難な福祉系高校は2009(H20)〜2013(H25)年度の入学者にかぎり、現行の1190時間程度の過程を卒業し、9ヶ月以上の実務経験を経た場合、国家試験受験資格を付与する。
posted by さんすけ at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

介護食士

(社)全国調理職業訓練協会が認定する「介護食士」は、介護を必要とする人のためのメニュー作成や食事の調理の専門家です。介護施設や病院、外食産業などで需要が伸びています。
特に、介護福祉士など介護の仕事に携わっている人や調理師に人気のある資格です。2001年にスタートした新しい資格で、資格のレベルは、1級から3級まであります。

資格を取得するには、各スクールで行われる介護食士の養成講座を修了
(社)全国調理職業訓練協会が主催する「介護食士」は、介護に携わる人たちの調理技術を向上させる目的で01年にスタートした新しい民間資格。
資格を取得するには、全国調理職業訓練協会に加盟する調理職業訓練校や調理師養成学校などが個別に開催する講座を受講し、講座最終日などに行われる審査に合格すれば、同協会から介護食士(1〜3級)の認定証が与えられる。尚、審査にあたっては、講座への出席率80%以上が求められます。
介護食士講座を開講している訓練校一覧

講座のカリキュラムや開催時期は各校で異なりますが、講座の受講期間は、3級の場合、講義が24時間、調理理論や調理実習が48時間、計72時間と規定されていますので、週1回の講座で6ヵ月、週2回の講座で3ヵ月程度が目安。3級受講料の目安は平均7〜8万円程度(入学金、教科書代除く)。 資格申請料は別途6,000円が必要になります。

介護食士を受験(受講)できるスクールの数は全国に34校あり、介護食士の養成講座の講義では、介護食士3級の場合、食品衛生学、栄養学、食品学、調理理論、高齢者心理、その他、介護に必要な医学的基礎知識も学びます。これに加えて調理実習と現場実習を経験し、介護食士に必要な知識と経験を積むことができます。

クラスは1級から3級までありますが、1・2級は調理師や栄養士など専門の資格と実務経験が必要です。3級は、介護に関心を持つ人であれば誰でも受講できます。
資格取得後の活躍の場は、福祉関連施設、民間の福祉関連事業所、企業、飲食業、一般家庭などで、介護食の調理に従事する場合に役立つ。しかし、職業として生かすには豊富な経験が必要になる。

posted by さんすけ at 14:41 | Comment(0) | TrackBack(1) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

認知症ケア指導管理士

厚生労働省認可の財団法人職業技能振興会が主催する、第1回「認知症ケア指導管理士」の願書受付が始まっています。
この資格試験は今回が第1回目を迎える、新しく創設された資格です。


※願書受付期間:平成22年5月10日〜平成22年7月10日
※試験日   :平成22年7月31日(土)
※試験会場  :東京(決定次第、財団法人職業技能振興会HPにて告知)
※受験料   :5,000円

認知症高齢者が増加する現在、医療・介護現場で働くスタッフの、認知症に対する専門性と質の向上が大きな課題となっています。
「認知症ケア指導管理士」は医療・介護現場で働く人のスキル・アップを目的とした認定資格で、自宅で認知症高齢者を介護するご家族にとっても最適な資格と言えます。

受験級は2種類。初級と上級があります。受験資格は、初級にはありません。上級は初級取得後2年以上を経過した者が対象になります。
出題科目は、@認知症高齢者の現状と理解、A認知症ケアの理念と認知症指導管理士の役割、B認知症高齢者の基礎知識と専門知識の実践、
C地域における認知症ケアサービスと社会資源
合格基準は60%以上の正解率です。
 
       さらに詳しい内容はこちらでご覧ください。
           ⇒認知症ケア指導管理士

■資格の難易度  不明
    合格率  実績なく不明

■教材
協会主催の初級受験対策講座
・公式テキスト発売 7月

■関係資格の掲載記事
認知症ケア専門士認定試験
認知症ライフパートナー

■詳しい内容の確認
    ⇒認知症ケア指導管理士公式サイト
posted by さんすけ at 11:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

色彩福祉士

(社)日本色彩環境福祉協会は、昨年度新たに登場した資格、「色彩福祉士」を認定する色彩福祉士検定試験の実施要項を発表した。試験は今回で3回目の試験になるが、今回は3級だけが実施される。

  2010年 色彩福祉検定3級 概要
※申込み 
  ・第3回:4月26日(月)〜 5月28日(金)
  ・第4回:10月29日締切
※試験日 
  ・第3回:2010年 6月20日 10:30〜   
  ・第4回:2010年11月28日 10:30〜   
※会場:札幌・東京・名古屋・大阪・広島・福岡および団体校
※受験資格:年齢、学歴、性別、経験などに制限はなし
※試験方法:筆記試験(マークシート方式)
※試験時間:90分
※検定料3 級:7,350円
※出題内容
  ・色彩福祉の必要性
  ・生活と色彩の関係の理解
  ・心のケアと色彩福祉
  ・色彩理論
  ・色彩調和
  ・色彩の演出効果と香り
  ・色彩福祉の実践
  ・自分らしさの理解
  ・暮らしに活かす色彩
  ・色彩交流法 ほか

