今年、資格試験にチャレンジされる方に、資格試験の日程の他、試験結果、試験の難易度、受験対策などの各種の最新情報を掲載しています。

2014年04月06日

環境アレルギーアドバイザー

「環境アレルギーアドバイザー」という資格が創設され、今年2月に第1回試験が実施されました。資格は、一般社団法人日本環境保健機構が認定する民間資格。

環境アレルギーアドバイザーは、アレルギーやシックハウス症候群など環境が関連する健康問題に対して正しい知識を有し、患者やその家族、周囲の環境を理解し、環境改善をサポートする専門家です。
アレルギーと言えば、これまでは医学関係者しかケアが行えなかったのですが、一般の衣・食・住において環境改善が指導できるアドバイザーとして各業界で活躍できそうです。

試験の受験資格に制限はなく、誰でも受験できる試験です。試験方式は4肢選択方式で、出題数100問を90分で解答します。出題内容は、以下の@、A、Bです。
@アレルギー、化学物質過敏症、シックハウス症候群など環境要因のある問題、
A日常生活における環境影響(日用品、被服、食生活、住環境等)、
Bアレルギーなどに関わる法令関係
問題もそれほど難しくなく、公式テキストの問題集「環境アレルギーアドバイザー試験 対策問題集」で順番に問題集解いていき、分からない部分を公式テキストをみて確認し、細かくしっかり勉強をすれば合格できる資格です。

身近な生活環境全般に関わる資格であるため、この資格だけで就職することは難しいですが、アレルギーに関する知識を資格で取得しておくことで、住宅関係や介護、衣料関係の業界のほか、理容・美容関係、幼稚園、食品など衛生に厳しい業界において活用が計れると思われます。




posted by さんすけ at 12:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月01日

家庭エコ診断員

家庭部門のエネルギー消費量はオフィスなどを含む業務部門と同程度の規模があるため、家庭部門での省エネ、省CO2推進が重要だと言われています。そのため環境省は、「家庭エコ診断制度」を創設し、診断員のための資格試験を開始することにしました。

新しく創設される資格名を「うちエコ診断員」と称されますが、うちエコ診断員に求められるのは環境省の診断ツール「うちエコ診断ソフト」を使って、各家庭向けに公平、正確なアドバイスを示すことです。本試験では、うちエコ診断の具体的な作業のほか、地球温暖化問題や日本の家庭におけるCO2排出量の状況などの基礎知識と、具体的な対策方法などが出題されることになっています。

環境省は、平成25年度家庭エコ診断推進基盤整備事業における試行試験を東京、大阪及び福岡において開催すると発表しました。環境省では、この「うちエコ診断員」の資格試験制度を平成26年度から開始予定であり、平成25年度の環境省家庭エコ診断推進基盤整備事業内で試行試験を実施することにしたものです。

今回の試行試験自体は国家資格の認定ではないものの、更新研修を受講することで、資格を保有できるようになる見込みです。試行試験では、うちエコ診断員に必要な地球温暖化の基礎知識、家庭での省エネルギー、温暖化対策に関する知識や、診断実施の際に必要なコミュニケーションスキル、ソフト操作能力になどついて、客観的に能力の確認を行うことになっています。


        「うちエコ診断員」試行試験の概要

・試験日程
 (一次試験) 平成25年10月13日(日)13時から16時30分(3科目×60分)
 (二次試験)
  【東京会場】平成25年11月9日(土)、10日(日)
  【大阪会場、福岡会場】平成25年11月9日(土)
・受験申し込み期間
       2013年8月22日(木)から9月5日(木)まで
・試験会場(予定)
 東京会場:武蔵野大学 有明キャンパス
 大阪会場:追手門学院 大阪城スクエア
 福岡会場:九州大学箱崎キャンパス
・検定料
 今回に限り無料
※平成25年度試行試験を受験し、うちエコ診断員として認定を受けた者は、平成26年度において更新研修を受講すれば、引き続き、資格を保有することが可能となっています。
・申込み受付
    ⇒「うちエコ診断員」試行試験受付

        詳しい内容はこちらでご覧ください。
          ⇒うちエコ診断


■その他の主要資格試験 最新ニュース
センター試験利用4年制大、来年最多の684校
PHP技術者認定初級試験対策(チケットあり)
世界で活躍するゲームクリエイター育成に向けて!河合塾グループが国際交流を強化!
無資格者半数も認可 小規模保育 国基準案が決定
宅建試験受験申し込み 前年比2000人減 速報値







posted by さんすけ at 09:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月14日

エネルギー診断プロフェッショナル

一般財団法人 省エネルギーセンターが、工場やビルのエネルギー使用状況を分析し、改善提案ができる能力を認定する資格制度「エネルギー診断プロフェッショナル」を立ち上げたことを発表しました。節電需要が高まる中、エネルギー診断の専門家を養成することで、エネルギー診断を受ける利用者に事業者選定の判断基準を示す一方で、資格保有者がいることで、省エネ関連製品を提案する企業は一層の信頼性向上が期待できるとしています。

「エネルギー診断プロフェッショナル」は、通称を「診断プロ」といいます。仕事の役割は、企業や公的施設において、エネルギーに係わる高度な知見と現場経験をもとに、エネルギー使用が適正となるよう、現状を把握・分析の上、機器や設備の導入から運用、生産、サービスに至るまでの総合的活動のあり方を提案することとされています。

この資格の受験資格は特に定められていません。誰でも受験できますが、エネルギー管理士相当の知識があり、そのうちで診断実務に重要と考えられる知識を有している事とされています。
試験は1次と2次試験があり、1次では熱や電気、再生可能エネルギーなどの診断に必要な専門知識を筆記試験で確かめます。
第1回試験が来年2月にスタートし、同年7月には合格者が決まる予定で進められています。

     平成24年度「エネルギー診断プロフェッショナル」認定試験の概要
・申込受付期間: 平成24年10月15日(月)〜平成25年1月15日(火)
・試験日時  : 平成25年2月17日(日)10:00〜16:40
・試験科目と時間配分
  試験科目T−A 基礎知識 〔省エネ、節電〕 ※エネルギー管理士資格者は免除
  試験科目T−B 基礎知識 〔新エネ等上記以外〕
  試験科目U   課題抽出能力
  試験科目V   課題解決能力
・合格発表  : 平成25年3月上旬
※合格者は平成25年と平成26年の2年間に限り二次試験を受験することができます。
※2次試験 試験日時は、平成25年4月以降を予定。二次試験受験申込者には診断報告書作成要領を送付。提出期限までに診断報告書を提出。
・受験資格  :学歴・経歴・性別・国籍など、資格制限はありません。※但し、上記参照。
・試験会場  :1次、2次共に東京と大阪。
・受験料   :一次試験 19,000円(消費税込)
※受験料にはエネルギー診断プロフェッショナル認定試験公式テキストと出題事例が含まれます。
        二次試験:25,000円(消費税込)

        詳しい内容はこちらで確認ください。
         ⇒エネルギー診断プロフェッショナル試験案内
         ⇒エネルギー診断プロフェッショナル認定の手引き


■その他の主要資格試験 最新ニュース
不動産戦略アドバイザーとは?
公認会計士の合格者数は「右肩下がり」。試験パスしても就職見つからない
住宅地盤の専門家「地盤インスペクター」資格検定講座、ついに開講












     
ラベル:省エネ診断
posted by さんすけ at 10:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

太陽光発電アドバイザー

特定非営利活動法人日本住宅性能検査協会は、今年の10月8日(月)に全国7都市で行われた第1回「太陽光発電アドバイザー試験」の最終合格を発表しました。
それによると、試験結果は以下の通りです。

◆試験結果
・受験申込者数:2,186名 
・合格者数:1,014名
・合格率:46.39%
・合格基準点:50点満点中33点(平均点:31.8点)

     さらに詳しい内容はこちらで確認ください。
    ⇒第1回太陽光発電アドバイザー試験最終結果

太陽光発電は、環境問題やエネルギーの自給率向上・地産地消の解決策として再生可能エネルギーが注目されるなかで高い注目を浴び、急速に普及しつつありますが、しかし、その一方で、関連の知識不足による様々なトラブルが増加してきているのも事実です。
太陽光発電は、購入から設置、運用の各段階において、経済的・技術的な問題だけでなく、法律や行政上の問題などが複雑に絡んでいるため、太陽光発電システムに関しては、導入によって生じる諸問題について、消費者の相談に応えることのできる専門的知識を有する専門家の存在が急務とされてきました。

そこでスタートしたのが特定非営利活動法人 日本住宅性能協会が認定する民間資格の「太陽光発電アドバイザー」資格です。太陽光発電アドバイザーは、主に一般住宅用太陽光発電システムの導入に際して、その専門的知識をもって消費者に対して適切な助言を行い、消費者が安心して太陽発電システムを導入し、導入後に発生したトラブルには円滑に解決できるよう支援してくれる専門家です。

尚、第2回の太陽光発電アドバイザー試験は平成25年5月12日(日)に全国7都市で実施されます。現在、協会では受験案内の請求の予約受付を開始しています。

        詳しい内容はこちらで確認ください。
          ⇒太陽光発電アドバイザー


■その他の主要資格試験 最新ニュース
参加費無料 ビジネス著作権検定 指導者セミナー開催のご案内
論文(論述)の書き方レッスン
あなたに合ったCcmpTIA資格を検索できます。
「ガチで役立つ資格ランキング」発表! 目指すならこの資格か?







ラベル:太陽光発電
posted by さんすけ at 12:10 | Comment(1) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月07日

石綿(アスベスト)建築物調査者

建材への石綿(アスベスト)の含有を見分ける「建築物調査者」が公的資格になる制度が創設されることになりました。
輸入石綿(アスベスト)の8〜9割は建材に使われ、飛散が懸念されているにもかかわらず、統一手法のない今の含有調査には、知識・経験不足による見逃しなどが指摘されています。
資格創設は被害拡大を防ぐ要として期待されており、国交省は審議会の了承を得て来年度にも制度を開始する方針を決めました。

調査には、石綿(アスベスト)の関連疾患とリスクや、設計文書からの情報収集手法、実際の建物での調査手法などを熟知することが必要なため、企業や団体の担当者らが今後、この新しい資格を取得するためには、専用のテキストを用い、実際に建物をみる実地研修や講義など、4日間の講習を受けることになります。また、サンプルの採取法や報告書の書式も定めることにしています。

国交省のワーキンググループは、既に昨年から模擬講習を実施しており、国交省は今後も講習を開きながら仕組みを整備していく方針です。
そして最終的には講習や資格認定は民間委託する方針ですが、建物調査や石綿除去に対する国庫補助の要件に、資格取得者による実施を加えることで、普及を促進する計画にもなっています。

        ⇒日経新聞ニュース記事

※石綿(アスベスト)とは。
蛇紋石や角閃石が繊維状に変形した天然の鉱石で、耐久性、耐熱性、耐薬品性、電気絶縁性などに非常に優れ、安価であり、「奇跡の鉱物」として重宝され広く使用されてきた。
しかし、空中に飛散した石綿繊維を長期間大量に吸い込むと、肺癌や中皮腫の誘因となることが指摘され、石綿被害によるアスベスト訴訟が起きている。



■その他の主要資格試験 最新ニュース
「介護職員基礎研修」の受講者急増
再開発プランナー筆記試験速報
「CG-ARTS 検定」 2012後期 願書受付開始
介護福祉士 受験対策 スタートアップ講座【1日間】
つくばでアプリ開発コンテスト−参加資格は「初心者限定」







ラベル:アスベスト
posted by さんすけ at 11:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月26日

環境コンシェルジュ

家庭でのエネルギー消費に占める「冷房」の割合はどのくらいかご存知でしょうか?
「平成20年度版環境/循環型社会白書」によると、多くの人は3割ぐらいだと思っているようです。
正解は2%程度。このように家庭の省エネ対策は誤解が多く、適切な行動が取られていないという問題があり、工場などの温暖化ガス排出量は90年比でほぼ横ばいなのに対して、家庭部門では2008年度実績で34.7%増となっています。

2020年までにCO2を25%削減(90年比)するためには、この家庭からの排出量を2008年比で5割以上削減することが必要になっています。そのため環境省は来年度から「環境コンシェルジュ」の創設を計画しています。
「コンシェルジュ」とは、生活のサポートサービスを提供するスタッフというような意味ですが、ここでは、各家庭を訪問して住民に1日のテレビの視聴時間のアンケートを取ったりして、CO2の排出源とその量を見える形にすることや、生活パターンから始まり、エコリフォーム、省エネ家電への買い換え、太陽光発電システムの導入などの「省エネ行動」を指導します。

