今年、資格試験にチャレンジされる方に、資格試験の日程の他、試験結果、試験の難易度、受験対策などの各種の最新情報を掲載しています。

2017年11月08日

医療事務の現場で評価されている資格試験

昨年、資格スクール大手の(株)フォーサイトがマクロミルモニタを利用して、全国の「医師(院長、開業医)」、「医療事務員(役職あり)」、「医療事務員(役職なし)」、各103名(合計309名)を対象に、医療事務に関する調査を行いました。
調査内容は、80種類以上ある医療事務資格・試験の中で主要な資格・試験についての調査で、「医療事務従事者に持っていてほしい・合格してほしいと思う資格・試験はありますか。」という質問です。調査結果は以下のようになりました。

【結果】「持っていてほしい・合格してほしい」と答えた数が多い順に並べています。
@診療報酬請求事務能力認定試験
A医療事務技能審査試験(メディカル クラーク)
B診療情報管理士
C保険請求事務技能検定
D医療事務実務能力認定試験
E医療実務士
F医療事務(医科)能力検定試験
G医療保険士
H医科 医療事務管理士技能認定試験
I -

これから医療事務の仕事に就くために資格を取得しようと思っておられる方は、医療事務の資格が多くて、どれを受けたらいいのか分からず、困っておられたのではないでしょうか。ぜひ、上記ランキングを参考にして、よく資格の内容を読んでから決められたらいいと思います。医療事務は資格がなくても仕事はできますが、全く医療事務の知識のない人が採用されることはまずありません。医療事務の知識習得のためには、まず上記の試験のどれかを受験し、合格しておくことをお奨めします。採用時にも有利に働くことは間違いないと思います。
※各試験について、もっと詳しい内容を知りたい方、受験勉強を知りたい方はこちら「医療事務に関する各種の情報」を参照ください。





posted by さんすけ at 16:19 | Comment(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

医療・福祉系国家試験の試験結果

9月1日に平成29年度(平成30年度実施)の医療・福祉・介護系国家試験の日程が官報で発表され、このブログでも掲載しました(平成29年度の医療・福祉・介護系国家試験日程)が、それらの試験に来年チャレンジされる方は、これからがまさしく受験勉強本番になりますが、昨年度(平成29年実施)の各試験の実施状況(新卒の受験者数、合格者数、合格率などの結果のほか、大学別の結果など)の旺文社発行のデータがありましたので、参考になればと思って掲載しておきます。

◆平成29年 第111回医師国家試験
厚生労働省により発表された、第 111 回 医師国家試験(平成 29 年 2 月実施)の合格者数は 8,533 人、合格率は 88.7%(前年比 2.8 ポイントダウン)。合格率に関しては、過去 10年間で最低だった。なお、13 日に同省より、30 年の第 112 回 医師国家試験から、出題数を現行の 500 問から 400 問に減らし、試験日数も 3 日間から 2 日間に短縮するとの発表があった。この変更が試験結果にどう影響するか、注目だ。
ここでは、第 111 回 医師国家試験の受験合格状況などを紹介する。
 ⇒第111回医師国家試験結果と分析の詳細

平成29年 第110回歯科医師国家試験の結果と分析
平成29年 第102回薬剤師国家試験の結果と分析
平成29年 第106回看護師国家試験の結果と分析
平成29年 第31回管理栄養士国家試験の結果と分析
平成29年 第52回理学療法士・作業療法士国家試験の結果と分析
平成29年 第30回臨床工学技士国家試験の結果と分析
平成29年 第69回診療放射線技師国家試験の結果と分析
平成29年 第63回臨床検査技師国家試験の結果と分析
平成29年 第19回言語聴覚士国家試験の結果と分析
平成29年 第29回社会福祉士国家試験の結果と分析
平成29年 第19回精神保健福祉士国家試験の結果と分析
平成29年 第68回獣医師国家試験の結果と分析


posted by さんすけ at 06:42 | Comment(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

医療・介護系国家試験 日程発表

厚生労働省は昨日(9月1日)、医療・介護系の平成29年度国家試験(平成30年度実施)の日程を発表しました。
 
第41回救急救命士国家試験の案内         
平成29年度歯科技工士国家試験の案内       
第27回歯科衛生士国家試験の案内         
第31回義肢装具士国家試験の案内         
第31回臨床工学技士国家試験の案内        
第20回 言語聴覚士国家試験の案内         
第26回柔道整復師国家試験の案内          
第26回きゅう師国家試験の案内            
第26回はり師国家試験の案内             
第26回あん摩マッサージ指圧師国家試験の案内  
第48回視能訓練士国家試験の案内          
第53回作業療法士国家試験の案内          
第53回理学療法士国家試験の案内          
第64回臨床検査技師国家試験の案内         
第70回 診療放射線技師国家試験の案内 
第103回薬剤師国家試験案内    
※2018年2月・3月試験の日程はこちらでまとめて確認できます。
   ・2018年2月試験日程(現在確定している試験のみです)
  ・2018年3月試験日程(現在確定している試験のみです)

posted by さんすけ at 06:14 | Comment(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月06日

在宅診療報酬技能認定試験

厚生労働省の医療方針が「入院医療」から「在宅医療」へと大きくシフトチェンジしたことに伴い、今後、わが国では「在宅医療」が医療提供の重要な柱の一つとなってきます。
また、それに伴って在宅医療を担う医療機関では、在宅診療報酬を十分に理解し、正確な請求事務ができる人材を求めています。
ただ、在宅診療報酬は、医療保険と介護保険の双方が複雑に絡み合うため複雑です。医療と介護の両保険制度を理解し、在宅診療報酬と介護報酬を正確に算定できるスキルが必要となります。
そのため、医療事務講座を開設している機関では、「在宅診療報酬技能」認定のための資格制度を創設し、資格取得のための試験をこの新年早々からはじめるところが出てきています。

例えば、技能認定振興協会(JSMA)は、2014年1月より「在宅診療報酬技能認定試験」を開始し、試験の合格者には「在宅診療報酬事務管理士」の称号を付与します。また、ソラストでは「在宅医療・介護事務講座」を通信コースで開設しました。このコースも講座修了後に技能認定振興協会(JSMA)主催の在宅診療報酬技能認定試験を受験し、合格すると在宅診療報酬事務管理士の資格が取得できるというコースになっています。

この在宅診療報酬技能認定試験は選択式の学科試験で、出題範囲は「医療・介護保険制度」「公費負担医療制度」などの法規に関する知識、および「診療報酬点数・介護報酬単位数の算定方法」「診療報酬・介護報酬明細書の点検」といった保険請求事務に関する知識などです。

今後、在宅医療を実施しようとしている病院、診療所に従事している医療事務スタッフや、ホームヘルパー、介護福祉士、ケアマネジャーなど、介護職に従事している方は、早い機会に資格を取得しておくと将来的にも役立つことが期待できる資格だと思います。

第1回試験の試験日は2014年1月26日(日)。申込期間は2013年12月22日(日)から2014年1月10日(金)までです。受験料は税込2100円。

       詳しい内容はこちらで確認ください。
         ⇒技能認定振興協会(JSMA)「在宅診療報酬技能認定試験」


■その他の主要資格試験 最新ニュース
『東京都技術職員採用フォーラム2014』の開催について
2014年1月度資格試験の日程
平成25年度 地方公務員試験日程一覧
主要資格試験 平成25年度試験結果一覧







posted by さんすけ at 10:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月16日

医療福祉連携士

「医療福祉連携士」という資格をご存じでしょうか。
この資格は、医療・福祉分野の連携・調整のエキスパートとして、2011年度に日本医療マネジメント学会がスタートさせた認定資格です。医療福祉連携士認定制度として平成23年にスタートした新しい制度です。

「医療福祉連携士は、医療・福祉分野の連携・調整のエキスパートとして、地域の医療及び福祉の円滑な連携の推進に寄与し、質的な向上を図ることによって、限られた医療及び福祉機能の効率化を図り、国民の医療及び福祉に資することを目的する」、とされています。

この認定試験を受験するためには、
@学会の会員であること
A医療福祉連携講習会を修了する
B以下の何れかの条件を満たす
 ◆地域医療連携室及び地域包括支援センター等において、2年以上の医療福祉連携に関する実務経験を有した者。ただし、講習会修了時に実務経験が2年経過していない者でも、5年以内にその見込みのある者についてはその限りではない。
(注)医療福祉連携士としての認証登録は実務経験が2年経過したあとに行う
 ◆学会が認定した医療系並びに福祉系の国家資格並びに国家資格に準ずる資格を有する者。
・医療系の国家資格等:医師、歯科医師、薬剤師、保健師
・助産師・看護師・准看護師、作業療法士
・理学療法士・言語聴覚士、視能訓練士、臨床検査技師、診療放射線技師、管理栄養士、
・福祉系の国家資格等:精神保健福祉士、社会福祉士、介護福祉士、その他学会が認める国家資格
・その他国家資格に準ずる資格:臨床心理士、その他学会が認める国家資格に準ずる資格
※講習は医療福祉に関心のある方であれば、誰でも受講できます。

       詳しい内容はこちらで確認ください。
         ⇒医療福祉連携士の会


■その他の主要資格試験 最新ニュース
国家公務員試験、一般職高卒程度への申込者増
全解工連 解体工事施工技士試験を12月1日に開催
「不正検査士」知ってる? 粉飾・脱税など調査










 
posted by さんすけ at 08:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月01日

看護師

先日の2月17日(日)に、平成24年第102回「看護師国家試験」が実施されました。
この試験は、毎年5万人以上の受験生が受験する試験ですが、それでも今の日本では、高齢化の進行により、看護師の需要が急増していると言われています。

看護師になるためには、高校卒業後に専門学校などの看護師養成所で3年以上勉強し、国家試験に合格しなければなりません。加えてこの仕事は、昔から女性の仕事というイメージが強く、就職や転職を考える男性はほとんどいないのが実状でした。しかし、実は男性にとっても意外に狙い目の資格であることが分かってきました。

確かに、専門学校などの学費は年間100万円ほどかかるため、かなり厳しいのですが、ここを何とかしのいで、看護師の資格さえ取ってしまえば、年齢や性別を問わずに一生続けられる仕事であるだけでなく、景気にも左右されることはありません。これは他の男性向きの仕事には少ない利点の一つです。

それでは、現状はどうかと言うと、平成23年の看護関係統計資料を見ると、男性の看護職は全体の5%強で、徐々に増える傾向にあります。それに、その中には男性の看護師長や部長などの管理職もいるようです。
一方で、看護師の求人状況はと言えば、厚生労働省の調査によると「2013年で約4万2000人の看護師が不足すると予想される上に、これからさらに高齢化が進み、医療や介護を必要とする人が増えるため看護師の需要は高まっていく」と結論付けています。

最後に、待遇面では「勤続10年の看護師(非管理職)で月給約32万円」ということなので、総合的に見て、男性にとっても「狙い目の資格」であることは十分認識できると思います。

一般的な男性の仕事と違うため、少々気になる点と言えば、
@女性と働くことが多くなるため、職場の女性仲間と良好な関係を築けるかどうかという点。
A生命に関わる仕事なので、時には人の死を目の当たりにすることもあるため、相手を思いやる気持ちや感情のコントロールが必要になるところ。
このような自分の気持ちや心の部分をしっかりとコントロールできれば、それだけやりがいのある仕事であることは確かです。

        試験の詳しい内容はこちらで確認ください。
            ⇒看護師国家試験


■その他の主要資格試験 最新ニュース
変わる学びマーケット。資格やスキルを取得したいと考える女性は35-44歳が中心の時代に!
資格を取る意味ってなんだろう?
第2回ユニヴァーサルデザイン検定
「朝型」「毎日コツコツ」…実は良くない勉強法?








ラベル:看護士
posted by さんすけ at 10:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月16日

医療・福祉に関わる実務能力認定試験の日程

特定非営利活動法人 医療福祉情報実務能力協会が主催する、各種の医療・福祉に関わる実務能力認定試験の平成25年度日程が発表されました。

【医療事務実務士(R)1・2級】
第31回
試 験 日 :平成25年7月7日(日)
願書受付期間:平成25年4月15日(月)から平成25年5月24日(金)
合 否 発 表 :平成25年8月2日 (金)

第32回(2級のみ実施)
試 験 日 :平成25年9月8日(日)
願書受付期間:平成25年7月22日(月)から平成25年8月16日(金)
合 否 発 表 :平成25年10月18日(金)

【医療秘書管理実務士TM1・2級】
第31回
試 験 日 :平成25年7月7日(日)
願書受付期間:平成25年4月15日(月)から平成25年5月24日(金)
合 否 発 表 :平成25年8月2日 (金)

第32回(2級のみ実施)
試 験 日 :平成25年9月8日(日)
願書受付期間:平成25年7月22日(月)から平成25年8月16日(金)
合 否 発 表 :平成25年10月18日(金)

第33回
試 験 日 :平成25年12月1日(日)
願書受付期間:平成25年9月17日(火)から平成25年11月1日(金)
合 否 発 表 :平成26年1月24日(金)

【認定医師秘書TM(医師事務作業補助者実務無能力認定試験)】
第16回
試 験 日 :平成25年7月7日(日)
願書受付期間:平成25年4月15日(月)から平成25年5月24日(金)
合 否 発 表 :平成25年8月2日 (金)

第17回
試 験 日 :平成25年9月8日(日)
願書受付期間:平成25年7月22日(月)から平成25年8月16日(金)
合 否 発 表 :平成25年10月18日(金)

第18回
試 験 日 :平成25年12月1日(日)
願書受付期間:平成25年9月17日(火)から平成25年11月1日(金)
合 否 発 表 :平成26年1月24日(金)

【調剤事務実務士(R) 】
第31回
試 験 日 :平成25年7月7日(日)
願書受付期間:平成25年4月15日(月)から平成25年5月24日(金)
合 否 発 表 :平成25年8月2日 (金)

第32回
試 験 日 :平成25年9月8日(日)
願書受付期間:平成25年7月22日(月)から平成25年8月16日(金)
合 否 発 表 :平成25年10月18日(金)

第33回
試 験 日 :平成25年12月1日(日)
願書受付期間:平成25年9月17日(火)から平成25年11月1日(金)
合 否 発 表 :平成26年1月24日(金)

【メディカルケアワーカー (R) (看護助手)1・2級】
第27回
試 験 日 :平成25年7月7日(日)
願書受付期間:平成25年4月15日(月)から平成25年5月24日(金)
合 否 発 表 :平成25年8月2日 (金)