「色彩福祉士」の資格を得るためには、色彩福祉検定の1級に合格することが必要です。色彩福祉検定は2009年からスタートした新しい検定で、今年度は3級のみの実施。今年から2級、1級がスタートする予定。つまり色彩福祉士は早くても2010年に誕生の新資格になります。
3級には受験条件がなく誰でも受験することができますが、必ず3級からスタートし、2級、1級という段階を経ることが必要です。

色彩福祉は、その支援のなかで心のケアを大きな目的としています。色彩が人に与える心理的な影響力を応用し、色彩を媒介にしたカウンセリングの活動、色彩を用いた福祉施設の環境整備やバリアフリー商品などの開発、そして、このような活動を推進していく人を「色彩福祉士」と位置づけています。

■資格の難易度
  ・実績少ないため不明だが、3級は「C」やや易 相当の予想
  ・合格率 非公開につき不明

■教材
色彩福祉検定3級公式テキスト
協会主催の受験対策講座

■関連資格の情報
色彩検定
認知症ライフパートナー

■詳しい内容の確認
     ⇒(社)日本色彩環境福祉協会
posted by さんすけ at 09:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

臨床検査技師ほか

厚生労働省管轄の福祉・介護関係国家資格、平成21年度試験の申込受付がまもなく一斉に始まります。
対象になる試験は、「臨床検査技師」「診療放射線技師」「理学療法士」「作業療法士」「視能訓練士」の5試験です。


※受験申込受付:2009年12月21日(月)〜2010年1月12日(火)
※試験日   :2010年24日(水)〜3月1日(月)
  この期間中に実施されるが、試験によって異なるため要注意。
※合格発表  :2010年3月31日(水)一斉
※受験料   :10,100円〜15,800円 試験によって若干異なる。


■臨床検査技師
   合格率 75%前後  難易度「C」やや易しい        
■診療放射線技師
   合格率 70%前後  難易度「C」やや易しい
■理学療法士
   合格率 90%以上  難易度「D」易しい
■作業療法士
   合格率 80%前後  難易度「D」易しい
■視能訓練士
   合格率 95%前後  難易度「D」易しい

いづれの資格も、国が指定する3年以上の養成校(大学・短大・専門学校)を卒業し、受験資格を取得した後、国家試験に合格しなければ取得することはできません。

    詳しい試験内容はこちらで確認ください。
        ⇒厚生労働省試験案内
posted by さんすけ at 11:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

介護福祉士の受験資格

高齢化社会のもと、福祉・介護系の資格の人気が際立っています。中でも注目は「介護福祉士」です。介護福祉士は、昨年一挙に1万3千人、20%強も受験者が増えました。
今後も当分はこの人気が続きそうですが、そこで気になるのが「介護福祉士」の受験資格です。現在、介護福祉士の資格を取得するには 2通りの方法があります。@厚生労働大臣の指定する養成施設を修了すること。A介護実務経験3年以上で国家試験に合格すること、です。
すなわち、@の方法では国家試験を受けなくとも介護福祉士の資格を取得することはできます。

それが、平成19年3月に厚生労働省が発表した改正案(資格取得方法の見直し)で、介護福祉士国家試験の新受験制度が決められました。
その新受験制度によると、これから介護福祉士の資格取得を目指す人は、以下の点に注意しなければなりません。

■資格取得方法の一元化
介護福祉士を目指す人はすべて、一定の教育プロセスを経た後、国家試験を受けなければなりません。
・上記@の実務経験コースの人
実務経験(3年以上)に加え、新たに6ヶ月間以上の養成課程を経た後、さらに国家試験を受けなければなりません。(平成25年1月試験より実施)。すなわち、「実務経験 + 介護職員基礎研修(600時間程度)」が受験資格条件になります。
・上記Aの指定養成施設コースの人
現在の法では、国家試験を受けなくとも介護福祉士の資格を取得できますが、新試験制度により、養成施設卒業者も、国家試験が必須となります。(平成25年1月試験より実施)
※但し、経過措置として指定養成施設卒業者は当分の間、准介護福祉士の名称を用いることができます。

(参考資料)
○指定養成施設で働く実務経験者の受験資格条件
・従業期間:1,095日(3年)以上  ・従事日数:540日以上
※ 従業期間とは受験資格の対象となる施設及び職種での在職期間
※ 従事日数とは従業期間内における実際の業務(介護等)従事日数
○受験資格の対象となる施設
・社会福祉施設等
@ 児童福祉法関係の施設・事業
A 身体障害者福祉法関係の施設・事業
B 生活保護法関係の施設
C 老人福祉法・介護保険法関係の施設・事業(病院の病棟又は診療所を除く。)
D 知的障害者福祉法関係の施設・事業
E 障害者自立支援法関係の障害福祉サービス事業
F その他の社会福祉施設等
・病院の病棟又は診療所
・介護等の便宜を供与する事業