「環境コンシェルジュ」とは、各家庭のCO2排出量を用途別に診断し、省エネ行動を指導する人ということになりますが、環境コンシェルジュになるには、都道府県の地域地球温暖化防止活動推進センターなどで2〜3日間の研修を受けなくてはなりません。研修内容は、温暖化の知識から始まり、事業の中立性やトラブル対処などまでに及びます。環境コンシェルジュは全国で1万人程度を育成することが予定されています。
尚、環境省はこの診断事業で、診断員のための資格制度創設も検討しています。2012年度にも資格制度を前提にした診断員の新規養成研修が試行される予定です。

        計画の概要はこちらで確認できます。
          ⇒「環境コンシェルジュ」制度を計画 環境省
          ⇒環境省 報道発表



■その他の主要資格試験 最新ニュース
Android技術者認定試験の受験者を分析、実績豊富なIT技術者が移行
「消費者力検定」29日から受け付け
【調査結果】スキルアップに欠かせない、人気の資格とは?
【とある資格の挑戦状】「宅地建物取扱主任者試験」(受験申込)
意外と稼げる資格







ラベル:エコ エコ診断
posted by さんすけ at 07:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

屋上緑化コーディネ−ター

財団法人 都市緑化機構が主催する、屋上緑化の設計・施工に関する専門知識を認定する資格制度、「スカイフロントコーディネーター」が今年からより分かりやすい名称、「屋上緑化コーディネーター」に改称しました。

屋上緑化は都市部を中心に普及し、最近は緑化できる建物も多岐にわたります。施工に当たっては、建築と造園の二つの専門分野にまたがる工事になるために、建築設計時の対荷重値の確認や防水処理、メンテナンス法など様々な専門知識が必要であるにもかかわらず、安易な設計、不注意な施工によるトラブルも多く見受けられています。
そんな中、建物緑化を安心・安全に設計・施工できる人材の育成が、今後の建物緑化の健全な普及にとって不可欠なものとして屋上緑化資格試験が実施されてきました。

今年も来月1日から2012年度試験の受付が始まりますが、協会では「屋上緑化の知識と技術」をテーマにした、屋上緑化の計画と施工を集中的に学ぶことができる講習会を開催します。
資格取得には講習会の受講が義務つけられています。

      講習会の詳しい内容はこちらで確認ください。
         ⇒屋上緑化コーディネーター講習会

      屋上緑化コーディネーター資格試験の内容はこちらで確認ください。
          ⇒屋上緑化コーディネータ資格試験

※この試験には受験資格が必要です。
(1)年齢が受験年度の4月1日現在で満18歳以上であること
(2)性別、国籍、学歴は不問
(3)次のいずれかに該当するもの
 a)建築業・造園業などに1年以上従事しているもの
 b)建築・造園などの専門教育機関で1年以上学んだもの
 c)屋上開発研究会主催の講習会を受講したもの
 d)屋上開発研究会が認めた講習会を受講したもの
ここでいう建設業・造園業とは建築一般、土木建設業、造園業、造園関連資材 の生産・流通業、植物関連の生産・流通業などをさします。
※この資格を取得するには、屋上開発研究会主催の講習会を受講した上、屋上緑化に関するテキストで学習して試験に臨みます。できれば関連業務で経験を積んだ上での受験がより望ましいと思います。講習会受講料22,050円(消費税込み)
※今、都市環境の美化・ヒートアイランドの抑止に効果的であるとして、屋上緑化が注目されています。東京都の他、多くの自治体で「屋上の緑化が義務化」「屋上緑化に対する補助金制度の発足」など、具体的な施策が取られている現状から、資格取得できれば工務店や造園業、ガーデニングプランナーやインテリアコーディネーターなどの人は活躍の場が広がるでしょう。
※受験者数は毎年500人程度で、合格率は55〜65%前後。男女比がおよそ7対3。業態は造園関係者と建築関係者がほぼ同程度になっています。


■その他の主要資格試験 最新ニュース
”士業”で生き残るための6つの心得
平成24年度裁判所総合職・一般職(大卒程度)の申込者数が発表されました。
「どぼく検定」創設
エステティシャン,セラピスト,リフレクソロジスト…etc.未経験OKの“癒し”ワーク












        
ラベル:屋上緑化
posted by さんすけ at 17:57 | Comment(1) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

土壌汚染調査技術管理者試験

「土壌汚染調査技術管理者」は、平成22年度より土壌汚染対策法に基づく指定調査機関に設置が義務付けられている技術管理者のことで、この資格は環境省が管轄する土壌汚染関係では初の国家資格です。

指定調査機関とは、土壌汚染対策法に基づき汚染状況の調査を行う機関のことです。指定調査機関は、1) 特定有害物質を製造、使用または処理する施設の使用が廃止された場合、
2)土壌汚染による健康被害が生ずるおそれがある場合、などに調査を行います。
指定調査機関の登録数は2008年1月23日現在で、全国で1661機関あり、企業などの申請を受けて環境大臣が指定・登録します。

平成22年4月「土壌汚染対策法の一部を改正する法律」の施行に伴い、指定調査機関では「土壌汚染調査技術管理者試験」に合格した技術管理者を配置しなければ、平成25年以降は指定調査機関として存続することができないことが決まりました。平成22年3月までに指定を受けた指定調査機関においては3年間の暫定期間を与えられていましたが、平成24年、つまり今年の試験がその最後のチャンスになります。

今年度の「土壌汚染調査技術管理者試験」の実施予定はまだ発表されていませんが、昨年度の試験は申請書受付が8月からで、試験は12月11日でしたので、今年も同じ頃になるものと予想されますが、試験が平成22年の合格率は19%、平成23年の合格率は10%という非常に難しい試験でありました。

本試験に先立ち、「平成23年土壌汚染調査技術管理者試験 試験問題解説セミナー」が開催されます。セミナーでは平成23年(第2回目)の試験問題が全問解説され、試験問題の傾向と対策を理解することで、今年の試験突破を狙うものです。

     試験問題解説セミナーの概要
・日程
 7月17日(火)大阪 受付9:30 終了16:50
 7月19日(木)東京 受付9:30 終了16:50
・定員
 各100名
・参加費用
 1名 12,600円
・申込み
 FAXにて (受付期間 2012年7月10日(火)まで)

       詳しい内容はこちらで確認ください。
     ⇒「平成23年土壌汚染調査技術管理者試験試験問題解説セミナー」開催


■その他の主要資格試験 最新ニュース
MOS試験 累計受験者数300万人突破記念キャンペーン実施
“資格講座”受講者を標的にした詐欺に注意を!










 
posted by さんすけ at 07:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月07日

グリーンアドバイザー

春を迎え、これからの時期に一番活躍できる資格をご紹介します。(社)日本家庭園芸普及協会が主催する民間資格、「グリーンアドバイザー」です。花や植木、ガーデニングが好きな人には向いた資格です。
この資格は、ガーデニングを楽しみたい人に、花や植物の育成方法や楽しみ方を教えたり、役立つ情報などを提供する専門家に与えられる資格です。
主な仕事は、植物の育て方や家庭園芸用の肥料、用土、薬品等の使い方について指導を行うことです。

平成24年度「第21回グリーンアドバイザー認定講習・試験」の受付が今月末から始まります。試験は8月〜9月なので、今からでも十分間に合います。興味のある方はチャレンジされてはいかがですか?

「グリーンアドバイザー」になるには、協会が実施する「グリーンアドバイザー認定講習」を受講し、最終日に行われる「認定試験」に合格し、協会に登録します。
講習は2日間にわたって行われ、2日目の最後に認定試験(筆記試験)が実施されます。

      平成24年度「第21回グリーンアドバイザー認定講習・試験」の概要
・受験資格:18歳以上で以下の条件に一つでも該当する人
     @園芸関連業務に1年以上携わった実務経験のある人
     A園芸関係の学校を卒業した人、又は講習の次の年に卒業見込の人
     B園芸に関する地域活動に従事し、指導・助言のための知識向上を目指す人
・申込受付:平成24年4月25日(水)〜6月30日(土)
・試験日程:(東京)平成24年8月20日(月)・21日(火)  平成24年9月3日(月)・4日(火)
      (大阪)平成24年8月23日(木)・24日(金)
      (名古屋)平成24年8月27日(月)・28日(火)
・受験料:一般 39,000円 学生 19,500円 (テキスト及び昼食代含む)

   詳しい内容はこちらで確認ください。
     ⇒第21回 グリーンアドバイザー認定「講習・試験」

※参考データ
・グリーンアドバイザー試験の合格率は例年70%程度で、それほど難関試験ではありませんが、そうかと言って、適当に受けて通る試験でもありませんので、園芸の基礎などからまじめに勉強しておかねばなりません。
・注意点は、この試験は受験者数に枠がありますので、受験する人は受験の申請をできるだけ早く済ませておくことです。
・資格取得できれば、DIYショップやフラワーショップなどで働くには有利になりますので、そこでさらに実務の経験を重ね、将来は、園芸教室などで独立する道も考えられます。



■その他の主要資格試験 最新ニュース
教育カテゴリー1位 シリーズ累計10万ダウンロード!の学習スマホアプリ「i暗記」
平成24年度ビオトープ管理士セミナー 近畿・大阪からスタート (早期割引あり)
第19回「フードアナリスト検定試験」が5月に全国7ヵ所で実施されます。









posted by さんすけ at 10:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月05日

ビオトープ管理士

「ビオトープ」とは、「biotope」をそのまま音読みしたもので、命を表す「bio」と場所空間を表す「topos」の造語と言われていますが、“地域の野生動植物が生息・生育する空間”を意味するドイツ語です。
今後の環境共生型国土づくりにおいて、この失われた自然生態系を取り戻すために重要な役割を持つビオトープ事業を効率的に推進する担い手として期待されるのが「ビオトープ管理士」です。
分かりやすく言えば、多種多様な生物が生息できるように復元された生態系、その環境を維持するための技術、知識、管理能力を持つと認定される資格が「ビオトープ管理士」ということになります。
この資格には、「ビオトープ計画管理士」と「ビオトープ施工管理士」の2つの部門があります。さらに両部門とも、難易度に応じて1級と2級があるため、合計で4種類の試験区分があります。
受験資格は、2級は特にありませんが、1級は、4年制大学卒業後7年以上、短大卒業後9年以上等の実務経験を有することが必要です。

平成24年度「ビオトープ管理士資格試験」は、筆記試験が9/30(日)に行われることが決まっています。
申込期間は、6/1(金)〜8/10(金)です。
試験に先立ち、協会主催の「平成24年度ビオトープ管理士セミナー」の受付が始まりました。会場は東京、大阪、福岡の3ヵ所。いづれも各期限日までの受付になっています。このセミナーは「ビオトープ管理士」を目指す方はもちろん、ビオトープに関心のある方にも勉強になる内容になっています。
        ⇒ セミナーの詳細はこちらでご覧ください。
        ⇒「ビオトープ管理士資格試験」に関する詳しい内容はこちらでご覧ください。

※ビオトープ管理士資格は民間資格ですが、取得すれば、環境省入札の参加資格審査に申請するための資格に指定されており、また他の行政機関においても入札に参加するための要件になっています。
自然環境の破壊が世界的に大きい問題になる中、その重要性は年々高まっています。環境に関心が高い方にとっては非常に価値ある資格の一つであると思います。
      ビオトープ管理士の試験の難易度はこちらで参照下さい。


■その他の主要資格試験 最新ニュース
2011年度TOEIC受験者数、過去最高の227万人に
一般社団法人通販エキスパート協会は、第3回「通販エキスパート検定」を東京・大阪・熊本・高知の4会場で開催すると発表した。
Eコマース専門職のスキルを認定-ネットショップ能力認定機構
「Java SE 7」対応の新資格体系--Bronze、Silver、Goldの3つに分類
国家認定資格への第一歩、 「ねじ製造技能検定」








posted by さんすけ at 10:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

LCAエキスパート検定試験

LCAエキスパート検定試験の「LCA」は、Life Cycle Assessmentの略。Life Cycle Assessment(ライフサイクルアセスメント)とは製品やサービスに対する、環境影響評価の手法のことです。
「環境アセスメント」では、主に大規模開発等による環境への影響を予め評価することを目的としますが、「ライフサイクルアセスメント」では、主に個別の商品の製造、輸送、販売、使用、廃棄、再利用までの各段階における環境負荷を明らかにし、その改善策が検討されます。

しかし、これまではその「LCA」の専門性や技量等を計るための客観的な指標がありませんでした。このような状況下で、LCA実施者がその専門性、技量等において一定の力量を有しているかどうかを評価し、LCA実務者として認定することを目的に始まったのが、日本LCA学会と社団法人産業環境管理協会共催の「LCAエキスパート検定試験」です。