第28回
試 験 日 :平成25年9月8日(日)
願書受付期間:平成25年7月22日(月)から平成25年8月16日(金)
合 否 発 表 :平成25年10月18日(金)

第29回
試 験 日 :平成25年12月1日(日)
願書受付期間:平成25年9月17日(火)から平成25年11月1日(金)
合 否 発 表 :平成26年1月24日(金)

【薬剤情報担当者(R) 】
第32回
試 験 日 :平成25年7月7日(日)
願書受付期間:平成25年4月15日(月)から平成25年5月24日(金)
合 否 発 表 :平成25年8月2日 (金)

第33回
試 験 日 :平成25年12月1日(日)
願書受付期間:平成25年9月17日(火)から平成25年11月1日(金)
合 否 発 表 :平成26年1月24日(金)

【介護事務実務士(R)】
第31回
試 験 日 :平成25年7月7日(日)
願書受付期間:平成25年4月15日(月)から平成25年5月24日(金)
合 否 発 表 :平成25年8月2日 (金)

第32回
試 験 日 :平成25年12月1日(日)
願書受付期間:平成25年9月17日(火)から平成25年11月1日(金)
合 否 発 表 :平成26年1月24日(金)

         詳しい内容はこちらで確認ください。
           ⇒NPO法人 医療福祉情報実務能力協会


■その他の主要資格試験 最新ニュース
学生の学力「低下」の医学部が9割超
不動産コンサルティング技能試験の受験者1186人に。昨年より増える







ラベル:医療・福祉
posted by さんすけ at 11:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

心理カウンセラー

依頼者の抱える悩みや問題に対して、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助のことを「カウンセリング」と言い、カウンセリングを行う人のことを「カウンセラー」と言います。
カウンセラーと言うのは広義にいえば「相談役」という意味で、不動産カウンセラーやら産業カウンセラーなどいろいろありますが、こういう人間の心の問題に立ち入って相談を受けるのが心理カウンセラーです。

心理学的な知識を有し、それを活用して相手の心理的な問題や苦悩を軽減する仕事をする人を「心理カウンセラー」と呼びますが、実際に働く場面や雇用形態などは千差万別です。
そのため、「カウンセラー」の肩書に人は、イコール心理カウンセラーと言うわけではありません。心理カウンセラーとして働く上で特定の資格というものはなく、それが介護施設の職員でカウンセラー的な役割を担っている場合もあり、また養護教員がカウンセラーを兼ねている例なども有ります。ただ、心理カウンセラーの学問的基盤は、心理学・応用心理学の一分野である臨床心理学が中心的になっているということだけは共通しています。

心理カウンセラーとして働くのに特別の資格は必要ありませんが、たくさんある資格のうちで、説得力があるのは臨床心理士でしょう。最近では、働く人間のケアを主眼とする産業カウンセラーも注目されています。

心理カウンセラーにふさわしい人としては、人に対して純粋な心で接することができる人、人に対して温かい心で接することができる人でしょう。また、人と深くかかわっていく職業であるため、自分自身をも深く細かく見つめられる冷静な自己分析力が大切になります。知識だけではなく、併せて人間性も共に養っていくことが優秀な心理カウンセラーへの第一歩になります。

※「心理カウンセラー」を目指したい人は、まずスクールや講座の情報を集める必要があります。
        ⇒通学講座やスクールの情報

        ⇒通信講座の情報



■その他の主要資格試験 最新ニュース
専門医認定、独立機関で 厚労省方針、技術向上へ基準統一
「古民家鑑定士」シニア優遇制度を開始 住まい教育推進協会 
第12回eco検定合格対策「総仕上げ、直前ポイントアップ講座」(大阪、名古屋、東京、横浜)
日販読書推進企画 「夏のブンコ検定2012」開催








ラベル:カウンセラー
posted by さんすけ at 07:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

精神保健福祉士

先週、厚生労働省が障害者の社会進出をさらに促すため、新たに精神障害者の採用を企業に義務づける方針を発表したが、今日また精神的な病気に追い込まれるなどで、昨年度、労災と認定された人は325人で、これまでで最も多くなったことが厚生労働省のまとめで分かった、というニュースが出ている。

現在の日本はストレス社会になりつつあり、社会人にもうつ病の人など、出社拒否の症状のある人などが増え続けています。そういった精神的な病気に追い込まれた人々に対する社会復帰や社会参加支援への対応が、先進国の中でも特に遅れている状況が続いています。
この状況から抜け出すため、また国民の精神健康を維持するために、これからの社会には欠かせない有望資格の一つが「精神保健福祉士」です。

精神保健福祉士は、社会福祉士、介護福祉士と並んで「三福祉士」と呼ばれる福祉の国家資格の一つです。社会福祉士は高齢者、身体障害者の医療から福祉行政や司法まで、福祉の全分野を管轄しますが、精神保健福祉士は精神障害者の医療や保険、福祉分野での専門家です。

仕事上のつながりから、精神保健福祉士の中には社会福祉士の資格を取得しようとする人や、反対に社会福祉士の有資格者も、専門的知識を高める目的で精神保健福祉士の資格を目指す人も多いようです。
一般的に福祉関係の資格は、仕事上でのつながりや関連性が高く、必要な知識も似ているため、1つの資格を取った後に別の関連する資格を取得する、という方法で福祉関係の資格を知識とともに増やして、仕事の幅を広げていくことが可能な分野です。

精神保健福祉士の資格を取得するには、専門の大学を卒業した後に国家試験を受けてその後登録する方法のほかに、一般の大学の卒業者でもその後に実務経験や通信教育などを受けた後に試験を受ける資格が与えられるなど、いく通りかの取得のルートがあります。
@ 保健福祉系大学等(4年)で指定科目履修 → 国家試験 → 登録
A 保健福祉系短大等(3年)で指定科目履修 → 相談援助実務1年 → 国家試験 → 登録
B 保健福祉系短大等(2年)で指定科目履修 → 相談援助実務2年 → 国家試験 → 登録
C 福祉系大学等(4年)で基礎科目履修 → 短期養成施設等(6ヶ月)→ 国家試験 → 登録
D 福祉系短大等(3年)で基礎科目履修 → 相談援助実務1年 → 短期養成施設等(6ヶ月) → 国家試験 → 登録
E 福祉系短大等(2年)で基礎科目履修 → 相談援助実務2年 → 短期養成施設等(6ヶ月) → 国家試験 → 登録
F 社会福祉士 → 短期養成施設等(6ヶ月) → 国家試験 → 登録
G 一般系大学等(4年) → 一般養成施設(通学制1年または通信制2年) → 国家試験 → 登録
H 一般系短大等(3年) → 相談援助実務1年 → 一般養成施設(通学制1年または通信制2年) → 国家試験 → 登録
I 一般系短大等(2年) → 相談援助実務2年 → 一般養成施設(通学制1年または通信制2年) → 国家試験 → 登録
J 相談援助実務4年 → 一般養成施設(通学制1年または通信制2年) → 国家試験 → 登録

昨年9月末現在の登録者数は、全国で約5万2千人。今後、精神障害者に対する地域での生活支援重視という流れの中で、精神保健福祉士の役割・専門的機能はいっそう重要視され、求められるものと思われます。

          詳しい内容はこちらで確認ください。

            ⇒精神保健福祉士について
            ⇒精神保健福祉士試験について


■その他の主要資格試験 最新ニュース
公開講座受付中
無料ダウンロードできます(医師国家試験・歯科医師国家試験・保険師国家試験)
時事能力検定に全国で挑む
















posted by さんすけ at 07:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月16日

メンタル心理カウンセラー

ストレス社会と呼ばれる現在、働く職場では強い不安や悩み、ストレスを抱える心の病を持っている人の割合は3人に1人とも言われています。 現在では、メンタルヘルスの不調は、企業経営のリスク要因となるため、組織全体の心の健康レベルを引き上げることにより、企業の活性化や生産性の向上につなげようという動きが出てきています。

また、これは職場だけの問題にとどまらず、一般社会においても老若男女問わず精神的なストレスの影響を受け、立ち直るために誰かのサポートを必要とする人が急増しています。
このように、ストレスの増大により悲鳴を上げている現代社会には心理カウンセラーの存在は必要不可欠として、一方では、そのため心理系の資格が次々に生まれています。

メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士などのメンタルケア系資格の他に、精神対話士、心療カウンセラー、心理カウンセラーなどメンタルケアの専門家資格などもたくさん誕生しています。

どの資格が本当に役立つのか分からないほど林立している中、最近特に注目を浴びているのが「メンタル心理カウンセラー」という、取得できればたいへん社会的意義の高い資格です。
ある通信講座の大手会社が調査した結果、「35歳女性にお勧め人気ランキング」のNo1にこのメンタルヘルス心理カウンセラーが選ばれました。
35歳ころの女性は、結婚・出産を経験し、家庭と育児を両立しながらの多忙な毎日の中でも、仕事復帰への気持ちを持っており、自分自身のアンチ・エイジングのためにも真剣に取り組める資格で、家事の合間にも独立開業が可能な資格、と紹介されています。
      人気ランキングの記事はこちらでご覧ください。
        ⇒25歳、35歳から「女性のためのお勧め人気資格」ベスト5は?

※「メンタル心理カウンセラー」と言っても、またこの資格もいくつかのスクールや講座があるようです。どの講座を受講するのが良いのかは良く分かりませんので、関心をお持ちの方は、いくつかを選んで、資料請求から始められたらいかがでしょうか。
      ⇒「心理カウンセラー」のスクール・通学講座一覧

      ⇒「心理カウンセラー」の通信講座一覧



■その他の主要資格試験 最新ニュース
CompTIA、「クラウド」分野の認定資格の日本語試験を提供開始
ドゥ・イット・ユアセルフ協会 24年度DIYアドバイザー資格試験の実施要領発表
初めての“女性の健康検定” 母の日に
平成24年度海上保安学校学生採用試験(特別)の申込状況










         
posted by さんすけ at 07:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月12日

MRM(メディカル・リスクマネジメント)資格

リスクへの対応は企業活動にとっての必須科目になっています。そのためには組織の再構築も必要とされ、その際、最も大切なことはリーダーのリスクに対する意識の改革です。リーダーには”危機管理”、すなわち、不測の事態に対応できる能力が必須条件になります。

このことは医療の分野でも同じです。医療の世界で働く人たちにとって、リスクは事前に分析し、その対策をとっておかなければならない重要課題の一つです。大きな医療機関ではリスクマネジメントの専門部署をおいているところも増えてきていますが、リスク管理の専門家育成に関しては、多くのハードルがあり、徹底できていないのが実状です。

リスクマネジメント協会が認定する「MRM(メディカル・リスクマネジメント)資格」は、医療過誤・事故や院内感染という患者や医療スタッフのリスク、および病院経営に関わるリスクを認知し、評価・査定する知識、技法、およびそのリスクに対する管理、回避、移転する知識・技法を取得していると認められた方に与えられる資格です。

この資格を取得するには、リスクマネジメント協会が認定した研修機関において「医療リスクマネジャー養成講座」を受講し、修了試験を受験します。この試験に合格すれば修了認定され、その後リスクマネジメント協会に入会手続きされた人に対して、リスクマネジメント協会認定資格が授与され、協会認定リスクマネジャーとして活動することが出来ます。

   <医療リスクマネジャー養成講座の概要>
・講座テキスト内容
 病院組織と人のマネジメント 医療現場から学ぶリスク改善事例集 患者満足度向上のためのマネジメント 医療過誤・事故の防止と対策 医療関連感染の防止と対策 医療情報システムとセキュリティ
・学習の流れ
テキストの学習→提出課題の作成→添削指導→模擬試験の提出→修了試験受験→ 修了試験合格→修了書の発行

<認定資格試験の概要>
・受験資格
 (1) 実務経験が3年以上ある方
 (2) 協会認定教育講座を修了した方
・試験形式
  集合試験による筆記試験
・出題形式
  筆記試験 3または4枝択一及び記述 問題数 80問/90分
・受験料
  10,500円
※現在、リスクマネジメント協会認定の各研修機関で、2012年度の試験申込受付中です。
 詳しい内容は下記で確認ください。
   
     ⇒リスクマネジメント協会認定の研修機関
       ビジネスブレーン社  ベック社
     ⇒リスクマネジメント協会

※病院経営にリスクマネジメントを取り入れることは時代の要請に応えるものです。リスクマネジメント協会の認定資格「MRM」は、病院の経営戦略の一環としてリスクマネジメントを導入した医療現場特有のリスクマネジメント資格です。できれば看護師さんにチャレンジしてほしい資格試験ですが、認定試験の合格率は約12%。そんなに簡単ではないかも知れません。

※リスクマネジメント協会認定のリスクマネジャーは9,000人。しかし、協会認定の資格はたくさんあり、リスクマネジャーの名のつく資格が5つほどある(MRMもその内の一つ)ため、各資格の取得者はわずかです。日本ではリスクマネジメントやリスク管理に関する資格は、まだほとんどなく、マイナーですが、これから日が当たり活躍できる要素は充分にあると思われます。



■その他の主要資格試験 最新ニュース
資格試験 ほっとコラム 都市計画法の改正(1)
「第2回パソコン自作力検定」が8月開催
院内感染対策のスペシャリスト資格、「医療環境管理士」試験の申込受付中







posted by さんすけ at 06:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

介護職員初任者研修課程

※厚生労働省は、介護職員の資質向上を目的として、将来的に介護職員の任用資格を「介護福祉士」に一本化する方針を示していますが、その段階的な移行に向け、まず現在のホームヘルパー養成研修から介護職員基礎研修へと、介護職員としての任用資格が引き上げられ、介護職員基礎研修の修了者は、ホームヘルパー1級課程の上位資格に位置付けられ、ホームヘルパー1級と介護福祉士の中間的な資格となります。


現在、介護現場で働こうとする人にとっての入り口になる資格は「ホームヘルパー2級」です。厚生労働省は、この現行のホームヘルパー2級(訪問介護員養成研修2級課程)を2012年度末で廃止する方針を固めています。そして、2013年度からは「介護職員初任者研修課程(仮称)」に移行させることが決まっています。
その「介護職員初任者研修課程(仮称)」では、訪問介護など在宅サービスを念頭に置いており、計130時間の講義・実習を受ければヘルパー2級は取得できることになります。
また、現在のホームヘルパー2級修了者は、2013年度以降は初任者研修の修了者と見なされ、そのまま引き続き働くことができます。