(注意)以下の職種は、受験資格に該当しませんので注意が必要です。
■社会福祉施設
@ 生活支援員
・生活指導員、生活相談員などの相談援助業務を担当者
(障害福祉サービス事業・知的障害者福祉法関係の施設・事業において介護等の業務を行う者は除く)
A 児童指導員
(保育士として入所者の保護に直接従事した後児童指導員となり、その後も引き続き同じ内容の業務に従事している者は除く)
B 心理指導担当職員、作業、職業指導員
■病院・診療所等
@ 医師、看護師、准看護師
A 理学療法士、作業療法士などの機能訓練担当職員(当該業務を補助する者を含む。)
B 介護支援専門員
C 調理員、事務員
■証明権限を有する代表者
@ 社会福祉施設等の施設長、所長、管理者など


     ⇒詳しい内容は下記で確認ください。
           厚生労働省





posted by さんすけ at 09:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

福祉情報技術コーディネーター認定試験

文部科学省許可法人(財)全日本情報学習振興協会が主催する第19回「福祉情報技術コーディネーター認定試験」の受験申込み受付が始まりました。


※申込期間:2009年11月12日(木)〜12月23日(水)
※試験日 :2010年1月31日(日)
※試験会場:公開会場(東京、大阪、名古屋)又は認定会場
※受験料 :1級 10,500円 2級 8,400円 3級 5,250円


「福祉情報技術コーディネーター認定試験」は、障害者や高齢者のためのパソコン環境整備と技術指導ができる指導者の能力を認定する試験です。受験級は、1級・2級(A)・2級(B)・3級の4ランク。

試験は受験資格に制限はなく(申込時に18歳以上の方)、誰でも受験できる。試験形式は全級筆記試験でマークシート。科目は支援技術テクノロジー、パソコン知識、障害教養総論の3分野。試験時間は、1級120分、2級90分、3級60分。
合格ラインはいずれの科目でも80%以上の正解が求められます。
※医師、看護師、保健士、OT、PT、ST、社会福祉士、介護福祉士、
教員免許取得者(盲・聾・養護学校)の資格保有者は、試験科目の一部が免除されます。


■資格の難易度 「C」やや易しい
    合格率 3級 30%前後

■教材
協会案内の教材
福祉情報技術コーディネーター認定試験対策教材

■他の福祉情報資格関係の掲載記事
医療情報基礎知識検定試験

■詳しい内容の確認
    ⇒(財)全日本情報学習振興協会
posted by さんすけ at 16:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

ケアマネージャー試験

厚生労働省が、第12回「介護支援専門員(ケアマネージャー)実務研修受講試験」の受験者数を発表した。
今回の試験では14万308人が受験し、8年ぶりに14万人を突破した。これは過去3番目に多い結果となっっている。

これまで受験者数で多かったのは第1回・第2回で、ともに20万7080人・16万5117人であったが、以後の受験者数は減少し、第4回・第5回では10万人を切る結果となっていた。
試験の合格率も低下し、第1回では44.1%あった合格率も近年では20%程度まで落ち込んでいる。第11回までの合格者は累計で46万1650人。


試験合格者の基礎資格は、累計では介護福祉士31.2%、看護師などは31.0%の割合となっているが、この第11回の試験に限れば、介護福祉士63.1%、看護師などが9.5%と介護福祉士の割合が多くなっている。その他の資格は10%を満たない結果であった。

【都道府県別 受験者数】 
 ※表をクリックすると拡大されます。
ケアマネ.jpg

※過去の「ケアマネージャー試験」掲載記事
posted by さんすけ at 08:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

サービス・ケア・アテンダント

(社)公開経営指導協会が主催する2009年度「サービス・ケア・アテンダント検定試験(3月試験)」の申込み受付は12月から始まります。

<3月試験>
※受験申込期間:
・2009年12月1日(火)〜2010年2月15日(月)福岡
・2009年12月1日(火)〜2010年2月22日(月)東京
※試験日:
・2010年3月3日(水)〜4日(木) 福岡
・2010年3月11日(木)〜12日(金)東京
※試験場所:福岡  東京
※受験料 :28,350円(税込、筆記試験受験料・認定料も含む)


ハンディキャップを抱えた人たちも社会の中で普通に暮らせる優しい環境を作っていく、という考え方をノーマライゼイションといいますが、そのノーマライゼイションの精神を基に、あらゆる場面で高品質なサービスを提供できるスペシャリストを認定する資格が、「サービス・ケア・アテンダント」です。