日本で唯一のLCAの検定試験で、今回が第2回目を迎えます。現在、第2回試験の申込み受付中です。まもなく締め切りになりますので、受験希望者はお急ぎください。
 
    <平成23年度LCAエキスパート検定試験実施概要>
・受験申込み受付期間:平成23年11月1日(火)〜平成23年12月19日(月)
・試験日:平成24年2月5日(日)
・合格発表:平成24年3月中旬頃
・試験地:TKP東京駅日本橋ビジネスセンター
・受験手数料:一般10,500円(消費税込) 学生 5,250円(消費税込)
・試験方式:マークシートによる選択方式

この試験に受験資格はありません。誰でも受験できます。
尚、今年2月に行われた第1回試験の結果は、受験者49名でその内合格者33名、合格率67.3%でした。


        詳しい内容はこちらで確認できます。
         ⇒LCAエキスパート検定試験webサイト




■その他の主要資格試験 最新ニュース
初の日本ワイン検定、合格率は90%超。
●公務員関係ニュース
平成23年度 「国家公務員中途採用者選考試験」の合格者発表
平成24年度 特別区(東京23区)経験者採用試験・選考制度の改正について
飲料専門家団体連合会が主催する全資格一覧。今人気は「ビアアドバイザー」
東日本大震災を機に関心が高まる「防災士」の資格






posted by さんすけ at 07:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

樹木医

家の小さな庭木の手入れをするというレベルなら、通信教育を受講してでも知識は付きますが、それが、大きな樹木の診断や治療や保護育成など、専門的なことになると「樹木医」の登場が必要になります。

「樹木医」は、天然記念物に指定されている巨樹から、公園・神社などに植えられている樹木や御神木、個人庭園の庭木まで、あらゆる木の診断と治療を行い、樹木の保護育成から保護を通じて、環境保護に関する知識の普及および指導まで行う、樹木に全般に精通する「木のお医者さん」です。

樹木医になるには、日本緑化センターが実施する樹木医研修を受講し、資格審査に合格後、樹木医として登録されることが必要です。
試験には第1次審査と第2次審査がありますが、試験を受験するには受験資格が必要です。受験資格は、
・樹木の診断、治療等に関する業務経験が7年以上の者。
・樹木医補の場合は、認定後の業務経歴が1年以上の者。
※業務経験とは樹木の保護、樹勢回復等に関する研究或いは実務に従事した期間です。

第1次審査では、筆記試験と業績検査があり、業績検査は、その経験職務が業務経験として認められるものかどうかの判断がなされます。そこで120名の研修受講者が選抜され、その後、第2次審査(研修(2週間)、面接、資格審査)に合格すれば樹木医資格が取得できます。

その他に、「樹木医補」という資格を取得する道があります。大学や短大(樹木医補養成機関として認められた学校)、などで樹木医に関する一定の単位を取得し審査に合格すると、「樹木医補」としての認定を受けることができます。この樹木医補として認定されると、1年の業務経験で樹木医試験の受験資格を取得することができます。こちらの道で進と受験までの期間はかなり早くなります。

受験対策は、基本的には独学ですが、講座も各種開講されています。今年度の試験は終わりましたが、「樹木医」の試験は、対象が天然記念物や保存樹が多いため、相応の知識が必要になり、造園管理技士や造園技能試験と違いテキストで勉強しただけでは合格できません。試験は毎年7月末に行われますので、関心のある方は今から勉強などの準備されるとちょうどピッタリです。

樹木医資格のみで生活することは、現状ではまだ少し無理がありますが、将来的に考えると、仕事はなくなることはなく、増えていく一方で、おもしろくなると思われます。現在は、大半の資格取得者が造園・農林業関係で働いています。


        詳しい内容はこちらでご覧ください。
           ⇒(財)日本緑化センター


(注)これと良く似た資格に「樹医」というのがあります。その「樹医」と「樹木医」の違いが良く問題になりますが、樹木医は、平成3年からスタートした制度で、平成8年に農林水産大臣公示に基づく認定事業となり、農林省の外郭団体の日本緑化センターが主催している資格です。公的資格から民間資格に移行した資格ということになります。
一方、「樹医」も民間資格ですが、業界でのステータスは問題なく「樹木医」にあり、難易度でも比較にならないくらい樹木医は難度の高い資格です。




■その他の主要資格試験 最新ニュース
● 公務員関係ニュース
平成23年度国家公務員採用V種試験 合格者発表(人事院)
平成23年度 特別区(東京23区)職員採用試験 合格発表
(東京23区)特別区職員技術職採用PRイベント開催
群馬県が「平成24年度採用試験説明会」を開催します(東京・群馬県庁)





posted by さんすけ at 07:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

JCTX認定CO2削減アドバイザー

日本環境取引機構(JCTX)は、企業や自治体などにおける“低炭素型”経営の実現を目指し、2008年に「JCTX認定CO2削減アドバイザー」の専門資格制度を創設、2009年1月から資格認定講習会を開講しています。
「JCTX認定CO2削減アドバイザー」は、JCTXが実施する認定講習を修了し、資格認定試験に合格し、JCTX個人エキスパート会員である方に付与される資格です。JCTXがコンサル業務を受託した企業や自治体などを訪問し、経営層に対して低炭素経営実現のための支援・助言を行うとともに、省エネとCO2排出削減の実務指導も行ないます。

認定講習会は3日間の集中講義。最終日に修了試験が実施されます。但し、この認定講習を受講するには、少なくとも次の1つ以上の専門資格を有し、かつその業務について5年以上の実務経験を有することが必要です。
◆技術系の資格
 ・エネルギー管理士
 ・一級建築士
 ・建築設備士
 ・技術士(分野不問。社団法人日本技術士会・正会員に限る)
 ・電気主任技術者
 ・環境計量士(分野不問)
◆マネジメント系の資格
 ・税理士
 ・弁理士
 ・中小企業診断士
 ・環境ISO主任審査員
 ・品質ISO主任審査員
 ・エコステージ上級評価員(有限責任中間法人エコステージ協会認定)

第4期CO2削減アドバイザー認定講習会 東京会場は終了しましたが、現在、名古屋会場の講習申込み受付中です。受講希望者はお急ぎください。

        詳しい内容はこちらで確認ください。
           ⇒日本環境取引機構



■その他の主要資格試験 最新ニュース
(社)音楽電子事業協会は、「MIDI検定」の試験内容を改訂すると発表した。
CBT方式によるITパスポート試験の受付が始まりました。
ユーキャンが「2011年上半期で最も人気が高かった講座TOP30」を発表しました。
野菜と果物で「美」をサポートする日本で初めての資格「ベジフルビューティー」




posted by さんすけ at 07:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

森林管理士

日本各地で森林が荒廃し、二酸化炭素の吸収機能が低下しています。こうした森林の機能を回復し、生産性の向上と環境の保全など、適切な森林管理が喫緊の課題となっています。こうした現状に応えるため、NPO法人日本樹木育成研究会が、森づくりのマイスターを養成する「森林管理士資格認定制度」を発足させました。
「森林管理士」は、1997年に定められた京都議定書による「森林管理」を実行するための専門的知識・技能を身に付けた森林管理の専門家です。森林の持つ二酸化炭素吸収などの公益的機能を発揮させるために必要な知識と技術を備え、行政機関や森林組合などと連携して適切な森林管理を指導しています。

森林管理士はNPO法人日本樹木育成研究会が認定する、今年で創設5年目を迎える資格です。これまでに18都道県から計137人の取得者が誕生しています。森林管理士になるためには、NPO法人日本樹木育成研究会が開講する「森林管理士養成講座」を受講し、認定試験に合格しなければなりません。

2008年までは養成講座を栃木県内で開催していましたが、全国各地から受講しやすいよう09年に会場を茨城県つくば市の筑波研修センターに変更。これにより北海道から九州まで幅広く受講者が集まるようになりました。当初は退職後のボランティアを志して受講する高齢者が目立ちましたが、最近は森林、林業関係に従事する30〜50代の会社員、公務員の受講が増えているようです。

現在、平成23年度「森林管理士養成講座」の受講申込み受付中です。

・養成講座受付期間:平成23年10月21日まで(当日消印有効)
・実技講習 下刈り、枝打ち、間伐実習など計2日間
・学科講習 平成23年11月3日(祝)・4日(金)・5日(土)  計3日間
・資格認定試験 学科講習の最終日に行われます。
・受講費用 40,000円(実技講習免除者は30,000円)


 詳しい内容はこちらで確認ください。
       ⇒NPO法人日本樹木育成研究会


■その他の主要資格試験 最新ニュース
第5回「議員力検定試験」申込み受付開始
自分磨きに役立つ講座





posted by さんすけ at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月14日

3R・低炭素社会検定

「3R・低炭素社会検定」の
「3R(すりーあーる)」とは、ごみ削減・循環型社会構築に向けた次の3つの行動指針を指します。
 ・Reduce(リデュース=廃棄物の発生抑制)
 ・Reuse(リユース=再使用)
 ・Recycle(リサイクル=再資源化)
また、「低炭素社会」とは、脱化石燃料化を進め、二酸化炭素などの温室効果ガスの排出量を低く抑える社会を指します。
共に、この地球という限られた環境のなかで人類が生存し続ける持続可能な社会の構築のために必要な考え方です。

第4回「3R・低炭素社会検定」の申込み受付が来月から始まります。試験の概要は下記の通りです。
・受験募集開始:平成23年11月1日(火)〜11月30日(水)
・試験日:平成24年1月8日(日)
・試験会場:関東・東北・中部・北陸・中国・九州各地区  全10会場
・検定料:1部門 4,200円(税込)  2部門 5,250円(税込)

詳しい内容はこちらで確認ください。
        ⇒3R・低炭素社会検定公式サイト


尚、本試験に先立ち、検定試験の出題ポイントの解説や、過去問の解説、災害廃棄物やエコライフスタイルに関する特別教材など、試験対策講習会が開催されます。

      講習会の詳しい内容はこちらで確認ください。
        ⇒3R・低炭素社会検定 試験対策講習会




■その他の主要資格試験 最新ニュース
Ustreamを利用して「無料」中小企業診断士2次試験対策超直前スキルチェック講義を包装します。
「基本情報技術者試験対策問題集 平成23年度秋期試験対策」がeラーニングで提供されます。
平成23年度の「海上保安大学校(高校卒業程度)」、「気象大学校(高校卒業程度)」の申込者数が人事院より発表されました。
マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS試験)の受験モニターに100社を募集開始。
32制度の料金「不適切」=国の資格・検定で勧告−総務省





posted by さんすけ at 11:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月07日

「カーボンマネジャー」に関する情報

今回取り上げました資格は、最近特に注目、関心を集めている「カーボンマネジャー」です。
今年の2月27日に初めてこのBlogで取り上げましたが、それからの進展もあるため、今回2回目を掲載することにしました。

「カーボンマネジャー」は、雇用創出効果が期待される省エネや温室効果ガス削減などに関わる専門資格です。二酸化炭素(CO2)を削減するために地球温暖化対策についての専門知識やノウハウを客観的に評価できる人材で、政府が2012年度から導入を目指しています。レベル1〜7までの7段階となっており、例えばレベル1は省エネ法を理解している程度で、レベル7になると海外でも活躍できる人材というように評価基準が示されています。

この「カーボンマネジャー」資格に関する具体的な能力評価基準と育成プログラムの速やかな策定と検証のため、内閣府が実践するキャリアアップ戦略「カーボンマネジャー・ワーキング・グループ」は、「カーボンマネジャー事業主体」を公募しました。
この結果、採択された本制度の実証事業主体は、大学、民間企業等7団体が決まりました。
その中で、「エコピープル支援協議会(NPO法人 生活・福祉環境づくり21)」が選ばれました。商工会議所関係としては当団体のみです。

このことで、eco検定合格者(エコピープル)のスキルアップ事業として、職場や家庭での指導者となって活躍できるチャンスが到来しました。
現在、eco検定合格者に対して、次のステップアップとしてカーボンマネジャーレベル1,レベル2の研修生を募集しています。この研修で、修了テスト合格者は、暫定的に研修修了者としてのレベル認定が行われ、来年度以降の本格実施の際には移行措置が検討されています。
※実証事業のため募集人数を限定して募集中です。

申込みを希望する方は、受講を希望するレベルの●申込み書と●知識・能力自己申告表(レベル2を申し込まれる方のみ)をメール添付、またはFAXにて送ります。
※申込み締め切り:9月15日(月)
※問合せ・申込み先:エコピープル支援協議会
mail:cm-seminar@ep-support.jp
TEL:03-3556-6405  FAX:03-5226-3322
住所:〒100-0005 千代田区丸の内3-2-2 東京商工会議所ビル3階
    NPO法人 生活・福祉環境づくり21内