2013年に新しく設けられる初任者研修も、研修時間が計130時間ですが、在宅だけでなく施設の基本的な介護業務にも携われるように、カリキュラムでは「介護における尊厳の保持・自立支援」、「介護・福祉サービスの理解と医療の連携」、「認知症の理解」、「生活支援技術」などの医療との連携や、急増する認知症高齢者の支援を学ぶ科目を新設し、演習を充実させるほか、修了時には理解度を確認する筆記試験も課されることになっています。これは、カリキュラムをレベルアップさせることで、介護人材の質を高めるのが狙いになっているようです。

また、現行の「ホームヘルパー1級(訪問介護員養成研修1級課程)」と、500時間の講義・演習・実習からなる「介護職員基礎研修課程(基礎研修)」の2課程については、経験者が介護福祉士国家試験を受験する際に義務付けられる450時間の実務者研修に、2013年度から統合されることになります。
現行のホームヘルパー1級修了者と基礎研修修了者は、初任者研修の修了者と見なされ、実務者研修を受講する際には一部の研修科目の免除を受けることができます。
◆ホームヘルパー養成講座2級課程修了者
・実務経験1年未満の場合 150時間免除 ・実務経験1年以上の場合 350時間免除
◆ホームヘルパー養成講座1級課程修了者 440時間免除

        ⇒ 介護職員基礎研修講座


さらに、「ホームヘルパー3級(訪問介護員養成研修3級課程)」も12年度末で廃止されることが決まっています。
 

尚、介護現場で3年以上の実務経験のある人が介護福祉士国家試験を受験する際に新たに義務付けられる実務者研修のカリキュラムを450時間と規定した改正省令が公布されました。
2015年4月1日付で施行するため、同年度(16年1月実施予定)の国家試験を受験する人から、この研修を受講することが求められます。

国家試験受験者が前もって修了する必要がある研修のカリキュラムは、「介護の基本」や「認知症の理解」、「医療的ケア」など450時間の実務者研修です。
ただ、既に受講した訪問介護員研修や介護職員基礎研修、地域の団体による一定の内容・質が担保された研修については、実務者研修の一部カリキュラムとして読み替えることができるようになっています。
また、3年以上の実務経験者が実務者研修を修了した場合、2012年度以降は実技試験が免除される制度も盛り込まれています。

         
 
posted by さんすけ at 14:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

メンタルケア系資格

ストレス社会と呼ばれる現在、仕事や職業生活に強い不安や悩み、ストレスを抱える心の病を持っている人の割合は3人に1人とも言われています。 また、メンタルヘルス上の理由により連続1カ月以上休業し、または、退職した労働者がいる事業場は7.6%にも上ります。
これらの状況をふまえ、労働者のメンタルヘルス不調は、企業経営のリスク要因として見逃せない問題であるという認識が定着し、現在では、組織全体の心の健康レベルを引き上げることにより、企業の活性化や生産性の向上につなげようという考え方が出てきています。

こういう流れの中、今年の1月4日より、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士などの「メンタルケア系資格」が、特定非営利活動法人 医療福祉情報実務能力協会の認定からメンタルケア学術学会認定変更になりました。

また、(財)メンタルケア協会が主催する「精神対話士」の2012年講座が開講します。「精神対話士」は、「メンタルケア・スペシャリスト養成講座」の基礎課程と実践課程を受講・修了し、「精神対話士選考試験」に合格して、協会と業務委託契約を締結することによって「精神対話士」の資格証が交付され、協会からの依頼に基づく派遣によってクライアントに対する心のケアの活動を行うというものです。

          詳しい内容はこちらで確認ください。
             ⇒メンタルケア協会

さらに、一般社団法人 心療対話士協会が「メンタルケア検定3級」検定試験を実施すると発表しました。
この検定試験は、昨年9月に第1回試験が始まった新しい試験で、受験級が1級から3級まであります。
試験の開催地は東京と大阪、申込み期間が東京が1月22日(日)まで、試験が2012年2月5日(日)。大阪受験は、申込みが2月5日(日)まで、試験は2012年2月19日(日)です。

          詳しい内容はこちらで確認ください。
             ⇒メンタルケア検定

尚、一般社団法人 心療対話士協会では、協会が認定する「心療カウンセラー」の資格を修得し、メンタルケアの専門家を育てるための講座も開講しています。
「心理カウンセラー」の資格は、大手の資格取得・スクール・通信教育情報サイトの人気資格ランキングや、人気資格通信教育ランキングでも常に10位以内をキープしている人気資格になっています。

          詳しい内容はこちらで確認ください。
             ⇒心療対話士協会



■その他の主要資格試験 最新ニュース
「古民家鑑定士」試験に耐震診断新方式導入
動物看護師、訓練士、ペットブームで高就職率
●人事院の合格発表がありました。
平成23年度 海上保安学校(航空課程)採用試験の合格者発表
平成23年度 海上保安大学校採用試験の合格者発表
平成23年度 海上保安学校(航空課程)採用試験の合格者発表
平成24年度 関東地区 国立大学法人等職員採用試験




posted by さんすけ at 10:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月05日

メンタルケア心理士

特定非営利活動法人 医療福祉情報実務能力協会は、当協会が主催する「メンタルケア心理士(R)認定試験」の受験者数が2004年の試験開始以来、延べ1万人を突破したと発表しました。

「メンタルケア心理士(R)認定試験」は、医療・福祉・教育・産業・公共サービス等での相談援助や、心理カウンセリング、心理療法によるカウンセリングなどで求められる、心の健康維持やカウンセリングの専門家としての臨床心理に関する知識などの基礎能力を一定基準以上有していることを証明する資格認定試験です。合格者には資格認定証が授与されます。

また、この資格は、資格取得における知識と技術レベルを対応領域で示し、入門・基礎・応用と認定評価を分け、入門を「メンタルケアカウンセラー(R)」、基礎を「メンタルケア心理士(R)」、応用を「メンタルケア心理専門士(R)」と3ランクに分けられています。
また、これら3つのいずれの資格も文部科学省所管公益財団法人 生涯学習開発財団が第3者機関として後援・資格認定する試験になっています。

メンタルケア心理士は、ストレスや精神的な悩みを抱える現代においては、重要な役割を持つ心に関する専門家と言えます。医療や福祉に感心のある方にはおすすめの資格です。

試験の受験資格は、@当協会指定教育機関においてメンタルケア心理士講座の受講修了をした者、A認定心理士の資格保有している者、B産業カウンセラー初級の資格を保有している者、C文部科学省の定める4年制大学心理学部、学科または心理隣接学部、学科卒業者、のいづれかが必要になります。

試験は、年に4回実施されていますが、平成23年度の最終試験(第26回)の受付が来年早々に始まります。

       
       <平成23年度最終試験(第26回)の概要>
・願書受付期間:平成24年1月10日(火)〜2月10日(金)
・試験日   :平成24年3月25日(日)
・試験場所  :在宅試験
・受験料   :7500円
・出題形式  :筆記試験/学科20問  実技試験(論述式/800字程度)
・出題内容  :精神解剖生理学、精神医科学、カウンセリング基本技法などから出題される。
・試験の合格率:35〜40%
・試験の難易度:D 「易しい」
・受検者層  :全体の約70%が20代と30代の受験者で占められます。

        
         詳しい内容はこちらで確認ください。
          ⇒医療福祉情報実務能力協会



■その他の主要資格試験 最新ニュース
●平成24年度 防衛省職員採用試験が変更されます。
防衛省職員採用T・U・V種試験の廃止について
平成24年度からの採用方法
国際社会に必要なグローバル人材の能力を総合的に評価・認定する「グローバル力検定」が2012年より始まります。







posted by さんすけ at 07:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

応急手当普及員

平成18年から全国の消防機関で、2005年版の世界基準に沿った応急手当(救命手当)の普及が開始されました。その中で、「応急手当普及員」は、救命法を指導するために必要な技能と知識を有する者として設置された資格です。応急手当普及員になるには、消防本部が主催する講習を受講した後、筆記試験と実技試験に合格しなければなりません。

応急手当普及員は、消防機関による応急処置技能の普及を支援し救命講習をする役目を持ちます。例えば、突然に心肺停止した方を救命するためには、バイスタンダー(その場に居合わせた方)による応急手当が必要です。応急手当普及員は、バイスタンダーに対して応急手当を指導するための資格と言えます。
資格としては消防本部からの修了認定で「公的資格」になります。日本赤十字社の認定する救急法指導員に相当します。

主な指導内容には、心肺蘇生法をはじめとする応急手当、2005年4月からはAEDの講習も追加され、2010年からは人工呼吸は原則廃止になりました。

資格は、基本的には居住する自治体または通勤通学先の自治体のいずれかで取得が可能です。講習は、座学に実技、模擬講習などを3日間(24時間)かけて学んだのちに認定証が授与されます。

  
     <応急手当普及員講習の概要(東京都の場合)>
・主催:公益法人 東京防災救急協会
・対象:満18歳以上で、都内在住、在勤、在学の方
・受付:希望講習日の半年前から3日前まで
・講習日:2011年10月〜2012年 3月の講習日
・講習時間:9時00分〜17時00分 8時間×3日間(24時間)
・教材費:12,000円
・講習内容:普通救命講習、普通救命(自動体外式除細動器業務従事者)講習の指導要領を学ぶためのコース。
※事前に上級救命講習を受講されることをお勧めします。
※講習後に知識の確認と実技の評価があります。
・認定:一定のレベルに達すると東京消防庁消防総監の技能認定証(3年間有効)が交付されます。

       詳しい内容はこちらで確認ください。
         ⇒公益法人 東京防災救急協会

(注)
同じ消防本部からの修了認定で公的資格に「応急手当指導員」という資格がありますが、この資格は応急手当普及員と異なり、普通救命講習会をはじめ上級救命講習、応急手当普及員講習の講師になることができます。一般に医師や消防吏員(救急隊員や救急救命士)などが取得する資格です。
この資格を取得するには、救急救命士又は救急隊員の資格を有する者や、応急手当普及員の資格を有する者で応急手当指導員講習Vを修了したものなどの条件が必要になるため、一般の人が、いきなり応急手当指導員資格を持つことは無理があると思います。



■その他の主要資格試験 最新ニュース
若者と雇用 変化に合わせて挑戦を(毎日新聞 社説)
国会図書館職員採用試験は、平成24年度より試験制度が変更になります。
平成24年度 近畿地区国立大学法人等職員統一採用試験説明会が開催されます。
ネット英会話、認知していても9割が”実体験なし”





posted by さんすけ at 10:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

医療情報システム監査人

保健医療福祉分野におけるICT(Information and Communication Technology)の進展は、医療情報の有効活用を促進し、国民の健康に寄与しますが、情報漏えい等のリスクが飛躍的に高まります。そのため、医療情報をICTを有効活用するには、医療情報システムを安全に管理することが必須条件であるといえます。

「医療情報システム監査人試験」は、医療情報システムの運用や開発に従事する技術者の安全管理に関する知識やスキルを評価するものです。この結果をもとに、受験者は自分の実力を客観的に把握していき、継続的な医療情報システムの監査スキルの向上を実現するものです。

資格は、財団法人医療情報システム開発センターが主催し、認定する「公認医療情報システム監査人補(Medical Information System Certified Auditor-Associate:MISCA補)」と、「公認医療情報システム監査人(Medical Information System Certified Auditor:MISCA)」の2種類。試験に合格し、申請することで資格が取得できます。

今年の6月に第1回試験が実施されましたが、受験者数308人、合格者数142人で、合格率は46.1%でした。合格者の勤務先としては、一般企業が67%、保健医療福祉施設及び教育研究機関が31%を占めました。
第2回試験は、12月に実施されます。

        <第2回 医療情報システム監査人試験の概要>
・申込み受付:試験日の3ヶ月前〜1ヶ月前の2ヶ月間
・試験日  :2011年12月11日(日)
・対象者  :保健医療福祉分野の従事者、保健医療福祉分野関連企業に勤務する者、および学生等
・試験会場 :東京(お茶の水女子大学)、神戸(流通科学大学)
・受験料  :9,000円(税込み)
・問題形式 :多岐選択式(マークシート方式)試験科目 3科目 出題各40問/50分

     申込み方法、その他詳しい内容はこちらで確認ください。
         ⇒医療情報システム監査人試験制度の概要

尚、試験に関連して、「医療情報安全管理講習会・入門コース」が開講されています。
         ⇒講習会の内容




■その他の主要資格試験 最新ニュース
【とある企業の面接録】特別編「宅地建物取引主任者試験」(直前期その5)
デジタルアーカイブ・コーディネータ養成講座開講
経験者が4割─恒常化する「転職」 -転職希望者の4割が建設以外を望む-





posted by さんすけ at 07:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月15日

「三福祉士」国家試験の概要

「介護福祉士」、「社会福祉士」、「精神保健福祉士」のいわゆる「三福祉士」の今年度の国家試験の概要が、このほど出そろった。試験の実施は、財団法人社会福祉振興・試験センター。

◆介護福祉士
第24回を迎える「介護福祉士国家試験」は、筆記試験が来年1月29日に実施される。
試験地は今回から静岡、高知、長崎、大分の4県が加わり、全国28都道府県。その合格者を対象とした実技試験は、3月4日に12都道府県で実施される。合格発表は3月28日。申込書の受付期間は今年9月9日までで、受験手数料は1万650円。昨年度の合格率は48.3%。

◆社会福祉士
第24回「社会福祉士国家試験」は、来年1月29日に前回と同じ全国24都道府県で実施される。合格発表は3月15日。申込書の受付期間は今年9月8日から10月7日までで、受験手数料は5580円。
昨年度の合格率は28.1%。

◆精神保健福祉士
第14回「精神保健福祉士国家試験」は来年1月28、29の両日、全国7都道府県で実施される。
合格発表は3月15日。申込書の受付期間は今年9月8日から10月7日まで。受験手数料は9750円。
昨年度の合格率は58.3%。

受験希望者は、申し込みに必要な書類「受験の手引」を財団法人社会福祉振興・試験センターから取り寄せ、受験申込書と必要な書類を郵送して受験手続きを行います。

      詳しい内容はこちらで確認ください。
         ⇒財団法人社会福祉振興・試験センター

※「三福祉士」国家試験関連情報
介護福祉士国家試験 5年ぶりに合格が半数以下 - 受験者数は過去最多
社会福祉士国試の合格率28.1%   精神保健福祉士は58.3%



posted by さんすけ at 06:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月08日

医療事務関係でオススメはこの資格

「医療事務資格」とは、医療事務の専門家育成を目指し、各種の団体が検定試験等を実施し認定している資格の総称を言いますが、それには、財団・社団法人等の各種公益法人の他、医療関係団体、民間会社などが運営するものなどで、主な資格試験だけで30種類以上にもなります。