「サービス・ケア・アテンダント」の資格を取得するには、2日間の指定カリキュラムを受講し修了試験に合格しなければなりません。
受験資格は特にありません。修了試験は、筆記試験と実技講習、小論文があります。筆記試験は公共福祉概論、アテンド技術論、ユニバーサルサービス総論。実技試験では実践講習を受講する事で認定修了します。
小論文(800字ほど)はユニバーサルサービスに関するテーマが1つ出題されます。試験の実施時期は筆記が9月、実技が11〜12月です。
※通信教育を修了した人は、筆記試験を一部免除してもらう制度があります。


■資格の難易度  「D」易しい
     合格率 90%前後

■教材
協会案内の書籍
サービス・ケア・アテンダント試験参考教材

■他のサービスケア関連資格に関する掲載記事
メディカルケアワーカー
ヘルスケアプランナー
認知症ライフパートナー

■詳しい内容の確認
     ⇒公開経営指導協会

posted by さんすけ at 09:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

福祉用具専門相談員

(財)総合健康推進財団が主催する平成21年度の「福祉用具専門相談指定講習会」が全国各地で開催中です。
「福祉用具専門相談員」になるには、厚生労働大臣指定の「福祉用具専門相談指定講習会」の受講が義務付けられています。


■開催日程・場所:こちらをご覧ください。
■受講料:38,000円(テキスト資料代・消費税込)

■全国福祉用具専門相談員協会が案内する指定講習会一覧


「福祉用具専門相談員」とは、介護を受ける側と、介護する側の双方の心理を理解し、病状や障害の度合い適切に見極めて、福祉用具の選定や使い方をアドバイスできるエキスパートを認定する資格です。

「福祉用具専門相談員」になるには、厚生労働大臣が指定した「福祉用具専門相談指定講習会」において講義と実習を全40時間(6日間程度)受講することが義務付けられています。
講座の受講にあたっての制限は特にありません、また試験も行われませんが、福祉用具にはさまざまな種類があり、利用者ひとりひとりにに合わせて、選び方や安全な利用方法を説明・指導する大切な仕事です。

尚、介護福祉士、義肢装具士、保健士、看護師、准看護師、理学療法士、社会福祉士、およびホームヘルパー2級以上の資格取得者等については、講習を受けなくても福祉用具相談員の用件として認められます。

今回の介護保険制度により、指定福祉用具貸与事業所には「福祉用具専門相談員」2名以上の配置が義務づけられたため有資格者のニーズは高くなることが予想されます。


※詳しい内容はこちらをご覧下さい。
     ⇒全国福祉用具専門相談員協会
     ⇒(財)総合健康推進財団
posted by さんすけ at 10:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

認知症ライフパートナー

日本認知症コミュニケーション協議会が主催する「認知症ライフパートナー」検定試験の第1回試験が8月にスタートすることが決まりました。それに先立ち、ただ今、受験申込み受付中です。


※申込受付期間 :2009年 5月25日(月)〜7月21日(火)
※試験日    :2009年8月2日(日)
※試験会場   :東京都内(受験会場は受験票で告知)
※受験料    :4,500円
※合格通知発送日:9月11日(金)


超高齢者社会の進展に伴い認知症の人が増え、言葉によるコミュニケーションが機能しない認知症の人にとって、その意味を理解し、納得して物事にあたることは困難であり、その人が好む音楽や園芸、運動、趣味活動などのアクティビティを活用し、心身機能や生活の質の向上をはかることが重要となっています。一方、「認知症ライフパートナー」は、認知症の人に対して、これまでの人生や生き方、価値観を尊重し、日常生活をその人らしく暮らして行けるように、本人や家族に寄り添い、その支援を担う専門家のことです。

この検定試験には、基礎編と応用編があり、基礎編では病気の特徴や症状の基礎知識とアクティビティを用いてコミュニケーションをはかる手法への理解度を認定。また応用編では、認知症の人のアクティビティを用いたケアに関する知識と対応の仕方、生活環境や社会資源の活用についての理解度を認定します。
第1回目の今回の試験は、基礎編だけが実施されます。

受験は、認知症介護の経験の有無を問わず、また学歴・年齢・性別・国籍による制限はありません。試験方式 は、マークシート方式で2時間。合格基準は100点満点とし、70点以上で合格となります。
試験問題は、ほぼ発売される公式テキストの範囲内から出題される模様。


■難易度:  実績なく未定
   合格率 実績なく未定

■教材:
協会案内のセミナー等
認知症ライフパートナー検定試験 基礎検定 公式テキスト
認知症ライフパートナー参考書籍

■他の認知症ライフパートナー関係掲載記事
認知症ケア専門士認定試験
介護資格の取得要件
色彩福祉検定

■詳しい内容の確認
    ⇒JADECC
posted by さんすけ at 09:12 | Comment(1) | TrackBack(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

色彩福祉検定

(社)日本色彩環境福祉協会が主催する第1回「色彩福祉検定」の受験申込み受付中です。間もなく締め切りになりますので、受験希望者はお急ぎください。


   <第1回試験 3級>
※申込期間:2009年5月11日(月)〜 6月19日(金)
※試験日 :2009年7月5日(日)
※受験会場:東京・大阪及び団体校
(注)第2回試験から札幌・東京・名古屋・大阪・広島・福岡及び団体校
※受験料 :3級 7,350円
※申し込み:こちらから