      詳しい内容はこちらで確認ください。
        ⇒eco-people.jp


     
■その他の主要資格試験 最新ニュース
平成23年度「1級建築士」学科試験の合格発表がありました。※総評はこちら。
施工管理経験者のための転職個別相談会開催。
地方公務員試験の受験区分。
日本初の実用的な検定「グローバル人材育成検定」(略称・Wogl)が11月に開催されます。




posted by さんすけ at 07:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月27日

家庭の省エネエキスパート検定

エネルギー・環境問題を解決していく上で省エネルギーの推進が不可欠となっており、特に我が国においては「家庭の省エネ」の推進が喫緊の課題となっています。

経済産業省 資源エネルギー庁が所管する財団法人の省エネルギーセンター(ECCJ)は、家庭の省エネを推進するための検定制度「家庭の省エネエキスパート検定」を実施すると発表しました。この検定は、日常生活や企業などで省エネを積極的に進められる人材の発掘と育成を狙った検定制度で、合格者は「家庭の省エネエキスパート」に認定されるというものです。

   <「家庭の省エネエキスパート検定」の概要>
※申込期間 :平成23年7月19日(火)〜9月20日(火)
・但し、各会場の定員に達し次第締め切られます。
※検定日時 :平成23年12月11日(日) 12:30〜16:10
※検定料  :検定公式テキストおよび受検料合わせて10,000円(消費税込み)
※検定会場 :全国主要5会場(東京 名古屋 大阪 広島 福岡)
※受検資格 :なし。誰でも受けられます。
※試験科目:
 ・課目I エネルギーの基礎と家庭の省エネ 試験時間60分
 ・課目II 機器による省エネルギー     試験時間60分
 ・課目III 住宅の省エネルギー 試験時間60分
※申込方法 :当センターホームページにて申込ができます。

      詳しい内容はこちらで確認できます。
         ⇒(財)省エネルギーセンター


■その他の主要資格試験 最新ニュース
受験生に参考なる「【第1回】新人講師から見た診断士試験」
ビジネスアナリシスの基本資格、初のCCBA日本語試験が11月に実施されます。
IT業界に転職しやすい時期が到来か。
【とある企業の面接録】特別編「資格試験の勉強の方法その14」








posted by さんすけ at 06:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

公害防止管理者

公害防止管理者の資格を取得するには、二つの方法があります。1つは「国家試験の受験」です。毎年1回行われる国家試験を受験して資格を取得する方法で、試験の受験には、学歴、年齢、性別及び実務経験等の制限は一切ありません。平成23年度の公害防止管理者国家試験は、今年の10月2日(日)に実施されます。現在、願書受付中で今月29日にインターネット受付が締め切られます。

もう一つのこの資格を取得する方法が、「資格認定講習の受講」という方法です。
これは、「特定工場における公害防止組織の整備に関する法律施行令」に基づき一定の資格を有する方を対象に行われるものです。技術資格又は学歴及び実務経験資格を有する方が、書類審査を経て規定の講習を受講し、かつ、修了試験に合格した場合、国家試験に合格した場合と同等の資格が付与されます。

「資格認定講習」については、講習日程を掲載した「公害防止管理者等資格認定講習の案内書及び仮申込書(平成23年度用)」が10月上旬(予定)の官報公示後に公式サイトに掲載されます。例年、秋〜冬にかけて(12月〜3月頃)行われます。

この「資格認定講習」の受講資格には、技術資格と学歴及び実務経験資格のいづれかの資格が必要です。仮申込みの段階で書類審査が行われ、受講資格が認められた方のみが本申込み手続を行うことになります。
・技術資格に関してはこちらで確認できます。⇒技術資格要件
・学歴及び実務経験資格に関してはこちらで確認できます。⇒学歴及び実務経験資格要件
(注)大気関係第1種、水質関係第1種は学歴及び実務経験資格での受講申込はできません。

受講資格がある方は、国家試験本試験を受験するより、講習をまじめに受講していればはるかに容易に合格できます。講習後の試験は筆記試験ですが講習を受講していればヤマをはれます。

    <資格認定講習の概要>
※講習日数:3〜5日(講習区分により異なる)
※受講料 :14,000円〜31,000円(講習区分により異なる)
※問い合わせ先:当試験センター又は各支部(分室)

       詳しい内容はこちらで確認できます。
        ⇒(社)産業環境管理協会



■その他の主要資格試験 最新ニュース
東京大学は入試だけでなく、入学後の授業も全て英語で行う「学部英語コース特別選考」を来年度から実施すると発表した。
矢野経済研究所が調査結果を発表した。(1.お稽古・習い事市場に関する調査  2.国内企業のIT投資動向
30代前半の会社員がするべき4つのこと
介護職員のたん吸引について(改正社会福祉士及び介護福祉士法)
【とある企業の面接録】特別編「資格試験の勉強の方法その11」





posted by さんすけ at 07:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

eco検定

「eco検定(エコ検定)」は、東京商工会議所が主催して行う、環境に関する検定試験、正式名称は「環境社会検定試験」と言います。第1回試験は2006年10月に実施されました。
自然環境や、社会、経済との関係、時事問題など、幅広い分野で環境問題に関する基礎知識が出題されます。試験方式は、全て選択問題(マークシート方式)/試験時間は2時間。100点満点中70点以上で合格になります。

2011年の第10回試験が、7月24日(日)に行われる予定ですが、本試験に先立ち、「第10回eco検定対策セミナー・春の一日集中講座」が開催さkれます。
このセミナーは、”7月検定に確実に合格する学習法を指導”し、「指導にしたがって学習すれば、7月の検定ではほぼ確実に合格できます」という内容になっています。

   <「第10回eco検定対策セミナー・春の一日集中講座」の概要>
◆実施会場:仙台、東京、横浜、川崎、名古屋、大阪
◆時間  :午前10時−午後4時
◆費用  :6800円(消費税込み) 学生は5800円(同)
◆配布資料:
・公式テキスト第2版準拠の重要ポイント暗記ノート
・eco検定試験の傾向と対策
・過去問ベースの重要問題集
・環境問題の時事ニュース解説
◆申込み :申し込みフォームに必要事項を記入のして送信する。

    詳しい内容・申込み方法等はこちらで確認出来ます。
       ⇒第10回eco検定対策セミナー・春の一日集中講座


■その他の主要資格試験 最新ニュース
今週から受付が始まる資格試験。
・3月14日(月)〜4月6日(水) :電気工事士(第二種)
・3月15日(火)〜4月27日(水):個人情報保護士
・3月15日(火)〜5月1日(日) :CAD利用技術者試験
・3月15日(火)〜6月9日(木) :認定コンプライアンス・オフィサー
・3月15日(火)〜6月9日(木) :認定コンプライアンス・マネージャー
あなたにピッタリの「大学・大学院 診断テスト」。お試しください。
●最新 IT技術・業界情報サイトを紹介します。
キーマンズネット
ITpro
@IT
台湾・台中の日本語学校で有給の「日本語教師」を募集しています。
好評の「薬膳インストラクター(中級)認定試験」試験対策セミナー、4月は締切りになりました。次回は10月です。





posted by さんすけ at 10:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

森林インストラクター

「森林インストラクター」は、社団法人 全国森林レクリエーション協会が認定する、森林の案内や森林内での野外活動の指導者資格です。これは、平成17年度からは「森林インストラクター
認定事業」として環境大臣並びに農林水産大臣の登録を受けて実施されています。

試験の応募資格は、年齢が受験時に満20歳に達している者なら誰でも受験資格がありますが、森林インストラクターとなるためには、必要な知識及び技能を判定することを目的にした一次試験(記述式筆記試験 4科目)と二次試験(実技試験と面接)があります。
中でも特に、二次試験の実技試験では、あらかじめ提示される素材を使って森林インストラクターとしての模擬演技をしなければなりません。
そのため、事前に協会が実施する「森林インストラクター養成講習」が開催されており、この講習の修了者は、申請により実技試験が免除されるシステムがあります。

この、協会が実施する「森林インストラクター養成講習」及び、「森林インストラクター資格試験」の日程が発表されました。
「森林インストラクター」を目指す人は、受講されることをお薦めします。

    <森林インストラクター養成講習の日程>
・受講申込みの受付期間 :平成23年4月1日〜30日
・講習期間
 「森林」:平成23年5月14日(土)〜16日(月) 3日間
 「森林内の野外活動」及び「安全及び教育」:平成23年5月28日(土)〜30日(月) 3日間
 「林業」:平成23年6月11日(土)・12日(日) 2日間

    <森林インストラクター資格試験の日程>
・受験申込みの受付期間 :平成23年6月1日〜7月31日
・一次試験(筆記試験) :平成23年9月25日(日)
・二次試験(実技・面接):平成23年11月19日(土)又は20日(日)のいずれか

     さらに詳しい内容はこちらで確認ください。
        ⇒森林インストラクター養成講習の実施
        ⇒社団法人 全国森林レクリエーション協会公式サイト


■その他の主要資格試験 最新ニュース
通勤時間などの時間を活用して、忙しい人でも無理なくFP資格取得の勉強ができる通信講座、「FP 通勤講座」がオープンしました。(
未就職者が1,000人超=「公認会計士試験」合格者 -asahi.com-
●試験日程が発表されました。
第3回「ディスクロージャー経理実務検定」(基礎編・発展編)
2011年「ビジネス数学検定」
2011年度 第11回・第12回「メンタルヘルスマネジメント検定」公開試験
2011年度「オフィスセキュリティコーディネータ資格試験」(3級)
2011年度「セールススキル検定(3級)」
2011年度「TALK食空間コーディネーター資格試験」
P検2011(2011年4月1日より実施)
●前回試験の正解が掲載されています。
平成22年度「運行管理者」第2回試験
第118回「銀行業務検定試験」
平成22年度後期「情報システム試験」
●試験結果・合格者が発表されました。
第10回「児童図書相談士」検定試験
平成22年度下期 「公文書管理検定公開試験」(2011/1/29実施)
第2回「ディスクロージャー検定(基礎編・発展編)試験」










 
posted by さんすけ at 12:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

カーボン(炭素)マネジャー

政府は企業に二酸化炭素(CO2)などの排出削減について助言する新資格、「カーボン(炭素)マネジャー」制度を2012年度にも導入する方針を固めた。

新設する「カーボンマネジャー」制度は技術や知識に応じ7段階とされ、。夏までに各段階で求められる能力の詳細を内閣府の有識者会議で決定することになっている。また、資格審査は政府と民間企業でつくる第三者機関が行う。資格取得の義務付けはないが、ファイナンシャルプランナーや中小企業診断士のように取得すれば就職で有利になるとみられている。

案では、7段階のレベル1は自治体など地域や家庭の相談員を想定し、レベル2以上は企業の企画などでエネルギー効率化対策づくりなどを担当する人、レベル4は規制への対応や排出量取引も含めたビジネスのノウハウも求められる。レベル5以上は有料で他社や業界団体に指導できる「カーボンコンサルタント」水準となる予定。

新資格の制度発足後は製造業を中心に一定の雇用需要が発生する見通しで、。政府は、中国やインドなどガス排出削減の余地が大きい国での関連ビジネスにも新資格を持つ人材を送りこみたい考えのようだ。
                        -2011/2/26 NIKKEI-



■その他の主要資格試験 最新ニュース
今週から受付が始まる資格試験。
不動産鑑定士  3月1日(火)〜11日(金)
弁理士 3月1日(火)〜4月8日(金)
日経TEST団体特別受験
「これから人気がでそうな資格」は、福祉住環境コーディネーターケアマネージャー介護福祉士インテリアコーディネータTOEICなど、と今日の新聞に書いていました。
あなたのビジネスに役立つセミナーや研修の情報の一覧が見られます。
今週は、3月3日(木)にFP技能士(1級・2級・3級)の合格発表があります。





posted by さんすけ at 09:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

検証主任者

東京都は、大規模事業所を対象に都内のCO2排出総量の削減を実現するため、「温室効果ガス排出総量削減義務と排出量取引制度」を導入しました。
同制度の義務対象となる都内の事業所は約1,400箇所と言われていますが、温室効果ガスの算定・報告に必要な第三者審査機関による検証を行うことのできる人材は不足しています。
 
同制度による検証を行うことができるのは検証主任者ですが、この資格取得には東京都が実施する講習会を受講しなければなりません。そして講習会の最後に行われる超難関の修了試験に合格しないと修了証をもらえないことになっています。


環境の分野で仕事をすることに興味をお持ちではありませんか?