医療事務の資格は、医師や看護士のように国家資格ではありませんので、医療事務の仕事をするのに必ず必要ということではありませんが、自分自身のスキルアップのためや、取得すれば就職・転職等に有利になる場合が多いためチャレンジする人は多いのです。

医療事務資格の取得方法には大きく分けて4つの方法があります。「通学講座」、「通信教育」、「独学」それと、「専修学校や短大」で取得する方法です。
資格によっては2、3ヶ月の短期間の学習で可能な資格から、資格試験の受験資格に2年の講座履修が課せられている資格まであり、難易度もいろいろですが、一番分かりにくいのは、”取得すれば実際に一番役立つのはどの資格か”ということだと思います。

そこで今回は、今取得するとすれば、オススメはどの資格か? ということを主にまとめました。

1.診療報酬請求事務能力認定試験
この試験は、いわゆるレセプト業務の能力を判定する検定試験です。人気が高く、就職に有利と言われる試験ですが、医療事務関連の専修学校や専門学校等では、医療事務技能審査試験と、この診療報酬請求事務能力認定試験の取得を目指すことが多く、この2つの資格試験は医療事務関連の代表的な資格といえます。
診療報酬請求事務能力認定試験は医科と歯科に分かれており、受験者の年齢幅も広く受験人数は1万人を超えます。

2.電子カルテオペレーション実務能力認定試験
全国医療福祉教育協会が主催する認定試験で、文部科学省でのカリキュラムに沿った「C&C電子カルテシステム」を使用して、電子カルテを含む医療IT化に関する基礎知識や、電子カルテの実務に必要なオペレーションスキルを客観的に判断する資格試験で、全国一斉統一試験が実施されます。合格証書には全国医療福祉教育協会、および内閣総理大臣認証法法人 職業技能評価機構の2つの認定印が押されます。

3.医療事務技能審査試験
厚生労働大臣許可の財団法人日本医療教育財団が実施する試験。30年以上にわたる歴史があり、年間の受験者が5万人〜6万人になる医療事務関係で最大規模の試験です。
この試験の合格者には「メディカルクラーク」の称号が付与されます。医療事務資格のうち「医療秘書技能認定試験」や「医事オペレータ技能認定試験」は2級メディカルクラーク(医科)取得が受験条件となります。
医療事務の仕事の全般的な基本知識が必要な試験であるため、調剤事務希望以外の人は、最初に取得したい資格でもあります。

4.医療事務実務能力認定試験(医科2級)
医療機関ににおける現場実務に沿ったレセプト作成技能を含む診療報酬請求に関する知識、医療関連法規に関する知識を持った、医療現場におけるスペシャリストを養成・認定することを目的とした認定試験。全国医療福祉教育協会主催の全国一斉統一試験が実施されます。

5.医療秘書技能検定試験
昭和63年より開始された検定試験で、医療秘書としての専門知識と技能を認定する試験です。年間約2万人が受験する人気資格です。医療事務スタッフとしての医療事務実務能力だけではなく、医学基礎や関連法規に関する知識、患者接遇や院内コミュニケーション能力を含めた医療秘書実務能力を医療秘書教育全国協議会主催の全国一斉統一試験で判定します。1級は合格率10%未満の非常に難易度の高い試験になっています。

  ※その他の関連情報
       ⇒ 独学で狙える医療事務資格
       ⇒ 君にも取れる「役立つ資格」



■その他の主要資格試験 最新ニュース
山口インフォメーション・カレッジがこの度、日本医療教育財団から医療事務関連教育の優秀校として2年連続で表彰を受けた。
環境問題を学ぶ講座「最新環境カレッジ基礎コース」(県、県教委など後援)の2011年度秋期講座の受講者募集中。
法政大が神戸空港にパイロット養成拠点開講。
受験生の歯学部離れが深刻化。文字通りの「サバイバル時代」を迎えている。






posted by さんすけ at 15:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月05日

救急認定薬剤師制度

近年、救命救急センターやICU等でチーム医療を実践する薬剤師が、多くの施設で見られるようになってきました。そこで日本臨床救急医学会では救急治療における薬物療法に関する高度な知識、技術、倫理観を備えた「認定薬剤師」を養成し最適な治療を提供することを目的にした「救急認定薬剤師制度」を創設し、その概要を学会Webサイトで公表しました。

認定薬剤師の取得には、学会が実施する認定試験に合格することや、救急領域における2年以上の実務経験などが必要とされています。
今後、細部の規定を検討し、2012年に第1回目の認定試験を実施する計画。試験実施に向け、来春には、救急領域における薬剤師の業務内容をまとめた書籍の発刊も予定しています。

 - Webサイトで公表された認定資格の概要は以下の通りです -
1.日本の薬剤師免許を有し、薬剤師として優れた人格及び救急治療における薬物療法に関する見識を備えていること
2.薬剤師としての実務経験を5年以上有し、かつ救急治療における薬物療法に2年以上従事していること
3.日本臨床救急医学会の正会員であり会員歴が2年以上あること
4.日本病院薬剤師会生涯研修履修認定薬剤師、日本医療薬学会認定薬剤師、薬剤師認定制度認証機構により認証された生涯研修認定制度による認定薬剤師、あるいは日本臨床薬理学会認定薬剤師であること
5.医療機関において、救急治療における薬物療法に関する業務を通じて患者の治療に自ら参加した25例以上の症例を報告できること
6.申請時において、ICLSコース受講もしくはBLS/AEDコース指導経験があること
7.研修委員会が指定する学術集会、研究発表などにおいて、別に定める単位数を履修していること

試験の実施時期や場所などはまだ決まっていませんが、認定取得には、学会が実施する認定試験に合格する必要があるとされています。今後、認定の英語名、単位履修を認める学術集会など、細部の規定を定めて認定制度の全体像を年内に決める計画になっています。

救急領域は医師を筆頭にマンパワーが不足しており、チーム医療の実践が求められており、ICUやCCU病棟、救命救急センターでもチーム医療に参画する薬剤師が増えてきています。それらの業務の標準化や質の向上を支援するのが、この認定制度構築の目的になっています。

      詳しい内容はこちらで確認できます。
        ⇒「救急認定薬剤師制度」について<公示>



■その他の主要資格試験 最新ニュース
「MOS世界学生大会」でWord部門日本初の世界チャンピオン誕生。
オラクル、MySQL資格の受験者拡大に向け全試験を日本語化
花火鑑賞士検定で、目指せ「花火のソムリエ」
平成24年度から「衆議院事務局職員採用試験」が変更になります。
平成24年度から「国家公務員採用試験」が変わります。-人事院より新採用試験に関するパンフレットが掲載-




posted by さんすけ at 09:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月29日

薬剤師国家試験

6年制課程を修了した学生が初めて受験する、第97回「薬剤師国家試験」の施行要領が発表された。詳細は、8月中に官報公示される。

   <第97回 薬剤師国家試験概要>
※試験日:平成24年3月3日〜3月4日
※試験地:北海道、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、徳島県、福岡県
※試験科目:以下の7領域
○物理・化学・生物○衛生○薬理○薬剤○病態・薬物治療○法規・制度・倫理○実務
※出題方式:3区分して行われる。
1.必須問題(薬剤師として特に必要不可欠な基本的資質を確認する)
2.一般問題(薬剤師が直面する一般的課題を解釈・解決するための資質を確認する)
2-1 薬学理論問題
2-2 薬学実践問題
※受験資格:原則として6年制課程を修めて卒業した者
※受験に関する書類:平成24年1月5日〜18日までに試験地を管轄する地方厚生局または地方厚生支局に提出する。(郵送の場合は18日までの消印のあるものに限り受け付ける)
※合格発表:平成24年3月30日 午後2時 厚労省や地方厚生局などで行われる。
※合格者:合格証書を郵送する。

尚、新教育課程が施行された2006年度から17年度までの間に、新4年制課程に入学した者については、
◆卒業後に薬学関係の修士または博士の課程を修了
◆医療薬学系科目や実務実習等の単位を履修
◆厚生労働大臣が個別に認める   
          以上の場合に、受験資格が与えられる。
また、2005年度以前に入学した旧4年制の卒業者や、2005年度以前に外国の薬学校を卒業した者、海外で薬剤師免許を取得した者にも受験資格がある。
但し、2006年度の新教育課程施行から6年の間に、日本の6年制課程の修了者と同等以上の学力や技能を有することを、厚生労働大臣が認めることが必要となる。
   
    詳しい内容は厚生労働省公式サイトに8月中に掲載される予定
         ⇒厚生省



■その他の主要資格試験 最新ニュース
【Androidアプリ】漢字検定を受ける前に実力を測る「漢検 あなたは何級?」
【とある企業の面接録】特別編「資格試験の勉強の方法その16」
入社3カ月 社会人生活への期待さらに増す
税理士有資格者・5科目合格者のための転職セミナー<個別相談形式>




posted by さんすけ at 06:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

臨床心理士

「臨床心理士」は、文部科学省認可の(財)日本臨床心理士資格認定協会の資格認定を受け、住民の心のケアに当たる専門家。病院の医師や学校の教職員、大学教授などが資格を持ち、カウンセリングのほか、スクールカウンセラーとして児童・生徒への相談活動や、犯罪被害者の支援に取り組んだりしています。

今月より、平成23年度「臨床心理士資格審査」の受付が始まりました。この資格審査の受験を希望する方は、既定の受験申請書類の申込みが必要です。また、受験資格基準は、協会が指定する大学院で臨床心理学の修士号を取得していることなど、協会が定めた7種の受験資格基準のいずれかに該当し、かつ、これらに関する所定の必要証明資料を提出できることが条件となっています。 ⇒受験資格基準試験は、1次試験と2次試験があります。
今年4月1日現在で、国内で約23,000人が認定されています。

     <平成23年度臨床心理士資格審査の概要> 
※資格審査申請書類請求期間:平成23年7月11日〜平成23年8月22日 
※受験申込受付期間:平成23年7月12日〜平成23年9月5日
※試験日
・一次試験(筆記試験):平成23年10月8日(土)
・二次試験(口述面接試験):平成23年11月19日(土)、20日(日)、21日(月)
※試験場所
・一次試験:東京ビッグサイト
・二次試験:東京国際フォーラム
※合格発表:平成23年12月下旬予定

一次試験の筆記試験は、100題の「設問」(多肢選択法、マークシート方式)、および定められた字数の範囲内で論述する「小論文」の2種の試験を行います。 「設問」は、臨床心理士として知っておかねばならない専門基礎知識が中心になりますが、それに加えて、基礎的・基本的な専門知識や、倫理・法律等の基礎知識および基本的な姿勢や態度にかかわる設問も出題されます。「小論文」は、心理臨床に関する1題のテーマについて、所定の解答用紙に1,001字以上1,200字以内の範囲内で論述記載することが求められます。

       詳しい内容はこちらで確認ください。
         ⇒(財)日本臨床心理士資格認定協会



■その他の主要資格試験 最新ニュース
【とある企業の面接録】特別編「資格試験の勉強の方法その12」
今年11月、第1回目の「昭和史検定」が実施されます。実施エリアは、札幌・さいたま・東京・大阪・福岡。
第6回「タオルソムリエ資格試験」申込み受付中です。試験日2011年9月15日、場所は今治、東京、大阪。







posted by さんすけ at 15:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

日本糖尿病療養指導士

糖尿病は、血糖値(血液中のブドウ糖濃度)が病的に高い状態の疾患のことを言います。原因は、インスリンというホルモンが足りなくなったり、うまく細胞に作用しなくなってしまうから起こります。放っておくと3大合併症と呼ばれる糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症を引き起こし、さまざまな自律神経障害や糖尿病性腎症、中には失明に至る場合もある非常に怖い病気になります。
平成19年の国民健康・栄養調査によると、「糖尿病が強く疑われる人」の890万人と「糖尿病の可能性を否定できない人」の1,320万人を合わせると、全国に2,210万人いると推定されています。

この糖尿病と、その療養指導全般に関する正しい知識を有し、医師の指示の下で患者に熟練した療養指導を行うことのできる医療従事者が「糖尿病療養指導士」です。この資格を取得するには、「日本糖尿病療養指導士認定試験」に合格しなければなりません。
受験資格は看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士のいずれかの資格を有していることが最低条件になります。さらに、医療施設での実務経験を細かく規定しています。
     詳しい受験資格はこちらで確認ください。
        ⇒http://www.cdej.gr.jp/siken/index.html

本試験は、受験者用講習会を受講後実施されます。
現在、第12回「日本糖尿病療養指導士認定試験」の講習会受講手続きを受付中です。郵送での申込みの場合は、資料請求の受付締切が「平成23年6月30日(木)必着」なのでお急ぎください。ネットでの申込受付期間は7月22日までになります。

講習会の会場は全国9会場。受講料は30,000円です。講習は2日間ですが、会場によって講習日時が異なります。
尚、本試験は平成24年3月11日(日曜日)。全国の7会場で一斉に行われます。

      講習会・本試験に関する詳しい内容はこちらで確認ください。
          ⇒日本糖尿病療養指導士認定機構



■その他の主要資格試験 最新ニュース
「議員力検定」ー夏講座&準3級検定&シンポジウムまであと1ヶ月、申込み受付中。
「IEEE WCET資格試験」世界に通じるワイヤレス通信技術者になるためにWCET資格を取得しよう。秋季試験受付中。





posted by さんすけ at 07:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月17日

MR(Medical Representatives)

医薬品の特許切れを踏まえ、2011年、大手製薬メーカーが続々と新薬を発売していく中で、医薬品の品質・有効性・安全性などに関する情報提供を行う「MR」のニーズ・求人が急増しています。一方で、製薬業界は安定した産業で社員の待遇もいいというイメージから人気職業のひとつとなり、転職市場においても、未経験者の募集が始まった事で応募する人の数は大変増えています。

しかし、MR(Medical Representatives)はどのような仕事をしているのかという具体的な情報は業界関係者以外あまり知られていないようです。
基本的には、MRの目標は、他の業界の営業マンと同様に売上を伸ばし、販売ノルマを達成することにあります。そのため、医師に少しでも多くの自社製品を処方してもらえるように病院や診療所を訪問して新しい情報の提供をしています。営業職の中でも、専門性が非常に高く、MRは、まさに営業職のスペシャリストと言えるでしょう。

MRの仕事は資格制ではないため、MR認定証が無くてもMRの仕事をする事はできます。しかし、ほとんどのMRが試験を受け、MR認定証を持っています。それは、ほとんど全ての製薬会社が、全MRの受験を申し込んでいるからです。そのため、MRを目指すのであれば、避けて通れないのが「MR認定試験」です。