「色彩福祉検定」は、色の持つ大きな力を応用して、色彩を用いた福祉を実現することのできる人材を養成し社会に送り出すことを目的にこの資格制度がスタートしました。
福祉や介護の現場では、言語によらないコミュニケーションを可能にする色彩の果たす役割は非常に大きく、資格取得者は色彩を自在に扱え、社会貢献のできる介護のプロとして仕事の幅が広がり、活躍できます。

受験級は1級から3級までありますが、第1回目の今回は3級試験のみ実施されます。尚、2級および1級は10年の実施予定です。受験資格に制限はなく、だれでも受験できます。
試験方法は筆記試験(マークシート方式/90分)。出題内容は、心のケアと色彩福祉、色彩理論、色彩調和 、暮らしに活かす色彩、など色彩と福祉の各分野から広範囲に出題されます。


■難易度: 不明
   合格率  実績なく不明
■教材:
協会案内の書籍
協会案内の受験対策講座
色彩福祉検定3級公式テキスト

■他の色彩福祉検定関連の掲載記事
ライフケアカラー検定
パーソナルカラー検定
色彩検定
介護食士
認知症ケア専門士認定試験

■詳しい内容の確認
    ⇒(社)日本色彩環境福祉協会

posted by さんすけ at 09:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

介護食士

(社)全国調理職業訓練協会が認定する「介護食士」は、介護を必要とする人のためのメニュー作成や食事の調理の専門家です。介護施設や病院、外食産業などで需要が伸びています。
特に、介護福祉士など介護の仕事に携わっている人や調理師に人気のある資格です。2001年にスタートした新しい資格で、資格のレベルは、1級から3級まであります。

資格を取得するには、各スクールで行われる介護食士の養成講座を修了後、講座最終日にスクールごとに試験が行われますので、その審査を経て認定を受けます。資格の審査にあたっては、講座への出席率80%以上が求められます。

介護食士を受験(受講)できるスクールの数は全国に34校あり、介護食士の養成講座の講義では、高齢者や障害者の心理、医学的基礎知識、栄養学、食品学、食品衛生学などを学びます。また、調理実習では、体の状態に合わせた介護食の形態や、便秘・高血圧・糖尿病などの対策食などを学びます。

クラスは1級から3級までありますが、1・2級は調理師や栄養士など専門の資格と実務経験が必要です。3級は、介護に関心を持つ人であれば誰でも受講できます。
講座の受講期間は、3級の場合、講義が24時間、調理理論や調理実習が48時間、計72時間と規定されています。週1回の講座で6カ月、週2回の講座で3カ月程度が目安です。

■講座:介護と医療の学びネット ニチイ


     詳しい内容はこちらをご覧ください。
      ⇒(社)全国調理職業訓練協会
posted by さんすけ at 10:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

認知症ケア専門士認定試験

日本認知症ケア学会認定の第5回「認知症ケア専門士認定試験」の受験概要が発表されています。

※受験申請期間:(1次試験)2009年4月1日(水)〜4月30日(木)
        (2次試験)2009年9月4日〜9月25日
※本試験日  :(1次試験)2009年8月2日(日)
        (2次試験)2009年11月29日(日)
※試験会場(予定):札幌,仙台,東京,名古屋,京都,福岡
※受験料:第1次試験 1分野3,000円×受験分野数

わが国における認知症ケア技術の向上ならびに保健・福祉に貢献することを目的とした「認定認知症ケア専門士」制度が平成17年の発足しました。
資格の名称は「日本認知症ケア学会認定 認知症ケア専門士」と、「日本認知症ケア学会認定 上級認知症ケア専門士」。

この試験の受験資格は、認知症ケアに関連する施設,団体,機関等において試験実施年の3月31日より過去10年間において3年以上の認知症ケアの実務経験(教育・研究・診療を含む)を有する者。
試験は4科目、4領域の筆記試験(第1次認定試験)および面接試験(第2次認定試験)からなり、4領域すべてに合格した者(第1次合格者)を対象として面接試験を行い最終合格者が決定します。合格基準は4科目全て7割以上の正解です。
※各教科の合格有効期限は5年。


試験方式は筆記試験(1次試験)1教科60分 5者選択問題。2次試験は論述試験(設問に対する自分の考えを用紙に記入し、期間内に提出)と面接試験(6人1グループのグループディスカッション:20分)。

受験者は、介護福祉士やケアマネージャー、ホームヘルパー、看護婦などが多い。

  
   ※詳しい受験対策についてはこちらをご覧ください。
       ⇒認知症ケア専門士認定試験


■難易度: 「C」やや易  合格率 45〜50%程度

■教材:
協会主催の試験対策講座(詳細未決定)
協会案内の書籍
認知症ケア専門士認定試験対策教材


      詳しい内容はこちらをご覧ください。
      ⇒認知症ケア専門士公式サイト


posted by さんすけ at 11:38 | Comment(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