「総量削減義務と排出量取引制度」における「検証主任者」の資格を取得するための講習会が開催されます。本講座の講義をじっくり学べば、初心者ででも修了テスト合格を目指すことができます。関心をお持ちの方は、ぜひ一度チャレンジされてはいかがでしょうか。

この講座は、制度概要から東京都制度における排出量の検証手法を全般的に理解し、東京都の検証主任者等講習会に合格するための試験対策を含めた、検証主任者等育成講座です。受講後、東京都検証主任者等資格を取得し、東京都制度の登録検証機関である(株)日本スマートエナジーが定める基準を満たした方は(株)日本スマートエナジーの登録審査員として、登録することができます。

※講座日程:
・2月1日(火)・2月3日(木)・2月8日(火)・2月10日(木)・2月15日(火)・2月17日(木)・2月23日(水)・2月24日(木) 全8回(週2回×4) 時間18:30〜20:30
※場所 :東京都港区 (株)日本スマートエナジー
※受講料:税込52,500円

      詳しい内容はこちらで確認ください。
        ⇒東京都 検証主任者等育成講座


■その他の主要資格試験 最新ニュース
自宅で取得するために通信講座で学びたい資格ランキング。
TOEICで990点満点を24回も記録(現在も更新中)している菊池健彦君が初めて書いた英語勉強本
イングリッシュ・モンスターの最強英語術」(集英社)が26日に発売されます。
コミュニケーション能力のアップが就職への早道
ネイルサロン衛生管理士の受付を開始しました。
2010年度第3回「英検」一次試験解答速報がでました。







   



posted by さんすけ at 12:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

クリーンエネルギーアドバイザー

一般社団法人 クリーンエネルギー総合研究所(CE総研)が、第1回「クリーンエネルギーアドバイザー」の認定講習会と認定試験を行うことを発表した。

「クリーンエネルギーアドバイザー」とは一般消費者や企業がクリーンエネルギーを導入する際に正しい指導や助言を行うことができる専門家です。
クリーンエネルギーアドバイザーの講習を修了し、試験に合格した人には、その証明としてクリーンエネルギーアドバイザー認定証書及び認定証(携帯用)が研究所より交付されます。
ただ今、講習会の申込み受付中です。

※講習日時:平成23年1月20日(木)10:00〜17:00
※講習会場:横浜
※受講費用:24,800円(税別)
※お申込み:こちらから。
※認定講習での学習内容:認定講習及び認定試験は、認定講習テキストに沿って行われます。
<学習項目>地球温暖化について、クリーンエネルギー、21世紀は太陽エネルギーの時代
      太陽光発電システム、省エネ、コンプライアンス

「クリーンエネルギーアドバイザー」の認定を受けた人は、講演やシステム導入などの相談およびコンサルティングなどの機会が多く得られ、また、地域活動や関連業務の活動ができるとされています。

      詳しい内容はこちらで確認ください。
        ⇒クリーンエネルギー総合研究所
また、クリーンエネルギー総合研究所からも各種の情報の提供を受けることができ、アドバイザーだけがアクセスできる掲示板等を活用することもできるようになります。


■その他の主要資格試験 最新ニュース
年末年始にかけて注目を集めたキャリアニュースを2本ご紹介します。
「学歴」には安住できない。大学生の就活、ターゲット校に変化のきざし -asahi com-
「Theじょうもん検定」の第1回試験(初級)、受験生募集中2/18まで。試験は3月5日です。
平成22年度司法書士試験の最終結果発表
平成23年第1回試験の受付開始です。(HSK 漢語水平考試   MOS マイクロソフトオフィススペシャリスト






posted by さんすけ at 09:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

VOC測定士

特定非営利活動法人日本VOC測定協会は、平成23年第5回「VOC測定士」認定講習及び資格試験の実施概要を発表した。
「VOC測定士」は、NPO法人日本VOC測定協会が行うVOC育成講習を受講し、認定試験に合格し、登録すれば資格が取得できます。

※申込み締切:
・札幌 平成22年12月30日(木) 東京 平成23年1月15日(土) 名古屋 平成23年1月29日(土)
※認定講習及び資格試験:
・札幌 平成23年1月22日(土) 平成23年2月5日(土) 名古屋 平成23年2月19日(土) 
※費用
・受講料/認定講習料(テキスト代含む):10,000円(税込)
・試験料:10,000円 (税込)
※定員 :各会場 50名

講習会の講習・試験のスケジュール(予定)は、下記の通り。時間は10:00〜16:30。
(1)VOC測定士講習
・シックハウス・化学物質
(2)VOC測定士講習
・関連法規
・対策
・測定と分析
(3)VOC測定士認定試験

     講習会・試験の申込みはこちらで。
         ⇒http://www.jvma.jp/pdf/5mousikomi.pdf
     お問い合わせ先
         ⇒03-5361-8630

■資格の難易度・合格率
      不明(合格率 非公開)
■他の環境測定関係資格の掲載記事
環境測定分析士
作業環境測定士
■詳しい内容の確認
    ⇒日本VOC測定協会
    ⇒プレスリリース


■その他の主要資格試験 最新ニュース
ソフトバンクグループ通信3社は、サイバー大学の社会人学生の入社選考を優遇する「サイバー大学就職支援制度」を実施することを決定した。
社団法人全日本電気通信サービス取引協会は、第3回「テレコムアドバイザー検定」を2011年2月26日に東京と大阪で実施すると発表した。受験料は8,000円。
社団法人日本印刷技術協会が主催する、第6回「色評価士検定」及び、第35期「DTPエキスパート認証試験」の申込み受付が来年早々から始まります。受付 2011年1月6日(木)〜2月21日(月)。試験日 2011年3月13日(日)です。
公開試験の解答が掲載されました。(第41回デジタル技術検定 経営学検定試験 第16回初級・第15回中級 2010年後期CG検定
次回の試験スケジュールが掲載されました。(ヘルスケアプランナー検定 ラジオ・音響技能検定試験 (財)日本ファッション教育振興協会主催のファッション関連検定試験





posted by さんすけ at 07:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

環境プランナー

「環境プランナー」は、環境省の「環境保全活動・環境教育推進法」に基づく人材認定等の登録制度に登録されている民間資格で、事業認定は(財)地球環境財団で、評価・登録制度及び研修機関の認定は環境プランニング学会が行っている資格です。
ビジネスと環境の両立を組織のために提言・実行及び指導ができる人材の育成を目的に、平成13年に創設された制度で、資格の種類には、「環境プランナー」「環境プランナーER」「環境プランナーERO」という3つがあります。

資格取得にためには、環境プランニング学会認定の「環境プランナーコース」及び「環境プランナーERコース」を修了し、最終試験に合格することが要件になります。受講資格は社会人の場合は、高卒以上で2年以上の業務経験を有すること、また大学生の場合は、環境に関する分野の学士、修士、博士課程に在籍していることが条件になります。

ただ今、この「環境プランナー」養成講座の申込み受付中です。

※開催日時・場所
(3日間通学コース)
・2010年12月9日(木)〜11日(土) 3日間 川崎
・2011年1月13日(木)〜15日(土) 3日間 大阪
・2011年2月11日(金)〜13日(日) 3日間 川崎
 (通信教育3ヶ月+スクーリング2日間通学コース)
・2010年12月10日(金)〜11日(土) 2日間 川崎
・2010年12月18日(金)〜19日(土) 2日間 金沢
・2011年1月14日(金)〜15日(土) 2日間 大阪
・2011年2月12日(土)〜13日(日) 2日間 川崎
 この他、2日間通学コースもあります。
※定員: 24名
※受講料: 78,000円〜98,000円(税込・昼食代含む)

  詳しい内容やお申込みは下記サイトで確認ください。
       ⇒環境プランニング学会
       ⇒講座案内


■その他の主要資格試験 最新ニュース
マイクロソフトの地域活性化協働プログラムの中の1つ、「高齢者向けICT活用プログラム」が活動中。2009年には佐賀県と高知県、鳥取県、徳島県が協働推進の覚書を締結した。
「求ム、創造の天才。」アートコンペテティションが2011年1月11日から開催されます。「時の哲学」をテ-マに、写真・動画・Flashムービー・アニメ・デザイン・アプリ・彫刻など、表現は自由。あらゆるジャンルの創造の「天才」を募集します。
第25回「管理栄養士国家試験」の受験願書が12月より窓口で配布が始まります。配布場所は、各地方厚生局、都道府県庁、保健所(一部除く)、厚生労働省ホームページ。
自分磨き”に新資格が登場しました。その名は「ファームマエストロ」。ずばり、“農業そのもの”の資格です。芸能人やモデルなどが多数受講していることでも話題となっています。






posted by さんすけ at 07:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

地質情報管理士

(社)全国地質調査業協会連合会が主催する、「地質情報管理士」の受験申込受付が始まりました。

※願書受付:平成22年9月10日(金)〜10月18日(月)
※試験日 :平成22年11月26日(金)
※試験地 :全国7会場(札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、高松、福岡)
※受験料 :12,600円(消費税込)

この資格は、地質調査業者が地質情報のより高度な利用・情報化に対応できるよう平成18年度から始まった新資格。
資格取得のために求められる能力や技術は、現場で取得した様々なデータ類の電子化、データベース構築の際に必要な情報処理と情報管理能力。また、電子成果品として納品する地質情報の品質管理能力。GISツールやWeb-GISプラットフォームを活用することによって地質データの公開や2次利用を図る能力。さらに、地質データの公開を行う際に必要な留意点や
建設のライフサイクルにおける下流工程も含め、情報を再利用する観点から留意しなければならない事項についての理解。 などであり、試験もかなりの難関試験である。

また、受験資格が必要で、下記のいずれかの資格を有する者に限られます。
・地質調査技士(現場調査部門)(現場技術・管理部門)(土壌・地下水汚染部門)
・技術士 建設部門(土質及び基礎)(河川、砂防及び海岸・海洋)、応用理学部門(地質)(地球物理及び地球化学)。
・R C C M  専門技術部門(地質)(土質及び基礎)
・CALS/ECエキスパート

試験形式は筆記試験。出題形式は、四肢択一問題が40問/90分と、記述式問題が空欄穴埋め式が20問と論述式2問を90分で解答する。合格基準は各部門ごとに60%以上の正解が必要。


■資格の難易度  「A」 難関
     合格率
■教材
地質学調査の基本―地質基準
地盤調査―基本と手引き
土質試験―基本と手引き

■詳しい内容の確認
    ⇒地質情報管理士試験制度

■その他の資格試験最新ニュースr>
第190回珠算能力検定試験(2010年10月試験)申込み受付中
第25回福祉住環境コーディネーター検定試験3・2・1級の申込み受付中 
平成22年度 地理能力検定の申込受付開始
第72回中国語検定試験の申込受付を開始
posted by さんすけ at 14:55 | Comment(0) | TrackBack(1) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

計量士

昨日、平成23年第61回計量士国家試験の実施要項を経済産業省が発表した。内容は下記の通りです。

※受験願書の受付期間:平成22年10月15日(金)〜10月29日(金) 郵送受け付け
※試験日  :平成23年3月6日(日)
※受験手数料:8,500円 の収入印紙を受験願書に貼付
※試験地 :北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、沖縄県
※試験の区分:環境計量士(濃度関係)・環境計量士(騒音・振動関係)・一般計量士

試験は、環境計量士、一般計量士の区分に従い、計量管理の職務に必要な知識、技能について、経済産業大臣が筆記試験(5肢択一)によって行います。
受験資格は、いずれも学歴、年齢その他一切の制限はありません。
・この試験に関する照会先は、経済産業省 産業技術環境局 計量行政室(TEL)03-3501-1688(直)
計量士国家試験準備講習会(平成22年度)
計量士国家試験直前対策講習会(平成22年度)
速版第60回計量士国家試験全問題と解説(22年3月7日実施分)の申込み
計量士国家試験 テキスト・問題集


■資格の難易度  環境計量士「A」難関  一般計量士「B」普通
    合格率 環境計量士 15〜20% 一般計量士 20〜25%

計量士についての詳しい解説

■詳しい内容の確認
    ⇒経済産業省
posted by さんすけ at 10:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

こども環境管理士

財団法人日本生態系協会が主催する、平成22年度「こども環境管理士」資格試験の実施要項が発表されました。
この試験は、幼児教育や保育に関わるすべての方々が対象です。思いやる心をもち、物やいのち、自然を大切にする、こうした環境づくりを、幼稚園や保育所などで、正しい知識を持って意欲的に取り組むことが、社会的に高く評価されなければなりません。
こうした方々を積極的に評価し、新しい社会づくりに貢献することを目的に、こども環境管理士の資格試験および認証が行われています。2007年に第1回の試験が実施されました。


※申込期間:2010年8月1日(日)〜9月30日(木)
※試験実施日:2010年11月21日(日)
※試験会場 :東京 ・大阪 凸版印刷株式会社
※受験料  :1級 13,000円   2級 8,000円