「MR認定試験」は、MRの資質向上のために、MRになるための導入教育の成果を客観的に評価する試験で、試験は毎年12月に東京と大阪で行われます。
試験科目は6科目(疾病と治療、薬理学、薬剤学、医薬概論、PMS、添付文書)。今年度の試験は、12月11日(日)に決まっています。受験資格は、平成13年度以降の導入教育修了認定者や、基礎教育(300時間以上)修了認定者などです。詳細は、8月にMR認定センターの公式サイトに掲載されます。

また、未経験MR向け転職個別相談会も開催されています。期間は2011年6月16日(木)〜2011年7月30日(土)まで。詳しくはこちらを参照ください。

      「MR認定試験」についての詳しい内容はこちらで確認ください。
           ⇒公益財団法人 MR認定センター




■その他の主要資格試験 最新ニュース
医学部の86%が「学生の学力低下」と認識
WEB版で好評だった、勉強が継続できるアプリ「studylog」の待望のiPhone版がリリースされた。
就職活動と資格 「新しい自分を見出す」には。
NPO法人日本ホームインスペクターズ協会は6月22日、「第3回公認ホームインスペクター資格試験」に向けたガイダンスを開く。
Microsoft社のスキル認定資格、MOSの資格試験対策講座が6月から開講。





posted by さんすけ at 07:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月29日

登録販売者

今年、第4回目を迎える「(医薬品)登録販売者」資格試験、今年度の試験日程が地区(県)毎に順次発表されていますが、試験の早い中国地方では申込み受付が始まりました。
この試験は、受付期間が短いため、受験予定されている方は、日程に注意が必要です。

  <登録販売者>
※願書受付期間:地区毎に日程が異なる。5月末〜9月頃
※試験日   :地区毎に日程が異なる。8月〜10月末
※受験料   :13,600円〜17,600円(実施地により異なる)
※試験会場  :各地(住所、勤務地問わず)但し、登録は従事する都道府県の知事に申請。
◇受験資格  :・高等学校卒業程度かつ、1年間の実務経験のある者
         ・4年間の実務経験のある者
         ・6年制又は旧4年制薬学部等の卒業者
◇試験形式  :マークシート式筆記試験
◇出題数/科目 :(1)医薬品に共通する特性と基本的な知識:20問
        (2)人体の働きと医薬品:20問
        (3)主な医薬品とその作用:40問
        (4)薬事関係法規・制度:20問
        (5)医薬品の適正使用・安全対策:20問
◇合格基準  :7割の正答で合格。但し、3割以下の正解率の項目が1つあれば不合格

2009年4月に施行された改正薬事法により、薬剤師とは別に、この医薬品販売専門資格である「登録販売者」が誕生しました。この資格があれば、一般用医薬品の95%以上と言われる第二類および第三類医薬品販売が可能となります。

        詳しい内容はこちらで確認ください。
          ⇒厚生労働省
          ⇒平成23年度登録販売者試験について(東京都の場合
          ⇒平成23年度登録販売者試験・日程一覧(西日本)
          ⇒平成23年度登録販売者試験・日程一覧(東日本)


◆関連ニュース 5月27日
   ⇒厚生労働省は第2類の一般用医薬品ネット販売、経過措置延長を正式決定


■その他の主要資格試験 最新ニュース
今週から受付が始まる資格試験。
・コンピュータ会計能力検定 5月30日(月)〜6月27日(月)
・品質管理検定(QC検定)  5月30日(月)〜6月27日(月)
第5回経営者検定 1次試験の合格者は6人。
血液型でわかる 学び方のヒントとおススメ資格




posted by さんすけ at 07:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月06日

医療保育専門士

子どもは入院することにより、さまざまな生活上の制限を受け、自由に遊ぶという「子どもらしい生活」ができません。その入院している子ども達の遊びや生活を支援する保育の専門家として、小児病院や小児病棟に配置されるのが「医療保育専門士」です。

入院中の子どもは体の不調や治療だけでなく、家族から離れ、食事や運動が制限されることで、ストレスを感じたり、情緒が不安定になりがちです。そんな病院の中で、子どもたちにとって「痛いことをしない、安心して遊べる人」が医療保育専門士なのです。
医療保育専門士は、保育だけでなく、医療についても知る医療保育の専門家として、子どもたちの笑顔を引き出し、安心して治療に向き合える環境を作ります。

医療保育専門士は、保育者のなかでも、医療保育の高い専門性をもって、病棟保育などにあたるための資格です。医療保育士として一定期間勤務経験があり、日本医療保育学会の課す研修、論文の提出、口頭試問などを受け認定されます。資格取得までには2〜3年かかるといわれており、まだ認定者が全国で69人しかいないのが実状です。

2007年に学会認定資格として創設されたこの資格は、5日間の研修や論文提出などを経て合格の認定を受けた人は、第1回では16人、合格率は1割の高度な資格になっています。


◆医療保育専門士資格の概要
1.認定のための応募資格
・日本国の保育士資格を有していること
・保育士であること
・1年以上、日本医療保育学会の会員であること
・医療現場での保育士経験が常勤で1年以上あること
2.資格認定研修会への参加
・課題・研修レポートの提出と事例研究論文提出
・事例論文研究の審査を受ける
・面接・口頭試問を受ける
※研修と論文審査と口頭試問にパスするするのに、最短で2年半かかる。

◆資格認定研修について
・資格認定研修会は年3回で実施され、1回から3回まで順番に受講します。
1回目:1日研修 2回目:1泊2日研修 3回目:1泊2日研修
・受講場所は、東京家政大学
・研修では、定められた研修の受講と指定の課題を提出し、必要な認定を受けます。

      さらに詳しい内容は、こちらで確認できます。
         ⇒日本医療保育学会


■その他の主要資格試験 最新ニュース
日本個別指導講師資格検定協会は、第2回「日本個別指導講師資格検定」試験を5月29日に実施する。
「ネイリスト技能検定試験」は、2012年春期試験(4月)より、1級〜3級の実技試験内容の一部が改定されます。
「ITコーディネータ資格」の取得説明会が開催されます。
日本中国語検定協会が30周年を迎えた。両国の交流促進を目的に、これまで約75万人が受験。 






posted by さんすけ at 07:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

チャイルド・ライフ・スペシャリスト

「チャイルド・ライフ・スペシャリスト(Child Life Specialist:CLS) 」という職業が今、注目されています。
「チャイルド・ライフ・スペシャリスト(CLS)」は、病院など、医療環境にある子供たちやその家族に、入院がよりストレスの少ない、安心できる体験になるよう心理学的支援をする専門職であり、専門資格です。
元々北米で発展してきたこのCLSという職業は、医師・看護師・社会福祉士・教師・など子供に携わる多くの職種で構成されるチームの一員として働く職業です。

CLSの仕事の内容は、主に、以下のようなことです。
・遊びや治癒的遊びを通して、子供の不安やストレスを軽減する
・子供が治療を理解し、積極的に受けるように心の準備をサポートする
・子供だけでなく、その家族の心も心理的にサポートする
・様々な家族の状況や、喪失体験と向き合う家族を支援する

ただ、CLSの資格は、現在は日本では取得できません。このCLS資格は国際資格であり、アメリカやカナダ、香港などでは認められていますが、日本では国家資格として認められていません。従って、CLSになるためには、現在はアメリカやカナダに留学しなければなりません。海外では、主に大学院でCLSを養成しているところが多いようです。

資格取得のためには、最終的にはCLC (Child Life Council)が行う認定試験を受けなければなりませんが、試験を受けるためには、チャイルドライフ専門の教育機関(大学など)で学士号又は修士号を取得し、さらに臨床経験も必要となります。それら様々な条件を満たさなければ取得できない資格です。また、当然、留学となると費用と語学力も必要になるため、CLSへの道のりは大変長くなります。

     さらに詳しい内容はこちらでご覧ください。
        ⇒チャイルド・ライフ・スペシャリスト協会


■その他の主要資格試験 最新ニュース
資格試験の過去問題学習サイト「カコモン」が、「社会福祉士試験」の過去問題の無料学習サービスを開始しました
定年退職後のセカンドプログラム「シニアテスター制度」での人材募集を拡大
食と農を学ぼう、JAあつぎが「夢未塾」開講し受講生20人募集
VCP資格取得推進プログラムを強化 オンライントレーニング、座席数限定「VCPセイバー/VCPダブル割」を実施






posted by さんすけ at 07:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

MR認定試験

MR認定センターが、2012年度からの「新MR認定試験制度」の概要を発表しました。
これによりますと、試験科目は現行の薬理学、薬剤学、添付文書、疾病と治療、医薬概論、PMSの6つから、薬理学、薬剤学、添付文書を統合した「医薬品情報」、医薬概論と PMSを統合した「医薬概論」、そして「疾病と治療」の3科目とし、MR活動に必要な内容に整理されています。また、薬剤師、医師、歯科医師の有資格者は「医薬品情報」「疾病と治療」の導入教育の受講と受験が免除されます。

主に、MR活動の実践に生かせる基礎的内容を習得できているのかを判定する内容に改訂され、試験結果については、合格率、合格基準、正答に加えて新たに配点も公表することとしています。

「MR認定試験」の「MR」とは、Medical Representatives(医薬情報担当者)の略。MRの仕事は資格制ではなく、MR認定証がなくてもMRの仕事はできますが、ほとんど全ての製薬会社が、MRの受験をしていますので、MRにとっては避けて通れない試験になっています。
また、最近の大学生の就職活動においては、製薬業界は安定した産業で社員の待遇もいいというイメージから人気職業のひとつとなって、MRという仕事が注目を集めています。

平成23年度の「MR認定試験」の概要は以下の通りです。
・試験日 平成23年12月11日(日)
・試験地 東京・大阪
●試験科目
(1)疾病と治療(2)薬理学(3)薬剤学(4)医薬概論 (5)PMS (6)添付文書
※医師、歯科医師、薬剤師は資格を確認し、(1)〜(3)を免除する。
●受験手数料及び再受験手数料
・4科目以上 12,600円
・3科目以下 10,500円
●受験資格
・平成13年度以降の導入教育修了認定者
・基礎教育(300時間以上)修了認定者
・再受験者
・MR認定証の有効期限が切れている者
※導入教育、基礎教育に関する内容はこちらを参照ください。

      ⇒詳しい内容はこちらで確認できます。
         ⇒MR認定センター


■その他の主要資格試験 最新ニュース
株式投資の勉強は何をすればよい?
第13回「2級リビングスタイリスト資格試験」7月本試験実施。
「IT検証技術者認定 2011年春期 知識試験」、試験日程6月に延期、追加申込みも受付開始。
日本の大学を徹底評価。朝日新聞出版から発売中
「大学ランキング 2012年版 (週刊朝日進学MOOK)」

第10回「eco検定」対策セミナー・春の一日集中講座(横浜、川崎、名古屋、大阪で)










posted by さんすけ at 10:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

医療・介護関係資格試験結果

今月は、医療や介護関係資格試験の合格発表が相次ぎました。主な資格の結果をまとめてみました。

@厚生労働省は3月18日、第105回医師国家試験の合格発表を行いました。
合格率は89.3%。昨年の89.2%から大きな変化は見られませんでした。
また、受験者数は8,611人で、昨年の8,447人から164人増加し、合格者は7,686人で、男性が5,187人、女性が2,499人でした。⇒詳細はこちら

尚、合格基準は、一般問題を1問1点、臨床実地問題を1問3点とし、一般問題は197点満点中127点以上が合格。臨床実地問題は588点満点中368点以上が合格。必修問題は200点満点中160点以上(必修問題の一部を採点から除外された受験者は、総点数の80%以上)で、禁忌肢問題選択数が3問以下、という結果でした。

A厚生労働省は3月22日、第104回の歯科医師国家試験の合格者を発表しました。
合格率は71.0%。昨年の69.5%から1.5ポイント上昇しました。
また、受験者数は3,378人で、昨年の3,465人から87人減少。合格者は2,400人で、男性1,469人、女性931人。昨年より8人減少しています。⇒詳細はこちら

尚、合格基準は、一般問題を1問1点、臨床実地問題を1問3点とし、「領域A」(総論・各論1)130点満点中75点以上。「領域B」(各論2・各論3)171 点満点中104点以上。
「領域C」(各論4・各論5)195点満点中101点以上。必修問題70点満点中56点以上(必修問題の一部を採点から除外された受験生は、総点数の80%以上)で、禁忌肢問題選択数が2問以下、という結果でした。

B厚生労働省は3月15日、今年1月に行われた第23回社会福祉士国家試験と第13回精神保健福祉士国家試験の合格発表を行いました。
・社会福祉士国家試験の合格率は、28.1%でした。
尚、受験者数は43,568人で、前回から63人減。最多だった前々回から2回連続の減少です。合格者数は12,255人で、前回から266人増えました。⇒詳細はこちら

・精神保健福祉士国家試験の合格率は、58.3%でした。
尚、受験者数は7,233人で、前回の7,085 人から148人増加した一方、合格者数は4,219人で、前回の4,488人から269人減少しました。合格率は初めて6割を割りました。⇒詳細はこちら

Cナースプラクティショナー(NP、診療看護師)の養成のための大学院教育を推進する「日本NP協議会」は、初の「NP資格認定試験」で、受験生全員(10名)が合格したと発表した。
この試験は、大分県立看護科学大大学院などのNP養成コース修了者らを対象に実施した初のNP資格認定試験。 ⇒日本NP協議会


■その他の主要資格試験 最新ニュース
国土交通省は航空従事者技能証明の資格として、「准定期運送用操縦士」の資格を創設すると発表した。
●試験結果が発表されました。
第5回「キャリア・コンサルティング技能検定 2級」試験結果
第6回「英単語検定」合格発表
平成22年度「会計ソフト実務能力試験 後期試験2級」合否判定結果
平成22年度後期「ビジネス・キャリア検定試験」合格発表
大阪府がボランティア医師・看護師を募集しています。










posted by さんすけ at 10:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月28日

医療情報システム監査人試験

医療情報システム開発センター(MEDIS-DC)は、新資格試験制度「医療情報システム監査人試験制度」の資格認定試験を開始する、と発表しました。

同試験は、医療情報システムの運用や開発に携わるICT分野の技術者向けに「安全管理に関する監査人としての知識やスキル」を評価する試験で、第1回の試験の実施は 2011年5月22日の予定。
応募期間は、2月23日から4月11日まで。受験料は9000円で、試験会場は東京文京区周辺を予定している。