サービス・ケア・アテンダント検定試験

(社)公開経営指導協会が主催する公的資格、「サービス・ケア・アテンダント検定試験」の受験申し込み受付中です。今回の試験会場は、東京と福岡です。

※申し込み締切り:東京受験 2月26日(木) 福岡受験 2月18日(水)
※試験日:東京 3月12日(木)〜13日(金)
     福岡 3月4日(水)〜5日(木)
※試験会場:東京  福岡
※受験料:28,350円(講義、演習、試験料含む)

「サービス・ケア・アテンダント」は、ノーマライゼイションの考え方をもとにしたサービスを提供できるスペシャリストを認定する資格。
ノーマライゼーション社会においてサービスを提供するあらゆる場面にで、お年寄りや身体の不自由な方だけでなく、困っている全ての方々へのサービスに主眼をおき、マインドとスキルを融合し従来の顧客満足から、さらにサービス品質のレベルアップを図るものです。

試験は筆記試験と実技試験と小論文からなり、筆記試験では公共福祉やアテンド技術論、ユニバーサルサービス、ノーマライゼイション社会などに関する理解度を測り、実技試験ではそれらの理解を背景とした人的対応能力を問う内容となっています。また、小論文は、ユニバーサルサービスに関するテーマが1つ出題されます(800字程度)。

カリキュラムに沿って、2日間、計12時間の講座、実習と試験があります。受験資格は特にありません。2日間のカリキュラムを受講し修了試験に合格することで資格を取ることができます。通信教育を修了した人は、筆記試験を一部免除してもらう制度があります。
合格基準は、全科目平均正答率60%が合格ライン。50点未満の科目があった場合は不合格となります。

修了認定者には(社)公開経営指導協会認定より「サービス・ケア・アテンダント」資格が付与されます。


■難易度: 「D」易しい
   合格率 90〜95%

■教材:
協会案内書籍
サービス・ケア・アテンダント対策



     詳しい内容はこちらをご覧ください。
      ⇒公開経営指導協会
posted by さんすけ at 10:25 | Comment(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

ケアマネージャー試験

厚生労働省は,今年の10月19日(日)に行われた「第11回介護支援専門員試験」の実施状況について発表した。

■08年度の合格者は28,990人、合格率は21.8%で、どちらも過去2番目に低い水準となった。
  受験者総数 133,072人 合格者数 28,990人 合格率 21.8%

第1回の試験では44.1%であった合格率が、第11回(今回)の試験では21.8%と半分程度に落ち込んだ。20%台の合格率はここ数年横ばいで、下げ止まり感はある。一方、受験者数の落ち込みは見られず、ここ4年間は13万人台をを維持している。


■ケアマネ有資格者が、全国で累計約47万人に達した。
職種別の合格者は、介護福祉士が最も多く6割を超え、他職種についてはいずれも10%に満たない割合となっている。近年、介護福祉士の受験が特化してきていると言える。

累計データから、看護師、准看護師で介護支援専門員の有資格者は約14万6千人となり、介護福祉士の14万7千人とほぼ同数となる。他職種については、「相談援助業務従事者・介護等業務従事者」が10.4%である以外、いずれも10%に満たない割合で、全体の6割強が介護福祉士・看護師になっている。

■全国・県別状況では、全国の受験者数133,076人 合格者数合計29,191人 合格率合計 21.9%。
・受験者数順位では、1.大阪府 11,007人 2.東京都 10,796人 3.神奈川県 7,761人。
・合格者数順位では、1.東京都 2,545人 2.大阪府 2,484人 3.神奈川県1,876人
・合格率順位では、1.香川県 26.4% 2.京都府 26.0% 3.愛知県 25.8%。








posted by さんすけ at 18:30 | Comment(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

福祉情報技術コーディネーター

(財)全日本情報学習振興協会主催の平成21年 第17回「福祉情報技術コーディネーター認定試験」の受験申し込み受付中です。
試験は1級、2級A、2級B、 3級、の4ランクです。

※申込期間:平成20年12月8日(月)〜 平成21年1月22日(木)
※本試験日:平成21年2月22日(日)
※試験会場:東京、大阪、名古屋
※受験料 :1級 10,500円 2級 8,400円 3級 5,250円

「福祉情報技術コーディネーター認定試験」は、障害者や高齢者のためのパソコン環境整備と技術指導ができる指導者の能力を認定する試験です。試験は2月・6月・10月の年3回実施され、受験資格に制限はありません(申込み時18歳以上)が、併願はできません。