受験級は、1級と2級にわかれ、それぞれ受験資格が異なります。
2級受験には必ずしも保育関連の職業に就いていなくてもよく、保育に関わる保護者も受験することができます。
2級は筆記試験のみ、1級はそれに加え口述試験があります。1級の受験資格は、通算で満3年以上の実務経験を有する方が対象になります。

試験は、1級、2級共筆記試験 択一式35問(環境問題15問、自然体験・生活体験を充実させる環境づくり 20問。それに、小論文1問(800字以内)。時間は合計2時間。
さらに、1級の筆記試験の合格者のみ口述試験10〜15分(試験官との質疑応答)があります。



■資格の難易度  「C」やや易
    合格率(2007年度実績)1級47% 2級70%。合わせて94名が合格。

■教材
協会刊行のテキスト

■関連資格の記事
森林インストラクター

■詳しい内容の確認
   ⇒(財)日本生態系協会


posted by さんすけ at 14:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

ビオトープ管理士

(財)日本生態系協会が、平成22年度「ビオトープ管理士」の受験申込受付を開始しました。同時に、受験対策セミナーも東京・大阪・名古屋 の3都市で開催、受付中です。
※セミナーについてはこちらで確認出来ます。

  <平成22年度ビオトープ管理士試験>
※受験申し込み受付:平成22年6月1日(火)〜8月13日(金)
※試験日:
・筆記試験(全級一斉)平成22年9月26日(日)
・口述試験(1級筆記試験合格者が対象) 平成22年12月4日(土)
※試験会場:全国15都市(東京、大阪、金沢、札幌ほか)
※受験手数料:1級 11,000円、 2級 7,000円


ビオトープとは野生の生きものが生息する空間のこと。ビオトープ管理士は、自然と共存した美しい地域の創造をめざす技術者のことを言い、自然や歴史、文化など、地域で受け継がれてきた自然や歴史・文化などの貴重な財産を活かし、人と自然が共存する持続可能な地域を創造する技術者です。

受付中の資格は4種類。「ビオトープ計画管理士」1級、2級と、「ビオトープ施工管理士」の1級と2級です。「ビオトープ計画管理士」は野生の生物などの調査技術を踏まえた広域的な地域計画のプランナー。また、「ビオトープ施工管理士」は同じ調査技術を踏まえて設計・施工にあたる事業現場担当の技術者です。
受験資格は、2級は学歴・実務経験など制限は一切なく、誰でも受験できますが、1級は実務経験が必要になります。

※今年の10月には名古屋で生物多様性条約第10回締約国会議が開催されることもあってビオトープの重要性はますます増加してくると予想されています。


■資格の難易度 1級 「A]難関   2級 「B」普通  
 合格率 合格率 1級 計画管理士 17〜18% 施工管理士 18%前後  
2級 計画管理士 35%前後  施工管理士 25〜35%

■教材:
ビオトープ管理士試験対策教材

■関連資格の掲載記事
森林インストラクター

■詳しい内容の確認
     ⇒日本生態系協会
posted by さんすけ at 10:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

植生工学士

NPO法人国際ふるさとの森づくり協会が、第2回「ふるさとの森づくり専門家研修会」の参加者を募集している。

地球温暖化への対応が人類共通の緊急課題とされていますが、その原因とされる二酸化炭素(CO2)の排出を減らす努力とともに、今、CO2を吸収する森林の役割が重要視されています。失われた自然林を再生復元しようと、長年に渡って各地で実践されてきた方法が、ふるさとの木によるふるさとの森づくりです。

科学的なシナリオに基づくふるさとの森づくり方法は国内・国外に多くの実績をしるし、高い評価を与えられるようになりましたが、ふるさとの森づくりによる自然林再生をさらに拡大展開するためには、その推進役となる専門家が必要です。その専門家を育成するための場が、この「ふるさとの森づくり専門家研修会」です。

この研修に参加すると、ふるさとの森づくりに関する専門知識が短期間で習得でき、最後に行われる試験に合格すると、ふるさとの森づくり専門家としての資格、「植生工学士」を取得できます。
昨年第1回目の研修が実施され、19名の専門家が誕生しました。従って今年研修を受け、資格を取得する方は第2期の専門家ということになります。
■研修の最後に行われる試験に合格すると取得できる専門家資格。
・日本語名:植生工学士(別名 「ふるさとの森づくりマイスター」)
・英語名:  Assistant Master of Green Engineering
資格を取得された方には後日、認定証と有資格者カードが送付されます。専門家の資格を獲得すれば、科学的で具体的な森づくりの能力を有する技術者として新しい環境事業、自然復元事業への展開が期待されます。

※研修会開催日時:平成22年6月7日(月)〜6月9日(水) 3日間
※受講内容(予定):「ふるさとの森づくりの哲学」「日本の植生」「バイオマスとCO2」など9講座と野外実習、植生工学士認定試験
※会場 :神奈川県湘南国際村センター(同県葉山町上山口)
※講師 :宮脇昭・横浜国大名誉教授、鈴木邦雄・同大学長他
※募集人員:30名
※参加費用:受講料41,000円、受験料15,000円
宿泊費(2泊、食事代込み)22,000円
※問い合わせ、申し込み:協会 TEL 03-3422-2765

posted by さんすけ at 10:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

省エネ環境診断士

一般社団法人 省エネ環境推進機構が主催する「省エネ環境診断士」という資格ができ、受付が始まっています。

エネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法)が改正され、事業者全体の1年間消費エネルギーが1500KL以上であれば、届け出なければならなくなりました。
省エネ法の改正点は、工場単位のエネルギー管理義務制度から、事業者(企業)単位のエネルギー管理義務制度へと変わったことです。

この法律の改正や導入によって、膨大な書類作成ができる人を養成するため、今回、省エネ環境推進機構が主催する「省エネ環境診断士」という資格ができました。e-learningで講座を受講し、実習を受け、試験に合格すれば認定証を取得できます。
養成講座では、書類作成に必要な専門的な一定の知識と、環境問題、地球温暖化対策、省エネルギー対策に向けた正しいエネルギー管理の知識を学習し、習得します。
講座終了後に課題レポート提出と検定試験があります。

※講座の受講資格:特になし。誰でも受講できます。
※講座の受講期間:最大6カ月間(目安1〜2カ月間)
※講座の費用:養成講座受講料 45,000円
       実務システムサポート料 4,000円/年

講座は「学習」→「実習」→「レポート」→「検定試験」の構成で進められ、検定試験も講座の中(e-ラーニング)での受験になります。


この資格は、改正省エネ法で提出が義務化された各種報告書(エネルギー使用状況届出書、中長期計画書、定期報告書)の作成など実務に則した学習内容であるため、行政書士や中小企業診断士の方はもちろんのこと、ESCO事業に携わる方、企業内の省エネルギー対策に取り組む方、これから就職、転職などを目指す方にもおすすめの資格だと思われます。
※改正省エネ法によって事実証明書類の提出を義務化される事業者が、全国で約14,000社の拡大となるため、その知識を持った人材の雇用も併せて増加することが予測されます。

■関係資格の掲載記事
エネルギー管理士
JCTX 認定CO2削減アドバイザー

■教材
改正 省エネ法関係教材


 詳しい内容については下記で確認出来ます。(申込みもできます)
     ⇒一般社団法人 省エネ環境推進機構
       
posted by さんすけ at 09:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

スカイフロントコーディネーター

NPO法人屋上開発研究会が主催する、第7回「スカイフロントコーディネーター」屋上緑化資格試験の申込み受付けが間もなく始まります。
この資格制度は、屋上緑化の設計・施工に関する専門知識を認定する制度で、合格者はこれまで全国で1025人。

※申込み受付期間:2010年6月1日(火)〜9月30日(木)
※試験日 :2010年11月3日(水・祝)
※試験会場   :東京、名古屋、大阪、福岡
※受験料 :10,500円(消費税込み)

屋上緑化は都市部を中心に普及し、最近は緑化できる建物も多岐にわたる。施工に当たっては、建築設計時の対荷重値の確認や防水処理、メンテナンス法など様々な専門知識が必要だ。屋上緑化を適切に設計・施工できる人材の育成を目指し、この資格制度が実施されている。

受験資格は、年齢が受験年度の4月1日現在で満18歳以上で、次のいずれかに該当する者なら誰でも受験が可能。
 a)建築業・造園業などに1年以上従事しているもの
 b)建築・造園などの専門教育機関で1年以上学んだもの
 c)屋上開発研究会主催の講習会を受講したもの

講習会での受講希望者は、こちらでスケジュールが確認出来ます。講習会の日数は2日間です。会場は東京、名古屋、大阪、福岡。


■資格の難易度 「C」やや易
   合格率 54%(2008年度)

■教材:
主催者の講習会使用テキスト申込み
スカイフロントコーディネーター試験対策教材

■関連資格の掲載記事
環境管理士
ファシリティーマネジャー
環境社会検定(eco検定)

■詳しい内容の確認
    ⇒ ⇒スカイフロントコーディネーター
posted by さんすけ at 10:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

省エネ環境診断士

一般社団法人 省エネ環境推進機構が主催する「省エネ環境診断士」資格認定制度が開始された。

大企業だけでなく中小企業にもCO2削減義務が課される改正省エネ法が昨年4月に施行されたのに伴い、二酸化炭素(CO2)削減を証明する書類の作成や省エネ対策の専門知識を身につけた省エネ対策の事務処理に通じた人材の育成が必要となっている。

この書類作成に必要な専門的な一定の知識と、環境問題、地球温暖化対策、省エネルギー対策に向けた正しいエネルギー管理の知識を兼ね備えた環境資格「省エネ環境診断士」の養成を目指す認定制度が始まった。
この資格取得には書類作成の実習やレポート提出の後、認定試験に合格する必要があり、学習はインターネットの通信講座(eラーニング)で行う。

資格取得までの流れは、機構の主催する「省エネ環境診断士養成講座」を受講し、知識と実務スキルを習得。受講終了後、課題レポート提出し、検定試験受験する。検定試験に合格した場合は「省エネ環境診断士」の資格認定を受けることが出来る。
受講資格はなく、誰でも受講できます。受講期間は最大6ヵ月(目安1〜2ヵ月)受講料は45,000円。
※この資格は、行政書士、中小企業診断士、社会保険労務士、税理士、ファイナンシャルプランナーの方や、企業内で総務、経理、環境事業部、経営企画室、広報、CSR、ISO、内部監査員などの方などに取得者が多く、特に学生の方には雇用の拡大が見込まれているため、就職に有利な資格だとされています。。

■講座での受講内容
1.知識  
環境問題の現状 世界と日本の地球温暖化対策への取組み エネルギー使用の合理化に関する法律 改正省エネ法における実務 省エネ対策の教育研修をする際のポイントなど
2.実務スキル
省エネ法に定められた事実証明書類を作成できるようにするため、仮想の企業情報を基に実際に書類(エネルギー使用状況届出書、定期報告書、中長期計画書)を作成・提出する。


■詳しい内容の確認
   ⇒一般社団法人 省エネ環境推進機構  TEL 03-6202-7220
posted by さんすけ at 09:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

VOC測定士

特定非営利活動法人 日本VOC測定協会が主催する、第4回「VOC測定士」の受験概要が発表され、12月1日より申込受付が始まりました。


   <第4回VOC測定士認定講習及び資格試験の日程>
※申込締切
・札幌会場:平成21年12月23日(水)必着
・東京会場:平成22年1月6日(水)必着
・名古屋会場:平成22年1月20日(水)必着
※試験日
・札幌会場:平成22年1月23日(土)10時〜
・東京会場:平成22年2月6日(土)10時〜
・名古屋会場:平成22年2月20日(土)10時〜
※試験会場:札幌、東京、名古屋
※受講料・試験代金:25,000円


「VOC測定士」は、NPO法人「日本VOC測定協会」が行うVOC育成講習を受講し、認定試験に合格し、登録した者で、その協会の定める測定方法により、住居内の試料の採取を行い、分析後、依頼者に対して報告、改善提案などを行います。

測定物質はホルムアルデヒド、アセトアルデヒド、トルエン、キシレン、エチルベンゼン、スチレン、パラジクロロベンゼン、テトラデカンの有害物質8種類。

講習会受講後に行われる試験で合格すれば資格が取得できます。
講習会の講習・試験のスケジュールは、
(1)VOC測定士講習
・シックハウス・化学物質
(2)VOC測定士講習
・関連法規
・対策
・測定と分析
(3)VOC測定士認定試験


■資格の難易度 不明
    合格率 非公開

■教材
VOC測定士対策教材
■他の環境測定関係の掲載記事
環境測定分析士
作業環境測定士

■詳しい内容の確認
    ⇒日本VOC測定協会
posted by さんすけ at 16:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