試験では、医療情報システムの監査に必要となる技術や法律などに関する知識をペーパー方式で解答します。問題形式は多肢選択式で、(1)医療情報に関する知識、(2)監査に関する知識、(3)医療情報システムの安全管理に関する知識(法律、ガイドライン)の3科目それぞれについて、設問数40問の試験を50分の試験時間で解答する方式。

※実施主体 :財団法人医療情報システム開発センター(MEDIS-DC)
※対象   :保健医療福祉分野の情報システムの監査に関わる方(医療機関等の職員、ベンダの社員等)
※問題形式 :多岐選択式(ペーパー方式
※確認知識  各40問/50分
@第1科目 医療情報システムに関する知識
A第2科目 監査に関する知識
B第3科目 医療情報システムの安全管理に関する知識(法律、ガイドライン)
※試験の免除制度
以下の、資格認定を受けた人は、一部の科目の試験を免除されます。
医療情報技師、システム監査技術者、専門監査人(CMAIS、CMAPP、CMAAS)、公認システム監査人(CSA、ASA)、公認情報システム監査人(CISA)、公認情報セキュリティ監査人(CAIS)
※試験の申込み:受験希望者は、MEDIS-DCのWebページから願書をダウンロードして申し込みます。

なお、今後は本試験は、原則として春季と秋季(5月と11月の第4日曜日)の毎年2回実施する予定となっています。

        詳しい内容はこちらで確認ください。
          ⇒医療情報システム安全管理評価制度


■その他の主要資格試験 最新ニュース
2011年度「認知症ライフパートナー検定試験」の日程が公開されました。
平成23年度「商業施設士資格試験」の実施概要が発表されました。
第25回「中国語コミュニケーション能力検定(TECC)」公開試験の申込が開始されました。
合格者発表 
「建築CAD検定」第43回試験(1月実施)
平成22年度「技術士」第二次試験
平成23年度「弁理士試験」の実施概要が発表されました。






posted by さんすけ at 13:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

衛生検査技師

「薬剤師」の資格を取得するためには、現在は6年制の薬学部を卒業し、薬剤師国家試験に合格しなければなりませんが、試験に合格して、薬剤師の資格を持つと無試験で申請だけすれば付与される資格がいくつかあります。例えば、毒物劇物取扱責任者、食品衛生管理者、麻薬取締官、衛生管理者などがありますが、その中の一つに「衛生検査技師」という資格があります。

「衛生検査技師」は、病院などの医療機関において種々の検査を行う技術者ですが、臨床検査技師と重なる業務が多くて、以前から問題になっていました。
※業務の違いは、臨床検査技師は診療の補助としての採血と厚生労働省令で定める生理学的検査ができますが、衛生検査技師はできないというところです。

日本臨床検査技師連盟も、度々厚生労働大臣に衛生検査技師免許制度の廃止要望を出しており、その結果、平成18年4月、法改正により新規の衛生検査技師免許は廃止されることに決まり、新規免許は2011年3月をもって交付できなくなることが決まりました。
但し、平成22年度末(平成23年3月末)までの間に衛生検査技師免許を受ける資格のある者が交付申請を行った場合には、免許を取得することができます。
また、経過措置として、これまでに衛生検査技師の免許を受けている者は、改正法施行後も継続して衛生検査技師の業務を行うことができるとされています。

※以下の者は、衛生検査技師免許を受ける資格のある者とされ、申請すれば実試験で2011年3月までは免許が与えられます。
・大学において医学、歯学、獣医学、薬学、保健衛生学の課程を修めて卒業した者
・医師、歯科医師、獣医師、薬剤師
・大学において厚生労働大臣の指定する科目を修めて卒業した者
・外国の医学校、歯科医学科、獣医学校、薬学校を卒業した者
・外国で医師免許、歯科医師免許、獣医師免許若しくは薬剤師免許を受けられた者

     関連情報がここで見られます。
       ⇒いまさら聞けない薬剤師の「役立つ話」
       ⇒「臨床検査技師・衛生検査技師等に関する法律」に関する要望書


■その他の主要資格試験 最新ニュース
知的財産管理技能検定(第7回)」の合格者の受検番号が公開されました。
TACの税理士無料公開講座シリーズ Season5の案内が公開されています。
平成22年度(第5回)「貸金業務取扱主任者試験」の試験の結果及び正答及び、合格者一覧が公開されました。





posted by さんすけ at 11:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

レシピエント移植コーディネーター

「移植コーディネーター」は、基本的に「ドナーコーディネーター(Organ Procurement Coodinator)」と、「レシピエントコーディネーター(Clinical Coordinator)」に分けられます。前者は提供者のご家族に説明をしたり、ドナー管理を行ったり、臓器の摘出・灌流の補助を行ったりするのが仕事ですが、後者「レシピエントコーディネーター」は、移植前後の患者さんや家族のケアをするのが仕事です。

仕事には、臓器移植を受ける患者(レシピエント)への手続きの説明や事務作業の他、手術後の生活上の相談などがありますが、この移植手術を支援する看護師らを「レシピエント移植コーディネーター」と認定する制度の創設を、日本移植学会など移植関連の学会が決めました。来月2月に募集を始め、7月に認定する方針を決定しました。

昨年7月に改正臓器移植法が施行され、今後さらに提供が増加し移植手術が増えると見込まれています。手術に伴い、日本臓器移植ネットワークとの連絡調整や書類の作成、患者の精神的ケアなどが必要で、こうした調整役がいると医師の負担が軽減できるので、制度上で資格をは明確にさせて活動しやすくし、患者への対応を充実させるのが狙いです。

この資格を認定するのは、移植学会や日本臨床腎移植学会、日本移植・再生医療看護学会などで構成する合同委員会。当面は、移植手術にかかわった経験や所属する病院長の推薦などを基に書類と面談で審査。3年後には筆記試験を含む方法にする予定で、資格は5年ごとに更新することになります。

※関連リンク 日本移植学会 日本臨床腎移植学会 日本移植・再生医療看護学会

 

■その他の主要資格試験 最新ニュース
楽天イーグルス創業メンバー、南壮一郎氏が”「目標」を実現するための3つの方法”を「絶対ブレない「軸」のつくり方」で書いて刊行しました。概要はこちらで。
2010年度第9回メンタルヘルスマネジメント検定公開試験の結果が発表されました。
第14回「個人情報保護法検定」12月5日実施の合格発表(合格者検索サイト)が出ました。
第2回 「食品表示検定」初級及び中級の試験結果が発表されました。





posted by さんすけ at 07:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

ドレナジスト

「ドレナジスト」という資格をご存知ですか?
「ドレナジスト」は、一般には「リンパドレナジスト」という言い方をすることもありますが、リンパのドレナージュをする療法士の事を言います。

ドレナージュとは、「排液」、「排出」という意味をもつフランス語で、特徴のあるマッサージ方法で刺激を与え、リンパや血液の流れをよくして溜まった老廃物を排出し、体質改善や美容効果を向上させる療法のことを言います。
「リンパドレナジスト」は、今はまだあまり知られていないと思いますが、健康にもダイエットにも美容にも効果があるといわれるリンパ療法士としてこれからますます注目され、将来性のある職業になると思います。

この「リンパドレナジスト」の資格を取得し、活躍するためにはドレナジスト講座を受講して技法や知識、技術などを学ばなければなりません。
講座では、ドレナージュの特徴的なマッサージの方法を学んだり、ドレナジストに必要なスキルや知識を身につけることが出来るようになっています。
例えば、「ホリスティック医学アカデミー」というところで開講されている、リンパドレナジスト養成講座を受講し、所定の課程を修了できれば、日本代替医療協会からリンパドレナジストの認定を受けることができます。

   詳しい内容はこちらで確認ください。
     ⇒ホリスティック医学アカデミー
     ⇒日本代替医療協会
     ⇒ドレナジストについて

■その他の主要資格試験 最新ニュース
NPO法人日本ホームインスペクターズ協会は、第2回「公認ホームインスペクター資格試験」の結果を発表しました。HPへの掲載は12月13日になります。
ビジネスITアカデミーが「PowerPoint 企画書・提案書の簡単・効率的作成セミナー」を開催します。2011年1月23日(日)10:00〜、定員4名です。
試験結果の発表がありました。(平成22年度第2回「日本語検定」 2010年第15回「1級DCプランナー認定試験」 )
検定試験も今年度の試験はほとんど終了しました。あとは、「メディカルハーブ検定」、「家庭菜園検定」、「ASEAN検定」くらいでしょうか・・・。





posted by さんすけ at 07:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

臨床美術士

「臨床美術士」という資格をご存知でしょうか。
「臨床美術士」は、内閣府認証/特定非営利活動法人 日本臨床美術協会による認定資格です。
臨床美術は、クリニカルアートとも呼ばれ、独自のアートカリキュラムに沿って創作活動を行うことにより脳が活性化し、 認知症の症状が改善されることを目的として開発されたアートです。
現在では、認知症の予防だけでなく、心に問題を抱えた子どもや発達が気になる子どもへのケアや、小学校の「総合的な学習の時間」での応用、社会人向けのメンタルヘルスなどに活用されています。また、地方自治体でも介護予防事業に芸術療法が取り入れられつつあります。

この臨床美術(クリニカルアート)の拡がりにつれて、これを実施するスペシャリストの養成が、芸術造形研究所をはじめ、大学、自治体主催講座で進められていますが、これに伴い、2002年より日本臨床美術協会が、専門的な訓練を受けた合格者を「臨床美術士(クリニカル・アーティスト)」として資格認定しているものです。

臨床美術士の資格には、経験や習得度により5〜1級までの段階があり、資格を取得するには、認定校で講座を受講し、認定試験に合格することが必要です。資格取得後は、病院や高齢者福祉施設が主な活躍の場となります。
5級は指定校の講座終了後、書類審査があります。3〜4級は認定試験の申請後、課題の審査などを経て合否が決まります。1〜2級は年1回認定試験を実施しています。
また、受験資格は、3級までは協会指定の講座を修了していることで、1〜2級は実務経験が必要となります。臨床美術士養成講座は、年齢、経験に関係なく誰でも受講することができます。2009年3月31日現在の臨床美術士認定数は、1級 12人、2級 23人、3級 131人、4級 737人、5級 1851人です。

     詳しい内容はこちらで確認出来ます。
        ⇒日本臨床美術協会
        ⇒認定試験の案内


■その他の主要資格試験 最新ニュース
(財)安全衛生技術試験協会主催の免許試験(学科試験)の日程が更新されました。
平成23年「公認会計士試験」第1回短答式試験の出願状況が発表されました。
平成22年度「土木設計技士」資格検定試験合格者番号が掲載されました。





posted by さんすけ at 07:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月13日

ヘルスキーパー(企業内理療師)

あんまやマッサージ、指圧、鍼(はり)、灸(きゅう)は古来より人々の健康の維持・増進、疲労の回復、疾病の治療等に応用されてきた技術で、これら「理療」は視覚障害者の伝統的な職業と位置付けられています。また、現在では理療の施術を行うためにはそれぞれ国家資格が必要となり、技術は多くの研究機関において科学的に研究・検証もなされ、その応用分野は広げられつつあります。

一方、「ヘルスキーパー(企業内理療師)」とは産業・労働衛生分野に理療の技術を活用するもので、理療の国家資格を持ち、企業等に雇用されその従業員等を対象にして施術等を行う者のことを言います。
理療の施術やセルフケア指導、健康への助言などによって、仕事中に生じた疲労やその他の症状を取り除き、業務の能率向上と従業員の健康増進に役立てる事を目的としています。
ヘルスキーパー(企業内理療師)は既に多くの企業で採用され、実績を上げています。

パソコンなどを使って事務的な職業をされている方や、立ち仕事をされている方、力仕事をされている方、気温の低い所、高い所で働く方、営業職、管理職等、ストレスの多い方などに、首、肩、腕、背筋の痛みやこわばり、目の疲れ、頭痛、足腰や腕の痛み、下痢、神経痛、胃腸障害、精神疲労などの理療の施術は有効です。

※ただ今、日本視覚障害ヘルスキーパー協会が主催する「第36回ヘルスキーパーセミナー」の参加を募集中です。「ヘルスキーパー(企業内理療師)」に関心をお持ちの方はこの機会に理解を深められてはいかがですか。

※本セミナーに参加希望者は、11月18日(木)までにホームページの申し込みフォームまで連絡が必要です。
※セミナーの開催
・期日  平成22年11月27日(土)
・会場  東京都障害者福祉会館

   詳しい内容はこちらで確認ください。
      ⇒ヘルスキーパーセミナー
      ⇒日本視覚障害ヘルスキーパー協会


■その他の主要資格試験 最新ニュース
2010年度「自主保全士検定試験」の結果が発表されました。
平成22年度「通訳案内士試験」筆記試験の合格発表がありました。
「ネイリスト2010年秋期検定試験」の合格者一覧が公開されました。





posted by さんすけ at 06:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

心理カウンセラー

最近注目されている資格の一つに「心理カウンセラー」がありますが、日本では心理士、心理カウンセラー、心理セラピスト(療法士)などの心理職には国家資格はありません。ただ、民間の心理学関連資格は多数存在します。また一方で、メンタルケア先進国である欧米諸国は元より、中国・韓国にも心理職国家資格が既に整備されている現状など、国際的観点からも制度の遅れがあることから、医師関連団体が提案する「医療心理師」(仮称)を中心に、心理職の国家資格を創設しようとする動きがあり、現在も協議、検討が重ねられています。「医療心理師」は、特に医療・保健・福祉分野における心理職国家資格として考えられています。

「医療心理師」でなく、「医療心理士」と称する資格があります。これは、社団法人日本心身医学会が認定する民間資格で、正確には「日本心身医学会認定医療心理士」と言います。
日本心身医学会所定の要件、審査承認などを経て認定試験を受験し、これに合格することで「医療心理士」の認定を受けることができます。2010年1月現在、全国で92名が認定されています。

もちろん、先述の「医療心理師(仮称)」とは全く別の資格ですが、「医療心理士」資格認定団体の日本心身医学会は、医療心理師(仮称)の国家資格化推進団体である「医療心理師国家資格制度推進協議会」にも参加しているという複雑な形になっています。