試験は、1級120分、2級90分、3級60分の筆記試験(マークシート)のみで、科目は支援技術テクノロジー、パソコン知識、障害教養総論の3分野で構成され、いずれの科目も80%以上の正解が求められます。
出題内容は、大きく分けて、支援技術と障害教養総論に分かれています。障害教養総論は介護分野での経験のある方なら、一般知識なので難しくない、医師、看護師、社会福祉士、介護福祉士などは、障害教養総論の問題の全部または一部が免除される。なお、1級では小論文の問題も出題される。
資格取得後は社会福祉施設や医療機関などに勤務して、情報技術分野で活躍できる。


■難易度: 「C」やや易
   合格率 3級 30%程度

■教材:
協会案内書籍
福祉情報技術コーディネーター試験教材(公式テキスト)



      詳しい内容はこちらをご覧ください。
       ⇒福祉情報技術コーディネーター試験

posted by さんすけ at 09:09 | Comment(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

福祉環境コーディネーター

2008年度第21回「福祉環境コーディネーター試験」の申し込み受付が今週から始まります。受験級は1級、2級、3級です。
※申込期間(個人)9月9日(火)〜10月10日(金)
※本試験日    11月23日(日)

「福祉住環境コーディネーター」は、高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を提案するアドバイザーです。
試験の受験資格は制限はありません。飛び級受験や、3・2級を同日に受験することもできますが、1級は2級に合格されていることが条件です。

試験方式は3級、2級はマークシート方式で制限時間は2時間。100点満点で70点以上で合格です。1級はマークシート方式と記述式試験になります。

■難易度: 1級 「A」難関
   合格率 2級 48.7%  3級 46.1% (第20回) 
1級 5.9% (第19回)

■教材:
・各地商工会議所でセミナーを実施しています。詳細は各地商工会議所へ直接お問い合わせください。
福祉環境コーディネーター試験対策



     詳しい内容はこちらでご覧ください。
      ⇒東京商工会議所

posted by さんすけ at 09:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

介護資格の取得要件

高齢化による介護ニーズや認知症の増加に対応するため、介護人材の質の向上を目的とした資格制度の見直しが進み、昨年、社会福祉士及び介護福祉士法が改正され、2012年4月以降、資格取得の要件が厳しくなることが決まりました。

例えば、介護の国家資格である介護福祉士においても、法改正により、2012年4月以降は、これまで自動的に資格が与えられた養成施設卒業生にも国家試験が課せられます。3年以上の実務経験者も、国家試験を受ける前に、養成施設で6ヶ月以上の受講が必要になります。
講習時間も養成施設や祉系高校でも1800時間に増え、カリキュラムも、より実践的な介護の知識、技術を学ぶ内容になります。

ホームヘルパーに対する研修も強化されます。2006年にはホームヘルパー1級の上位に介護職員基礎研修が新設されました。これはホームヘルパーから介護福祉士を目指す際のステップとするためです。
2012年をめどに、ホームヘルパー1級を介護職員基礎研修に統合し、将来は2級も含めて一元化するのが国の方針。3級は来年4月から、介護保険で訪問介護を行うことができなくなり、事実上廃止されます。

国は、ホームヘルパーから介護福祉士へのステップアップを促し、将来的には、介護福祉士を基本の資格とすることを目指しています.
ただ、現状では、介護職員のうち介護福祉士は、施設で4割、在宅サービスで2割以下にとどまっています。






posted by さんすけ at 07:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

社会福祉士

「第21回(平成20年度)社会福祉士国家試験」の受験申込書の受付(提出)期間は、平成20年9月4日(木曜日)から10月3日(金曜日)までです。
受験希望の方は、あらかじめ受験の申込みに必要な書類「受験の手引」を取り寄せる必要があります。

「社会福祉士」は社会福祉士及び介護福祉士法に基づいた国家資格で、生活困難に直面している人に対して、社会福祉の専門的知識や技術をもって相談に応じ、問題解決に向けて援助する専門職です。介護保険制度や障害者支援費制度に伴って注目される資格です。

試験は毎年1回・1月下旬に、全国19の都道府県で行われます。全問が出題形式は5つの選択肢から1つを選ぶマークシート方式の筆記試験です。出題数/150題、試験時間間/240分。
合格基準は(1)問題の総得点の60%程度を基準として、問題の難易度で補正した点数以上の得点の者(2)出題科目の「14の得点群」すべてに得点があった者(1群でも「0点」があったら不合格)、となっています。
また、この試験には受験資格が必要です。こちらでご覧ください。

■難易度: 「B」普通の上  平成19年度合格率 
   受験者数 45,022名 合格者数 12,345名 合格率  27.4%

■教材:
社会福祉士試験教材



    詳しい内容はこちらでご覧ください。
     ⇒(財)社会福祉振興・試験センター



posted by さんすけ at 08:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

介護福祉士

厚労省が、「第21回介護福祉士国家試験」の概要を発表した。

発表によると、筆記試験は2009年1月25日、実技試験は09年3月1日。
受験書類の提出先は財団法人社会福祉振興・試験センター。
受験書類の受付期間は08年8月6日から9月5日までとなります(当日消印有効)。受験手数料は12,800円。