環境カオリスタ検定

(社)日本アロマ環境協会が主催する「環境カオリスタ検定」2009年試験の申込み受付中です。


※申込締切日:2009年12月31日(木)
※試験日  :在宅受験
※受験料  :1050円
※受検場所 :自宅


「環境カオリスタ」とは、この検定制度のために創られた言葉で、「植物やその香りに親しみ、自然と環境を大切にする人」という意味で、一人ひとりが地球環境を守ることの大切さを知って欲しいという意味が込められています。
「環境カオリスタ検定」は、植物やその香りに親しみ、自然と環境を大切にする「環境カオリスタ」と呼ばれる人材を社会に多く輩出することによって、地球環境の保全に寄与することを目的としています。

この検定試験は、環境省の協力により、2009年度から始まった新しい試験です。受験資格はなく、誰でも受験できます。
受験方法は、多くの人が気軽に、自分のペースで受験できるように、あらかじめテキストに付属された試験問題を自宅で解き、解答用紙を郵送することで受験ができる在宅受験方式を採用しています。

試験方式は、公式テキスト付属の試験問題と解答用紙(マークシート)を使用する在宅受験方式で、問題は50問。出題は環境カオリスタ検定公式テキストの中から出題されます。合格基準は。正答率80%(50問中40問以上の正答)

受験の手順としては、まず地球温暖化防止運動「私のチャレンジ宣言」に参加し、削減s数を解答用紙に記入。次に、公式テキスト付属の試験問題を解き、解答用紙(マークシート)に記入。受験料を振り込んだ後、提出書類を協会へ郵送。


■資格の難易度  「D」易しい
    合格率  高い(非公開)

■教材
環境カオリスタ検定公式テキスト

■他の環境関連資格の掲載記事
森林インストラクター
環境管理士
森林セラピスト検定試験

■詳しい内容の確認
     ⇒(社)日本アロマ環境協会
posted by さんすけ at 12:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

計量士

独立行政法人産業技術総合研究所の計量研修センターが行う国家資格、平成22年実施の第60回「計量士国家試験」の試験要項が経済産業省から発表されています。受付開始は来月中旬からになります。


※受験願書受付期間 :平成21年10月15日(木)〜10月30日(金)郵送
※試験日      :平成22年3月7日(日)
※試験地      :北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、沖縄県
※受験手数料    :8,500円の収入印紙を受験願書に貼付する。


「計量士」は計量法第122条により経済産業大臣の登録による国家資格。主な職務は、計量器の整備、計量の正確の保持、計量方法の改善、その他適正な計量の実施を確保するために必要な措置を講ずることで、取引や証明などにおいて適正な計量を確保するための重要な資格である。

試験は、環境計量士(濃度関係)、環境計量士(騒音・振動関係)、一般計量士の3区分からなっている。
「計量士」になるためには2つの方法があり、1つは、計量士国家試験に合格し、それぞれの定められた実務の経験などの要件を満たし、計量士登録をする方法と、経済産業省計量教習所の課程(一般計量教習3カ月)を修了し、計量士資格認定を受け、定められた実務の経験などの要件を満たし、計量士登録をする方法である。

試験は学歴、年齢その他一切の制限はなく、誰でも受験できます。試験科目は、共通科目(計量関係法規と計量管理概論)2科目と、他に資格区分別に、計量に関する基礎知識と各々計量問題が出題される。
1科目の試験時間は70分、出題は1科目25問。出題形式は五肢択一方式である 。

尚、計量研修センターの計量教習受講希望者には入所試験が行われる(年2回)。受験資格は高等学校を卒業した者、大学受験検定合格者。試験科目は一般常識、数学および物理学。試験は2日間で第1日目は学科試験、第2日目は身体検査。試験場所は(独)産業技術総合研究所つくばセンターになる。

■資格の難易度
一般計量士 「B」普通  環境計量士(濃度/騒音・振動) 「A」難関
  合格率 一般計量士 25%前後  環境計量士(濃度関係)15%前後
      環境計量士(騒音・振動関係)20%前後
 
■教材:
一般計量士試験対策教材
環境計量士(濃度関係)試験対策教材
環境計量士(騒音・振動関係)試験対策教材

■他の計量士関連掲載記事
環境計量士
環境測定分析士
JCTX認定CO2削減アドバイザー

■詳しい内容の確認
   ⇒経済産業省
posted by さんすけ at 11:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

JCTX認定CO2削減アドバイザー

(株)日本環境取引機構(英文略称JCTX)は、企業や自治体などにおける低炭素型経営の実践に貢献できる専門家「JCTX認定CO2削減アドバイザー」資格を創設し、2009年1月から第1期の資格認定講習会を開講していましたが、このたび、第2期受講者の募集を開始しました。

「JCTX認定CO2削減アドバイザー」は、JCTXがコンサル業務を受託した企業や自治体などを訪問し、経営層に対して低炭素経営実現のための支援及び助言を行うとともに、省エネとCO2排出削減の実務指導を行なうことが業務です。

講習会の受講条件は、JCTXの個人又は法人会員であること。また、受講資格は、次の資格のうち、1つ以上の専門資格を有し、かつその業務について5年以上の実務経験を有すること。
・対象資格:エネルギー管理士、一級建築士、建築設備士、技術士(分野不問)、電気主任技術者、環境計量士(分野不問)、税理士、弁理士、中小企業診断士、環境ISO主任審査員、品質ISO主任審査員、エコステージ上級評価員

  <認定講習>
※申し込み期限: 2009年7月9日(木)〜8月31日(月)
※講習日時  :9月9日(水)、9月10日(木)、9月11日(金)(3日間)
※講習会場  :東京
※受講料   :3日間講習 計189,000円(税込)

■詳しい内容の確認
    ⇒日本環境取引機構
posted by さんすけ at 15:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

公害防止管理者

(社)産業環境管理協会主催の平成21年度「公害防止管理者」国家試験の願書配布受付が本日から始まりました。


※願書配布受付期間:平成21年7月1日(水)〜7月31日(金)
(注)受付はインターネット
※試験日 :    平成21年10月4日(日)
※試験地 :札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、大阪府、広島市、高松市、福岡市、那覇市の9都府市
※受験料 :6800円/6400円(非課税)
(注)試験区分により受験料は異なる


工場から出るばい煙や汚水等排水、一般・特定粉じん、騒音・振動、ダイオキシン類など環境汚染の改善を目的に設けられた、公害防止のための国家資格。特定の工場においては、公害防止管理者を選任することが法律で義務付けられており、資格には大気(1種〜4種)、特定粉じん、一般粉じん、水質(1種〜4種)、騒音・振動、ダイオキシン類、主任管理者の13区分あり、資格は区分ごとに、試験により認定される。

試験は、産業環境管理協会が実施する国家試験で年に1回、10月第一日曜日に一括して全て行われる。2006年から一度にすべての課目に合格出来なくても、受験年を含め、3年以内に必要とする課目に合格すれば資格が与えられるようになった。

受験資格はなく誰でも知識さえあれば受験することができますが、試験内容にはレベルが決められています。
難易度が高いのは公害防止主任管理者と、ダイオキシン類関係、大気関係第1種と水質関係第1種、水質関係第3種です。

試験方式は、科目ごとに多肢選択方式による五者択一式の筆記試験で、答案用紙はマークシート方式。試験時間は試験の科目によって異なります。


■難易度:「B」普通
   合格率 毎年20%前後で推移

■教材:
協会案内の受験講習会
協会案内の書籍
公害防止管理者国家試験対策教材

■他の公害防止管理者関係の掲載記事
環境測定分析士
2008年度公害防止管理者試験
第二種作業環境測定士試験

■詳しい内容の確認
     ⇒公害防止管理者試験公式サイト
posted by さんすけ at 11:09 | Comment(0) | TrackBack(1) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

土壌環境監理士

(社)土壌環境センター主催の第9回「土壌環境監理士」資格認定試験の受験申込み受付中です。受験申込書及び受験の手引きもただ今、配布中です。


※受験申込受付期間:平成21年6月1日(月)〜7月31日(金)
※試験日:
・筆記試験: 平成21年9月12日(土)
・面接試験: 平成21年10月31日(土)筆記試験合格者のみ
※試験場所:
・筆記試験:東京 
・面接試験:筆記試験の合格通知時に通知
※受験料:¥18,000(税込み)


この資格認定制度は、土壌・地下水汚染に係る調査、対策等に関する正しい知識・判断力を備え、土壌地下水環境保全分野で社会に信頼されうる人材を認定するもので、土壌汚染対策の上級者向けの資格です。
「土壌環境監理士」の名称の使用は、資格試験に合格し、且つ、登録して認定証交付を受けた者に限られます。また、認定の有効期間は合格時から3年間で、更新しない場合は失効します。

受験資格は、土壌・地下水汚染関連業務の実務経験が学歴に関わらず3年以上が必要である

資格取得者は調査コンサルティング会社や建設関係、プラントメーカー、分析業等に従事する人が多い。民間資格だが、土壌汚染対策に関する公共入札で、土壌環境監理士の所属を条件に挙げた例もあり信頼性は高い。

(注)
ATC水土壌汚染関係資格受験サークル」では、会員をはじめ参加希望者の資質やスキルアップのため、水・土壌汚染関係試験の受験希望者を対象に受験対策勉強会を開催しています。但し、このサークルの活動は(社)土壌環境センターと関係はありません。



■難易度: 「A」難関
   合格率 15%前後

■教材:
土壌環境監理士関係教材

■他の土壌環境監理士関係の掲載記事
資格試験関連ニュース
地質調査技士
環境測定分析士

■詳しい内容の確認
    ⇒社団法人 土壌環境センター
posted by さんすけ at 10:19 | Comment(1) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

環境測定分析士

(社) 日本環境測定分析協会が主催する「環境測定分析士」資格認定試験の受験申込み受付中です。受付けは今月末までです。
尚、今回は環境測定分析士2級の試験のみです。


 <環境測定分析士 2級>
※受験申込期間:平成21年6月1日(月)〜6月30日(火)
※試験日:
・筆記試験 平成21年10月18日(日)
・実技試験 内容及び分析結果を平成21年11月12日(木)までに報告
・面接試験 平成22年1月10日(日) 
※試験会場:
・筆記試験 札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡
・実技試験 各事業所(各試験所)
・面接試験 仙台、東京、名古屋、大阪、福岡
※受験料: 17,000円


「環境測定分析士」は、土壌汚染や振動、騒音など環境汚染に関する分析および測定業務を遂行するために必要な知識と技能を有している人に与える資格で、平成18年度に始まった新しい資格。もともと分析協会の環境測定分析の信頼性確保の一環として始まった自主的な制度だったが、社会的な重要性から、現在は会員以外の方も受験できるようになっている。環境測定分析士以外に、環境騒音・振動測定士初級、上級がある。

試験は1級から3級まで。各級ともに、年齢と実務経験で受験資格があり、2級の場合、満20歳以上で、環境測定分析業務の実務経験が3年以上並びに環境測定分析士3級試験に合格し、認定を受けている者、などがある。また、試験には分野があり、2級試験の分野は第1分野(一般項目)、第2分野(金属類)、第3分野(有機物類)、第4分野(超微量有機物類)の4分野がある。さらに1回の受験では1分野しか受験できない。
(注)技術士、環境計量士、作業環境測定士などの資格所有者は受験資格免除等の措置がある。

試験の科目は、筆記試験が共通問題と分野別問題。試験形式は択一問題と記述問題で2時間。実技試験は筆記試験の終了後に、実技試験試料を受領し、持ち帰って自らが分析、分析結果を報告書」に書き、期限までに事務局に提出する。面接試験は、面接官は2名1組、面接時間は、原則として10〜20分間/人、最大20分間以内で行われる。


■難易度:実績少なく不明。 
      合格率 不明
(注)「環境計量士の難易度が高いために(社)日本環境測定分析協会が無資格者との間を埋めるために作った資格」とも言われていることから考えると、難易度は「B」普通の上位あたりと考えられる。
     
■教材:
協会案内の書籍
環境測定分析士対策教材

■その他の環境測定分析士関係の掲載記事
第二種作業環境測定士試験
公害防止管理者
住環境測定士
作業環境測定士

■詳しい内容の確認
     ⇒(社) 日本環境測定分析協会
posted by さんすけ at 10:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

スカイフロントコーディネーター

NPO屋上開発研究会主催の2009年度第6回「スカイフロントコーディネーター(屋上緑化)」資格試験の受験申込み受付けが来月から始まります。

※願書受付期間:2009年6月1日(月)〜9月30日水)
※試験日   :2009年11月3日(火・祝)
※受験料   :10,500円(税込み)
※試験会場  :東京 名古屋 大阪 福岡


「スカイフロントコーディネーター」は屋上緑化だけでなく、住宅や小規模ビルの屋上空間の有効利用の推進に必要な幅広く正しい知識と技能を有している者に与えられる称号。
スカイフロントコーディネーター認定試験に合格すると屋上開発研究会の「スカイフロントコーディネーター」として登録され、屋上緑化の設計、工事管理での助言ができます。