医療心理師法案要綱
医療心理師国家資格制度推進協議会について
医療心理士
日本心身医学会


■その他の主要資格試験 最新ニュース
(社)日本経営協会主催の第27回「電子化ファイリング検定」、第4回「公文書管理検定」は、申込受付中です。締切りは11月15日(月)及び12月31日(金)です。
(社)全日本能率連盟と加盟団体が組んでスタートさせた新しい資格試験、「ITプランニング・セールス検定」は締切りが11月20日(土)。まだ間に合います。
農林水産省後援の「日本農業技術検定」は締切りが11月19日(金) 。試験は12月18日(土) になります。






posted by さんすけ at 15:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

レシピエント・コーディネーター

日本移植学会は、移植患者の精神面のケアなどを受け持つ「レシピエント・コーディネーター」の学会認定資格を来春にも新設することを決めた。

脳死臓器移植が行われるようになって、注目されるようになった移植コーディネーターという仕事は、、臓器移植・組織移植・骨髄移植などにおいて、提供者と移植者の間の調整をする医療専門職のことを言い、基本的には、「ドナーコーディネーター」と、「レシピエントコーディネーター」に分けられます。日本で移植コーディネーターというと、前者のドナーコーディネーターのことを指すのが一般的なようですが、、レシピエントコーディネーターは、移植前後の患者さんとの連絡調整や臓器の受け入れを調整する医療専門職の人です。多くは看護師になりますが、生体移植において臓器提供者と臓器移植者の調整役を担い、移植前後の患者さんやご家族のケアをするのが仕事です。

臓器提供者とその家族のコーディネーターには、日本臓器移植ネットワークや自治体などの専任者がいますが、レシピエント・コーディネーターの多くは移植施設の医師や看護師、臨床工学技士らが兼務しているのが実状で、コーディネーターの役割の重要性が増しています。

今後、このコーディネーター資格試験の内容や教育カリキュラムなどを策定していくことになりますが、教育カリキュラムでは、患者の生活面の助言や待機期間中の精神面のケア、移植後の服薬指導などを中心に学ぶことを検討されています。
国内で移植医療を発展させるには、質の高いレシピエント・コーディネーターの確保は不可欠だと言われています。
        2010年10月23日 読売新聞


■その他の主要資格試験 最新ニュース
「Ruby技術者認定試験」2010年10月1日以降に受験し、おしくも不合格の方は無料再受験のチャンス! PROMETRICがキャンペーン中です。
平成22年「不動産鑑定士試験」の合格者を国土交通省が発表しました。合格率は9.4%でした。
(社)日本画像情報マネジメント協会主催の「文書情報管理士検定試験」、申込受付開始は11月1日(火)からです。本試験は、2011年2月6日(日)。
(社)日本経営協会が主催する、「ITプランニング・セールス検定」は、まもなく受付が終了します。受験予定者はお急ぎください。本試験は11月13日(土)です。
平成22年度第3回漢字検定(公開試験)の受付がまもなく始まります。期間は11月1日(月)〜1月4日(火)

posted by さんすけ at 11:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

医学検定

一般社団法人 日本医学検定協会は、国民の皆んながより健康な生活を送れるために、もっとわかりやすく正しい医学知識・医療制度を知ることができることを目的とした、誰でも受検できる「医学検定」を開始することを発表した。

日本の医療を取り巻く環境や諸問題を、我々は報道等で見聞きする機会はあるものの、その根幹となる医学については、知る機会が限られています。健康に生活するために医学の知識は、とても大切な知識です。自分の体の仕組みや働き、そして病気とはどんなものかを知ることによって、自分や家族の健康、更には、社会全体の健康の維持や増進につながっていくことになります。

そういった見地から、日本医学検定協会は、医学の知識を「検定」というチャレンジしやすい形で、国民のみんなの健康に貢献することを考えていると解説しています。

 <医学検定の概要>
・受検資格 :制限なし[どなたでも受検できます]
・受付の期間:年3回[初回は2010年11月21日(日)に実施予定]
・受検級数 :1級〜5級
※4級以上の級に関しては、2011年以降の実施を予定。
※2010年は5級の検定が行われます。

<医学検定の特徴>
・身近な医学や健康に興味のある方から、医療系国家試験を目指す方まで、誰でも受検することができます。
<出題>
・「健康」や「からだ」を中心に、さらには「医療制度」にまつわる問題が出題されます。
※これらの問題は日常生活に医学を関連づけた身近な内容になっており、実用的に構成され無理なく医学の知識を身につけることができます。

  「医学検定 第1回試験」申込受付中です。
■申込受付け:現在受付中。受験者数300名限定です。
■試験日  :2010年11月21日(日)
■場所   :東京都渋谷区代々木
■受験者数 :300名限定
※第1回は5級検定のみ実施

  詳しい内容はこちらをご覧ください。
      ⇒一般社団法人 日本医学検定協会

■その他の主要資格試験 最新ニュース
介護従事者の新規採用実態調査では、新規採用者の性別は、「女性」が61.6%、「男性」が38.4%。年齢別では、20代の23%を筆頭に、40代21%、60代20%、30代16%と続き、10代・50代はともに10%で、20代と60代で増加傾向にあった。
NPOパソコン整備士協会が主催する、「第17回パソコン整備士検定試験」の申し込み締切りは今月24日です。受験予定者はお急ぎください。試験は11月14日(日)。受験級は1級〜3級です。
「CompTIA FREE Certification RETAKEキャンペーン」が始まりました。期間は2010年10月13日(水)から12月25日(土)まで。本キャンペーンに参加すれば、1度目の受験が不合格の場合でも、2度目の受験を無料で受験できます。認定資格取得へのスキルを磨いている方や、トレーニングを受講されている方などにお勧めです。
(社)日本翻訳協会が主催する「JTA公認翻訳専門職資格試験」第9回試験の申込み受付中です。締め切りは11月26日(金)、試験日は12月5日(日)です。
posted by さんすけ at 11:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

コーディングスペシャリスト

「コーディングスペシャリスト」とは、医師が書いたカルテの病名を確認し、WHOが発行した国際疾病分類(ICD)に沿って詳細に分類し、符号化する専門家で、医師との連携を図りながらコーディング業務を行う人材を言います。
医療現場では今、「診療報酬包括化への移行・電子カルテ化・医療機能評価」等により、医療事務だけでなく、ICDコーディングスペシャリストという新しい分野の専門家が必要とされています。今後の医学研究や病院経営・分析に欠かせない存在で、ICDコーディングスペシャリスト(Tの養成は、急性期病院の急務になっています。

平成22年後期の「コーディング技能検定」のスケジュールが公開されています。

※願書受付:平成22年10月4日(月)〜11月4日(木)
※試験日 :平成22年12月4日(土)
※受験料 :6,000円
受験会場 :東京

NPO法人日本クリニカルコーディング協会が実施している、ICDコーディング技能検定試験は1級〜3級まであり、 2級以上取得すれば、海外はオーストラリア診療情報管理士協会認定のコーディングスペシャリストにも挑戦することができ、2級合格者からは、ICDコーディングスペシャリストと呼ばれます。

例えば、3級試験概要は、「ICD-10に基づくコーディングの基礎知識」で、出題形式は、疾病名に対するコード記入、問題数が60問、試験時間 90分です。
受験対策では、ネット上で受講できる「ICDコーディング3級講座 」を受講すると受講期間中であれば、受講生の都合に合わせてネット上で検定試験(3級)を受験できます。
初めての受講、受験には会員登録が必要です。

■詳しい内容の確認
   ⇒ICDコーディング3級
posted by さんすけ at 12:16 | Comment(0) | TrackBack(1) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

認定医師秘書

2008年、厚生労働省は病院勤務医の業務負担を軽減する為に、医師が行ってきた、医師が携わる事務作業の補助をする者(医師事務作業補助者=認定医師秘書TM)の配置を診療報酬請求の評価の対象としました。これによって医療機関は、医師事務作業補助体制を取るようになってきました。
厚生労働省が示す業務内容に必要な知識・技能を修得する時間数(32時間以上)が定められています。

受験資格は、指定教育機関において認定医師秘書講座の受講修了をした者又は、医療機関において医師事務作業補助職として6ヶ月以上の実務経験を有す者などです。

  ■第3回認定医師秘書資格試験の概要
※願書提出期間:平成22年1月12日(火)〜2月19日(金)
※試験日   :平成22年3月28日(日)
※受験料   :8,000円
※試験地   :在宅試験

試験は、学科(医師事務作業補助基本知識)と実技(医療文書作成)で構成されています。
学科の出題範囲は、医療関連法規、医療保険医学・薬学一般、診療録及び電子カルテ、個人情報保護、医師事務作業補助業務、病院管理・組織、医療人としての接遇マナー。実技は医師事務作業補助業務 @ 診療録・処方せんの作成 A 各種診療書・証明書・申請書の作成などになります。

多くの認定指定期間において、認定医師秘書資格取得のための講座などが組まれていますが、通信講座でも受験資格を取得することができます。  ⇒LECの「認定医師秘書合格講座」

○今からでも時間は十分にあります。新しい資格でもあり、チャレンジする価値はあると思います。我と思わん方は、通信講座の受講から始められてはいかがでしょうか。
posted by さんすけ at 15:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

救急認定薬剤師

日本臨床救急医学会は、「救急認定薬剤師制度」の概要を学会Webサイトで公表した。

認定の取得には、学会が実施する認定試験に合格することや、救急領域における2年以上の実務経験などが必要。今後、細部の規定を検討して決め、2011年に運用を開始し、2012年に第1回目の認定試験を実施する計画。
試験実施に向け、来春には、救急領域における薬剤師の業務内容をまとめた書籍の発刊を予定している。

尚、公表された認定資格の骨子は次の通り。

1.日本の薬剤師免許を有し、薬剤師として優れた人格及び救急治療における薬物療法に関する見識を備えていること
2.薬剤師としての実務経験を5年以上有し、かつ救急治療における薬物療法に2年以上従事していること
3.日本臨床救急医学会の正会員であり会員歴が2年以上あること
4.日本病院薬剤師会生涯研修履修認定薬剤師、日本医療薬学会認定薬剤師、薬剤師認定制度認証機構により認証された生涯研修認定制度による認定薬剤師、あるいは日本臨床薬理学会認定薬剤師であること
5.医療機関において、救急治療における薬物療法に関する業務を通じて患者の治療に自ら参加した25例以上の症例を報告できること
6.申請時において、ICLSコース受講もしくはBLS/AEDコース指導経験があること
7.研修委員会が指定する学術集会、研究発表などにおいて、別に定める単位数を履修していること
さらに、認定取得には、学会が実施する認定試験に合格する必要がある。

今後、試験の実施時期や場所の他、認定の英語名、単位履修を認める学術集会など、細部の規定を検討し、認定制度の全体像を年内に決める計画になっている。

※救急領域は医師を筆頭にマンパワーが不足しており、多職種が参画するチーム医療の実践が求められている。それに伴い、ICUやCCU病棟、救命救急センターで、チーム医療に参画する薬剤師も増えてきたため、その業務の標準化や質の向上を支援するのが、認定制度構築の目的になっている。

■詳しい内容の確認
   ⇒JSEM 日本臨床救急医学会
posted by さんすけ at 10:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

MR認定試験

(財)医薬情報担当者教育センターが主催する、2010年度「MR認定試験」の受験申請が開始されました。

(個人受験者向け)
※受験申請締切日:平成22年10月8日(金)
・申請書と身分証明書は10月5日(火)までにセンターに届くこと。
※試験期日:平成22年12月12日(日)
※試験地・会場:東京 学習院大学  大阪 大阪工業大学大宮校
※受験手数料:4科目以上12,600円 3科目以下10,500円

医薬情報担当者は、MR(Medical Representatives)と呼ばれ、医療機関を訪問し自社の医療用医薬品を中心とした医薬情報を医療関係者(医師、歯科医師、薬剤師、看護師など)に提供し、医薬品の普及を計ると同時に、医薬品の有効性や安全性の情報を医療の収集して企業に報告すること、また正しい形で医療関係者にフィードバック(伝達)することなどを主な業務としています。

この受験には、受験資格が必要で、製薬企業またはMR派遣業で導入教育を受講し、修了認定するか、センターの教育研修施設で基礎教育300時間を受講し、修了認定を受ける必要があります。

試験科目は6科目(疾病と治療、薬理学、薬剤学、医薬概論、PMS、添付文書)、試験の範囲はMR研修テキストから出題されます。
尚、医師、歯科医師、薬剤師は、疾病と治療、薬理学、薬剤学が免除されます。


■資格の難易度  「D」易しい
    合格率  80%前後

■教材
MR認定試験対策教材

■関連資格の記事
登録販売者
薬学検定

■詳しい内容の確認
    ⇒(財)医薬情報担当者教育センター
posted by さんすけ at 08:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

ホスピタリティ検定試験

NPO法人 日本ホスピタリティ協会が主催する、2010年度の「ホスピタリティ検定試験」の受験要綱は、間もなく掲載されます。


※申込み受付期間:2010年9月下旬〜10月中旬頃
※試験日    :2010年12月上旬予定
※試験会場   :東京
※受験料    :3,150円(税込み)

この試験は、社会人として、公共の場やビジネスの現場で、相手(お客様、スタッフ、地域の人々)の立場に立った応対をするための基礎的な能力を認定する試験で、コミュニケーションの重要性の理解と、自らが生き生きと仕事をするために役立つ知識と判断力(マナー、コミュニケーション、クレーム応対等)が測定対象になります。

受験資格はなく、誰でも受験できます。
受験級は、3級。現在は3級試験のみ開催されているが、今後、2級、1級も実施される見込み。
試験方式は、3答択一式(マークシート) 80問 (3級)
試験内容は、EQ(感情知能指数)と交流分析、ホスピタリティ・マナー、クレームの対応と顧客満足、などがあります。

組織内のチームワークづくりにも力を発揮するスキルであり、ビジネスマンとして学んで損はないスキルです。
企業の新規採用者や大学生などに向いた試験で、これから社会人として、最低限必要なホスピタリティの基礎が習得できます。

協会から出版されている「ホスピタリティ実践コース<ベーシック編>」から出題されるので、独学でも可能だ。

posted by さんすけ at 12:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

国家試験問題を電子書籍で

「医師国家試験」「歯科医師国家試験」「保険師国家試験」の過去問及び解答が電子書籍で無料で見られるようになりました。

今までも厚生労働省のホームページでPDFファイル形式などで無料でダウンロードして見られますが、時間がかかったり、取扱いがやりにくかったりしましたが、電子書籍になると扱いは非常に簡単で何度でも戻ったり、必要な箇所だけを見たりなど、自由度が大幅に改善されます。

さらに、電子書籍の場合は、紙の書籍では不可能な、ハイパーリンク・動画・音声などを併用した他のコンテンツも見ることができます。また本棚の場所も不要など、多くのメリットがあります。