筆記試験の科目は、社会福祉概論、老人福祉論、障害者福祉論、リハビリテーション論、社会福祉援助技術(演習含む)、レクリエーション活動援助法、老人・障害者の心理、家政学概論、医学一般、精神保健、介護概論、介護技術、形態別介護技術。

筆記試験の開催地は、北海道、青森県、岩手県、宮城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、石川県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、岡山県、広島県、香川県、愛媛県、福岡県、熊本県、鹿児島県、沖縄県。実技試験の科目は、介護などに関する専門的技能。実技試験は、北海道、青森県、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、鹿児島県、沖縄県で実施する。

合格者の発表は、09年3月31日午後に、厚生労働省および社会福祉振興・試験センターにその受験番号を掲示して発表するとともに、社会福祉振興・試験センターのホームページ上に合格者の受験番号を掲載する。

その他、受験資格の詳細などが発表されているので、受験予定者は確認が必要。

     詳しい内容はこちらでご覧ください。
      ⇒(財)社会福祉振興・試験センター

■難易度:  「C」やや易         受験者数 合格者数 合格率      
第17回(平成17年) 90602    38576 42.6%
第18回(平成18年) 130034    60910 46.8%
第19回(平成19年) 145946    73606 50.4%

■教材:
介護福祉士試験教材




posted by さんすけ at 08:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

サービス介助士(ケアフィッター)

「サービス介助士」とは、心のバリアフリーを目指した意識改革や、お年寄りや体の不自由な人に対する「おもてなしの心」と「介助技術」を身につけるための資格で、高齢者や障害者の方々に気分よくサービスを受けていただくため、果たすべき役割や責任が重要な仕事です。

今後、高齢化が進み、2020 年には日本国民の 4 人に 1 人が高齢者となる超高齢社会が訪れます。「サービス介助士」は、ますます社会で必要とされる資格だと言えます。
今まで家に閉じこもっていた高齢者や障害者の方々が、安心して街へ出ていくことのできる、社会的・心理的環境づくりが求められています。

中高生向けの「サービス介助士3級検定」と、一般向けの「サービス介助士2級検定」があります。サービス介助士2級検定資格を取得する場合は、NPO法人日本ケアフィットサービス協会が主催する「サービス介助士2級検定取得講座」を受講する必要があります。講座は、定められた提出課題をクリアし、実技教習(12時間)を受講し、実技教習の最後に検定試験(三択形式の問題100問)を受験します。合否の結果によって、合格者には「サービス介助士2級認定証」が発行されます。
100点満点中70点以上が合格になります。
不合格の場合は修了証を授与されます。再度筆記試験のみ受験できます。
  ※受講日程はこちらをご覧ください。

受験資格はありません。誰でも受講、受験できます。講習後の試験は筆記試験。受講料は実技教習39,900円です。
講座は、通信過程カリキュラム(〜6ヶ月)と実技教習過程カリキュラム(6ヶ月)と筆記試験に分かれています。

■難易度   「D」易しい   合格率は85%〜95%

■教材:
サービス介助士対策教材
   

    詳しい内容はこちらでご覧ください。
     ⇒日本ケアフィットサービス協会
posted by さんすけ at 10:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

認知症ケア専門士

2008年「第4回認知症ケア専門士認定試験」の申し込み受付中です。期間が短いので受験希望者は早めに申し込みを済ませてください。

「認知症ケア専門士」は、314万人という要介護認定者の半数にあたる149万人の認知症高齢者、さらにその家族にとって最重要課題となっている避けては通れないこのテーマに対し、認知症ケアに対する優れた学識と高度な技術,および倫理観を備えた専門技術士を養成し,わが国における認知症ケア技術の向上ならびに保健・福祉に貢献することを目的として設けられた,日本認知症ケア学会が認定する更新制の資格です。

    【第4回認知症ケア専門士認定試験の概要】
●受験資格:認知症ケアに関連する施設,団体,機関等において試験実施年の3月31日より過去10年間(1998年4月1日〜2008年3月31日)において3年以上の認知症ケアの実務経験(教育・研究・診療も含む)を有する者。
●申請期間:2008年4月1日(火)〜4月30日(水)消印有効
●試験日時:一次試験 2008年8月3日(日)9時30分〜16時20分
●試験地 :札幌,仙台,東京,名古屋,大阪,福岡
●試験形式:
・一次試験 4分野合計200問(マーク式・五者択一)
・二次試験 論述 面接
●申請方法:指定様式に必要事項を記入し、専用封筒を使用し,簡易書留で郵送。
■教材:
認知症ケア専門士認定試験対策教材

     詳しい内容はこちらをご覧ください。
      ⇒第4回認知症ケア専門士認定試験


    ※受験に関する詳しい内容はこちらをご覧ください。
        ⇒認知症ケア専門士認定試験



posted by さんすけ at 07:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉・介護関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。