受験資格は、年齢が受験年度の4月1日現在で満18歳以上であれば性別・国籍・学歴は不問ですが、建築業、造園業などでの実務経験、または屋上開発研究会主催の講習会の受講が必要です。

受験科目は屋上緑化の概要、施工、法規制、樹木特性等。試験方法はマークシート四者択一・穴埋め式 72問/90分 。合格正答率7割以上。

(注)講習会の予約申し込み期間は2009年6月1日(火)から各会場開催日の1週間前まで行われます。講習会は2日間。参加費用22,050円(税込)



■難易度:「C」やや易
   合格率 例年50〜60%

■教材:
主催者の講習会使用テキスト申込み
スカイフロントコーディネーター試験対策教材

■他の環境関係資格試験関連記事
環境管理士
ファシリティーマネジャー
環境社会検定(eco検定)

■詳しい内容の確認
   ⇒スカイフロントコーディネーター
posted by さんすけ at 10:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

環境管理士

日本環境管理検定委員会主催の平成21年度上期「環境管理士」検定試験の申込受付期限は今月末までになります。受験予定者は資料請求をお急ぎください。


※申込受付期限:平成21年5月30日(土)当日消印有効
※試験日:   平成21年6月14日(日)
※検定料:
(一般)1級15,000円 2級9,000円 3級6,000円 4級4,000円
(学生)1級15,000円 2級4,500円 3級3,000円 4級2,000円
※試験会場:東京、名古屋、大阪、福岡
※試験級:1級、2級、3級、4級
(注)東京会場では4級の試験は実施されません。

「環境管理士」は、必要な環境を守り、環境改善のための提案・指導を行う専門家。目的は地域住民の生命と財産を守ること、また企業による公害を防止すること、この2つを全般的な見地から環境管理を行い、クリーン社会の建設に寄与することである。

「環境管理士」資格の取得方法としては、通信講座、検定試験、通学教育の3つの方法があります。個人の場合は、通信講座および検定試験により資格取得ができます。(通学講座は、学校・企業等の団体の場合のみ開講)
資格の種類は、環境知識の初歩(6級)から高度な専門的知識(1級)までの力量レベルに応じた資格がありますが、「環境管理士免許証」の資格は4級以上の通信講座修了者または検定試験合格者に限ります。

受験資格は18歳以上の者。試験方式は4級マークシート25問/50分、3級記述式及びマークシート各15問/60分、2級記述式30問/90分、1級記述式30問及び小論文2問/120分


■難易度: 3級・4級「D」易しい
      合格率 非公開だが80〜90%程度と予想

■教材:
協会主催の通信講座
環境管理士対策教材
(注)問題集は公式サイトのページで購入できる。
■詳しい内容の確認
    ⇒日本環境管理協会
posted by さんすけ at 09:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

環境社会検定(eco検定)

東京商工会議所主催の2009年第6回環境社会検定(eco検定)の受験申込受付は来月から始まります。

  <個人試験>
※申込登録期間:5月12日(火)〜6月12日(金)
※試験日 : 7月26日(日)
※受験会場:全国の商工会議所指定会場
※受験料 : 5,250円(消費税含)

環境に対する幅広い知識をもち、社会の中で率先して環境問題に取り組む“人づくり”、そして環境と経済を両立させた「持続可能な社会」を目指すのが「環境社会検定試験R(eco検定)」。
2006年10月に第1回が実施された新しい試験で、通称eco検定(エコ検定)と呼ばれている。
受験資格に制限はなく、誰でも受験できる。試験では、自然環境、社会・経済との関係、時事問題など、幅広い分野の環境問題に関する基礎知識が問われる。試験時間は2時間。全て選択問題(マークシート方式)で、100点満点中70点以上で合格。級の設定はない。

※「eco検定」の受験者・合格者を"エコピープル"と呼び、エコピープル同士の情報交換、活動発信などを目的としたサイトも作られている。


■難易度:「C」やや易
   2008年度合格率 平均 70.5%

■教材:
協会案内書籍
協会主催の通信講座
eco検定試験対策教材/公式テキスト



    詳しい内容はこちらをご覧ください。
     ⇒eco検定試験公式サイト
posted by さんすけ at 09:16 | Comment(0) | TrackBack(2) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

ビオトープ管理士

平成21年度の「ビオトープ管理士」の試験日は、平成21年9月27日(日)で、申し込み受け付けは6月から始まることが決まっているが、詳細はまだ決まっておらず、4月中旬ころに発表される予定である。

この試験に先立ち、「平成21年度ビオトープ管理士セミナー」の開催が決まった。

<平成21年度ビオトープ管理士セミナー開催予定>
※開催日時と開催会場
・東京:6/6(土)〜7(日)   申込締切 5/29(金)
・大阪:6/20(土)〜21(日)  申込締切 6/12(金)
・福岡:7/18(土)〜19(日)  申込締切 7/10(金)
※定員
・東京・大阪: 各200名
・福岡   :  100名
   申込み先の着順で仮登録受付
※受講料
・25,000円 (学生20,000円)
   講義テキスト代含む
※申し込み
こちらのサイトから
※注意事項
・いずれの会場も、講義は2日間連続で全試験科目。
・受講者限定の資料(講義テキスト集、過去問題集、環境関連法資料)を配布。
・当セミナーは(社)建設コンサルタンツ協会の認定CPDプログラム。

      詳しい内容はこちらをご覧ください。
       ⇒(財)日本生態系協会
posted by さんすけ at 10:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

臭気判定士試験

「平成20年度臭気判定士試験」の結果が環境省水・大気環境局より発表された。

■平成20年度臭気判定士試験結果
受験申請者数684名 受験者607名に対し、合格者224名 合格率37%であった。(平成19年度の合格率は47%)
合格者の年齢別では、最年長者59歳、最年少者21歳であった。
この結果、平成20年12月現在の臭気判定士免状所有者数は2,973名になった。


     詳しい内容はこちらでご覧ください。
     ⇒環境省 報道発表資料
posted by さんすけ at 09:51 | Comment(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

住環境測定士

NPO法人 住環境測定協会主催の平成21年度「住環境測定士試験」の申し込み受付が始まっています。

※願書受付締め切り:平成21年3月10日(火)
※公開試験日   :平成21年4月5日(日)
※受験料:補・2級 15,000円  1級 20,000円 テキスト代含む
※受験会場: 全国18都道府県

「住環境測定士試験」は、住環境に関する基本的な分野(空気温熱環境・電磁波・水・騒音・微生物)の知識を習得し、ホルムアルデヒドの放散濃度測定や基本的な住環境の改善・予防および、シックハウスに関する基本的な分野(微生物汚染を含む)・化学物質濃度・アスベスト・電磁波・空気イオン数・水・騒音等に関する測定と改善・予防に関するコンサルタントを育成するための試験です。

試験の受験級は3種類で、「住環境測定士補」「2級住環境測定士」「1級住環境測定士」。ただ、2008年度より2級を受験希望者は、士補の資格と1年以上の実務経験、1級の受験希望者は2級の資格が必要となりました。それ以外に受験資格は必要なく、誰でも受験は可能です。
試験科目(士補)は、住環境に関する科学的基礎知識、住環境の測定、シックハウス改善・予防に関する専門知識。

士補・2級ともに、試験の難易度が上がっている。それに伴い、特に2級の合格率が下がっている。


■難易度:  2級 「C」やや易
   合格率(2007年) 士補 30%  2級 25%

■教材:
住環境測定士対策教材



     詳しい内容はこちらをご覧ください。
      ⇒住環境測定士協会


posted by さんすけ at 10:08 | Comment(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

環境社会検定(eco検定)

2006年度から始まった新しい検定試験、東京商工会議所主催の第5回「環境社会検定(eco検定)」の受験申し込み受付中です。

※申込登録期間(個人):10月7日(火)〜11月7日(金)
※本試験日:12月21日(日)
※全国の商工会議所(指定できます)

環境に対する幅広い知識をもち、社会の中で率先して環境問題に取り組む「人づくり」、 そして環境と経済を両立させた「持続可能な社会」を目指すのが「環境社会検定試験 (eco検定)」の考え方です。

受験資格 は、学歴・年齢・性別・国籍による制限はありません。
試験問題の出題は、マークシート方式による選択問題。制限時間2時間。合格基準は100点満点とし、70点以上が合格。
過去の出題傾向は、京都議定書に関する知識を問うものから、食に関する問題まで、幅広い内容となっている。


■難易度: 「C」やや易
  合格率 2007年度 70.3% 2008年度第4回 79.7%

■教材:
東京商工会議所通信講座
改訂版 環境社会検定試験eco検定公式テキスト


     詳しい内容はこちらをご覧ください。
      ⇒環境社会検定試験


posted by さんすけ at 06:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

計量士

平成21年実施の「第59回計量士国家試験」の受験概要が発表されています。申し込み受付は来月から始まります。
※受験願書受付期間:平成20年10月15日(水)〜10月31日(金)まで
(注)願書の受付は郵送です。
※試験日:平成21年3月1日(日)
※試験区分:
   ・環境計量士(濃度関係)
   ・環境計量士(騒音・振動関係)
   ・一般計量士

計量士(国家資格)になるためには、 @国家試験に合格する方法 A通産省計量教習所に入所し所定の過程を修了する方法の2つがあるが、国家試験の受験資格については、学歴、年齢その他一切の制限がない。
試験は、計量関係法規と計量管理概論の二科目は、試験区分に関係なく共通科目となっている。
試験形式は共に、筆記試験(五肢択一)。 合格ラインは、専門科目が50〜60%程度、共通科目60%程度である。

■難易度:一般計量士 「B」普通  環境計量士 「A」難解
  合格率
一般計量士 25%前後 環境計量士(濃度関係)10〜15%前後
  環境計量士(騒音・振動関係)15〜20%前後

■教材:
準備講習会
直前講習会
計量士国家試験対策教材


       詳しい内容はこちらでご覧ください。
        ⇒経済産業省

posted by さんすけ at 09:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

こども環境管理士

「平成20年度 こども環境管理士 資格試験」(Kid’ Environmental Facilitator)の受験申し込み受付が9月1日からはじまります。

自然に対する思いやり、そして人やものを大切にする心がとても重要になるのがこれからの時代です。このような心は、乳幼児期からのさまざまな遊びや体験を通して育まれます。
そのためには、幼児教育や保育に関わる方々が環境問題に対する正しい知識を身に付けていることが必要です。この資格試験は、子どもと自然をつなぐ保育者等を積極的に評価し、これからの時代に大切な自然と人にやさしい力を育てる幼児教育・保育を奨励することを目的としたものです。

申し込み受付期間は、平成20年9月1日(月)から平成20年10月17日(金) まで。本試験は平成20年11月24日(月/祝)に行われます。
資格は2段階で2級は幼稚園教員、または保育士の資格を持っている人を対象に、自然の中での遊び方や保護者に自然体験の意義を説明する知識が求められます。
1級は30歳代以上の主任クラスを想定。3年の実務経験が必要で、環境教育を充実するため園舎の改善や地域ぐるみの取り組みといった立案能力も評価の対象となります。
試験は2級は筆記試験、1級は面接もあります。

■難易度:
   合格率 2級 50%程度

■教材:
こども環境管理士教材


    詳しい内容はこちらでご覧ください。 
     ⇒(財)日本生態系協会



posted by さんすけ at 07:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

環境管理士

「環境管理士検定試験」の11月実施が決定しました。
大阪、札幌会場は11月9日(日)、東京、名古屋会場は11月16日(日)に実施されます。受験申し込み受付期限は平成20年10月31日(金)までになります。

「環境管理士」とは、NPO法人日本環境管理協会が実施する検定試験で、環境知識の初歩(6級)から高度な専門的知識(1級)までのレベルに応じた資格があります。
試験は、筆記試験及び面接試験(1級のみ)で行われ、環境知識の範囲は1)環境の歴史、2)環境関連法規、3)環境と化学物質ほか、15分野にわたります。
「環境管理士」資格の取得方法として、個人の場合は通信講座、検定試験、団体の場合は通信講座、検定試験、通学講座の方法があります。

試験の出題方式は、4級マークシート式25問、3級記述式及びマークシート式15問、2級記述式30問、1級記述式30問及び小論文(2問)
合格基準は2,3,4級が60点以上、1級が70点以上。受験資格は18才以上なら誰でも受験できます。

■難易度: 3級、4級「D」易しい
    合格率80%以上

■教材:
協会主催の通信講座
環境管理士試験教材


    詳しい内容はこちらでご覧ください。
     ⇒日本環境管理協会 
posted by さんすけ at 08:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境関係資格試験ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。