■上記国家試験の過去問を利用する方は、iPad、又はiPhoneを準備下さい。もちろん、パソコンでも見られます。
(手順)
1.電子書籍検索サイト hon.jpにアクセスする。 http://hon.jp/
2.トップページの左側の電子書籍一覧の中の「厚生労働省・無料」をクリック。発行中の過去問リストが表示される。
3.ダウンロードしたい希望のタイトルをクリック。
4.表示された書籍詳細の「フォルダ登録状況」の右横の「PC」をクリックする。
5.画面下部に「Medical e-hon DL 決済」などとリンク文字で表示されるので、その文字をクリックすると、過去問の詳細が書かれたページに飛びます。
6.ダウンロードするときは、下方の「無料ダウンロード」のボタンをクリックする。

iphone" target="_blank">iPhone関連備品
ipad" target="_blank">iPad関連備品
posted by さんすけ at 10:06 | Comment(0) | TrackBack(1) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

独学で狙える医療事務資格

日本の医療事務資格は全て民間資格で、しかも医療事務の仕事をするのに有資格者である必要はありません。ただ、医療事務の資格を持っている方が、就職や転職の時に明らかに有利なことは間違いありません。
しかし、ひと言に医療事務資格といっても、大きく分けて医科、歯科、診療情報、調剤、レセコン、介護など、さまざまな分野があり、主なものだけで約35種類ほどの資格があります。
一方、独学で医療事務の資格を取得するにはある程度の基礎知識がないとなかなか難しいと言われていることも事実です。

今回は、多くの医療事務資格の中から、独学で取得しやすい資格は、これしかない、という資格をお教えします。
それは、「医療秘書技能検定試験」と、「診療報酬請求事務能力検定試験」です。
この2つの資格は、医療事務資格の中でも特にメジャーな資格で名前が通っているだけでなく、独学で勉強するのに合った資格と言えます。

その理由の一つが、インターネット上に試験に関する情報が非常に多く、情報を収集しやすいことです。
例えば、取得するまでにどれぐらいの勉強時間が必要なのか。とか、どの範囲に重点を置いて勉強したらよいか。など、インターネット上に過去に資格を取得した人の意見が多く掲載されており、参考にできることが多い。
2つ目は、教材が多いということです。参考書や問題集だけでもこれだけ発売されています。
医療秘書技能検定試験
診療報酬請求事務能力検定試験

3つ目は、受験資格がなく、誰でも受験することができることです。

●医療秘書技能検定試験
・次回の試験:第45回 平成22年11月7日(日) 
※毎年2回実施 6月上旬、11月上旬頃
願書受付:9月7日〜10月7日
・合格率:1級10%、準1級20%、2級45%、3級70%前後
・主催団体:医療秘書教育全国協議会

●診療報酬請求事務能力検定試験
・次回の試験:平成22年7月19日(月・祝) 
※毎年7月と12月の年二回実施
願書受付:平成22年5月6日(木)〜6月4日(金)
・合格率:約30%前後
・主催団体:(財)日本医療保険事務協会
posted by さんすけ at 11:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

認知症ケア指導管理士

日本認知症ケア学会が認定する「認知症ケア専門士」は現在、第6回試験の申込み受付中ですが、認知症高齢者が増加する現在、医療・介護現場で働くスタッフの認知症に対する専門性と質の向上、スキルアップを目的とした新たな認定資格「認知症ケア指導管理士」が創設された。
主催は財団法人職業技能振興会で、今年の7月に第1回試験が実施される。

第1回試験は東京で開催され、試験は認知症高齢者の基礎知識やケアの専門知識・実践など幅広く問う内容で、認知症に関する専門知識や技術などを筆記試験で行われる。受験料は5,000円。
キャリアカレッジで受験対策講座も開催され、第1回試験は同協会のテキストから出題される予定。

尚、今回、財団法人職業技能振興会では、同時に「健康予防管理専門士」と、「福祉美容コーディネーター」の認定試験も新たに創設され、高齢社会を見据えた人材育成のための一助となることが期待されている。

      受験対策他、さらに詳しい内容はこちらでご覧ください。
           ⇒認知症ケア指導管理士



※「認知症ケア指導管理士」に関して
<問い合わせ>
財団法人職業技能振興会 
事務局 東京都台東区浅草橋1-33-6-503
TEL 03-5823-7885  FAX 03-5823-7886
フリーダイヤル0120-797-885

※「認知症ケア指導管理士」資格取得に関して
キャリアカレッジ フリーダイヤル 0120-797-885

●参考情報
※「認知症ケア専門士」資格試験についての詳細
  http://www.newtongym8.com/G-Ninchisyou.html
・公式サイト
  http://www.yume-net.ne.jp/dome/chihocare/senmonsi/Asenmonsi.htm
<問合せ先>
日本認知症ケア学会事務センター 
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂4-1-1 オザワビル (株)ワールドプランニング内
TEL:03-5206-7565 FAX:03-5206-7757
 E-mail: d-care.senmon@nqfm.ftbb.net  (9:30〜17:30)
posted by さんすけ at 10:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

登録販売者

昨年新たに創設されスタートした「登録販売者」資格試験、第3回目の本年の申込み受付は各都道府県で行われますが、早いところでは6月初旬から受付が始まります。
   ・各都道府県別の情報はこちらで確認できます。

「登録販売者」資格は、医薬品の店舗販売業者等において、一般医薬品のリスク分類に基ずく第二類および第三類の医薬品を販売できる新しい資格で、2006年の薬事法改正に伴い創設された資格です。

登録販売者になるには、まず都道府県で開催される試験に合格して、都道府県知事の登録を受けなければなりません。
この資格は国に代わって都道府県が実施する公的資格です。
試験には受験資格要件が細かく決められています。例えば、受験者が高卒の場合、実務経験が1年以上必要になります。実務経験は、月に80時間以上勤務した場合を1ヶ月とした計算になります。

試験はマークシート方式の筆記試験で、正答率7割以上が合格ラインです。また、出題は国の作成する「試験問題作成の手引き」等に準拠し、都道府県が問題を作成します。合計出題数は120問、試験時間240分です。 
   試験の出題範囲はこちらで確認できます。

尚、2008年に行われた第1回試験では、全国の合格者総数約4万人、総受験者数約6万人、合格率は約68%。
2009年度は総受験者は4万4788人、合格者2万1209人で、合格率は47.4%であった。

■資格の難易度
    「C」 やや易しい
     
■教材
医薬品販売者資格試験教材  

■資格試験の詳しい情報
     ⇒登録販売者資格試験

■公式サイト
    ⇒登録販売者公式サイト


posted by さんすけ at 09:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

医療福祉環境アドバイザー

日本医療環境福祉検定協会が主催する2010年「医療福祉環境アドバイザー」資格試験の申込み受付が間もなく始まります。今回の試験は1級〜3級が行われます。次回は 2010年11月の予定です。

※受付期間:2010年4月5日(月)〜5月31日(月)
※試験日 :2010年6月27日(日)
※会場  :東京・大阪・福岡
※受験料(税込):3級7,350円 2級10,500円 1級15,750円

「医療福祉環境アドバイザー」は医療や介護、福祉等の施設における環境管理の専門家、感染予防のスペシャリストです。感染症対策やメンタルケアの知識を習得し、手洗いやうがいなどの感染予防の基本、消毒の基本、ノロウイルスやインフルエンザウイルスについて幅広い知識などを身につけ、感染症から患者・利用者を守るため、様々な目的で活動しています。

試験は、3月、7月、11月の年3回実施され、試験級は1級〜3級までの3段階。 受験資格はなく、何級からでも受験可能。ちなみに1級と2級・2級と3級で併願受験も可能です。
試験対象は、3級は初級で学生から一般職員レベル対象。2級は施設責任者から感染対策担当者レベル。1級は感染対策責任者レベルの試験にないます。

試験形式は2級と3級が、選択形式で100問/60分、1級は選択形式70問と
記述式3問/90分です。合否判定は各級とも合格基準70%以上の正解で合格です。


■資格の難易度  「C」やや易
    合格率 1級約80% 2級約70% 3級約70%(2009年度試験結果)

■教材
協会が販売する専用書籍

■関連資格の掲載記事
医療環境管理士
メンタルケア心理士

■詳しい内容の確認
    ⇒医療福祉環境アドバイザー公式サイト
posted by さんすけ at 11:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

色彩心理学療法士

”2010年に取得にチャレンジしたい注目の資格”の中で、ランキングベスト10に選ばれた資格の一つが「色彩心理学療法士」である。

色彩心理学療法の効用が認められ、子どもたちを対象にした色彩心理学療法をとりいれた展開や、企業でのメンタルヘルス等、心理支援や教育研修展開など、社会でのニーズに応じた心理支援活動が行われています。

この水彩絵の具やクレヨンなどの道具を使い、色をともなう表現・創作活動を行うことで心身の統合や人間性の回復をはかる色彩心理学療法の理論と実践力を身につけたエキスパートが「色彩心理学療法士」という資格です。

色彩心理学療法は心理学の一分野「色彩心理学」をベースにした心理療法であり、資格認定は、日本色彩心理学研究所が行っています。
2005年にスタートしたこの新しい資格を取得するためには、日本色彩心理学研究所主催の資格取得研修コースを修了しなければなりません。
全課程修了後、最終選考試験を受講し、合格後、資格授与となります。

当資格研修コース(通学講座)は1年制で、このコースで学ぶためには色彩心理学学習コース初等・中等科(6ヵ月)と、高等科(6ヵ月)の修了が条件となっている。

■色彩心理学療法士資格取得研修コースの概要
・応募期間 年に2回(5月・11月)
・授業回数 全24回(面談・補習有)
・履修期間 1年〜1年半(最短1年)
・対象 色彩心理学学習コース全課程を修了した者
・受講費 899,325円(前期+後期)
※資格取得時登録料 ¥5,250 要。商標使用料¥18,900/年 要 。

・カリキュラム 前期
1.色彩心理学療法論
2.色彩と人間
3.自我について
4.色彩と言語
5.イメージについて
6.第1回実践検討会
7.色彩環理論
8.対話とコミュニケーション
9.第2回実践検討会
10.第1回色彩心理学療法実践論
11.第2回色彩心理学療法実践論
12.第3回色彩心理学療法実践論
・カリキュラム 後期
1.第1回色彩心理学療法研究会
2.第2回色彩心理学療法研究会
3.色彩の独自性
4.色覚について
5.実践計画@
6.健康と病
7.個人と社会
8.実践計画A
9.実践計画B
10.フォローアップ
11.卒業実習@
12.卒業実習A

■難易度 「C」やや易
   合格率 62%(2007年度)  52%(2008年度)
■教材
色彩心理学療法士関係教材

■関連資格
臨床心理士
■詳細の確認先
日本色彩心理学研究所
posted by さんすけ at 11:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

医師事務作業補助技能認定試験

(財)日本医療教育財団が主催する、平成22年度「医師事務作業補助技能認定試験」の申込み受付が間もなく始まります。合格者には「ドクターズクラーク」の称号が付与される、資格開始年が2009年の新しい資格です。

※申込み受付期間:平成22年1月27日〜平成22年3月13日
※試験日    :平成22年3月27日(土)
※受験料    :8000円
※試験会場 :各都道府県内の公共施設等

今まで医師が行っていた診断書作成、処方せんの発行や電子カルテ入力などの事務作業が、2008年4月から事務員でも行えるようになった。
このような医師の事務作業を補助する人材の知識と技能を評価・認定する試験が「医師事務作業補助技能認定試験」。2009年3月にスタートした新しい民間資格。

受験資格は、医療機関等において医師事務作業補助職として6ヵ月以上(32時間以上の基礎知識習得研修を含む)実務経験を有する者などが対象。
試験は年6回実施。試験内容は、学科(医師事務作業補助一般知識)/ 筆記(択一式)25問/50分と実技(医療文書作成)/筆記(記述式)4問/ 60分が行われる。

合格者に付与される「ドクターズクラーク」の称号は、診療記録や各種診断書・証明書・処方せん等の医療文書作成業務等、医師事務作業補助職として必要な基礎的知識・技能を有していることを証明するものになる。
2008年より医師事務作業補助者の配置が診療報酬に盛り込まれたことで、注目度がアップしている職種。また勤務医の負担軽減や医療現場の質の向上のためにも今後の活躍が期待されている。


●試験対策:各種書類を作成するためのOAスキルや医学、そして薬学に関する基礎知識は最低限必要。また診療報酬についても熟知していなければならない。
■資格の難易度・合格率
  1次試験:24.1%(平成21年度) 2次試験:19.8%(平成20年度)
■教材:
医師事務作業補助技能認定試験教材
■関連資格
診療情報管理士
■詳細の確認
    ⇒http://www.jme.or.jp/a_e/m_w/index.html
posted by さんすけ at 09:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

歯科助手検定

医療福祉教育振興グループの日本歯科助手検定協会が主催する、第4回「歯科助手検定試験」の申込み受付が間もなく始まります。
受付期間が大変短いので、受験予定者は注意が必要です。


※受付期間 :平成21年11月16日(月)〜11月24日(火)
※試験日  :平成21年12月6日(日)
※試験会場 :神戸 福岡
※受験料  :3級 4,000円 2級 5,000円  1級 6,000円


歯科助手の仕事内容は、受付やカルテの整理、レセプト作成、会計、器材の準備や受け渡し、消毒、薬品の準備、後片付けなど、総合的に歯医者のアシスタントを行ないます。
「歯科助手検定」は、その歯科助手としての能力を認定する検定試験です。

試験の級は、1級、2級、3級がります。受験資格は特にありませんが、
受験に飛び級受験はできません。3級より受験します。
試験方式は試験は選択式で、各級とも時間は60分。

内容は、3級は歯科診療補助、歯科診療概論など基本的な知識と簡単な診療方法で、70%以上の正答にて合格。2級は、歯科診療補助、歯科臨床概論、口腔衛生など、歯科医療に対する広い知識と診療方法で、正答率75%以上が必要。1級は歯科診療補助、解剖・生理学、歯科臨床概論、薬学、栄養、口腔衛生など、歯科医療に対する認識が深く、診療体制に関する正確・迅速な対応で、正答率80%以上にて合格です。


■資格の難易度  3級 「D」易しい
     合格率 非公開

■教材
歯科助手試験対策教材

■他の医療関係資格の掲載記事
医療事務管理士
メディカルクラーク

■詳しい内容の確認
     ⇒医療福祉教育振興グループ
posted by さんすけ at 09:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。